国内外におけるCFRPリサイクル【提携セミナー】

CFRPリサイクル

国内外におけるCFRPリサイクル【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師 未定
開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

今知っておくべき炭素繊維・CFRPのリサイクルについて最新の情報をお伝えします!
中国の今後と開発への勢い、またリサイクル炭素繊維のサンプルもお持ち致します。

 

国内外におけるCFRPリサイクル
最新の技術動向とその活用》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

炭素繊維のリサイクルに数式は不要である。技術的には大きな壁はない。総合システムの問題である。いかに「効率的に、安価に製造するか」、実はビジネスの世界でもある。事業としてCFリサイクルを見る、あるいはCF-PMCを回収することも重要な課題であり、5年以内に世界からCFおよびCF-PMC廃材を「かき集める」時代が来る。そのようなことを考えると、商社マンですらこの問題を理解、将来を展望する必要性は高い。現在、RCF(リサイクル炭素繊維)の原料の安定供給が保証されない状況では、RCF事業の立ち上げ、初期の段階での出口(需要)確保が課題となっている。この辺りの議論は重要で、まさにRCFを事業として考えようとしている部署の技術者には、本講座は必須と言える。

 

 本セミナーに参加して修得できること
1.炭素繊維強化高分子系複合材料(CFRP/CFRTP)の活用と、それに伴う廃材、その他の廃棄炭素繊維
2.廃棄CF-PMCからどのようにしてCFを回収するか
3.これまで、大規模に実施されたCF回収の実証実験について
4.リサイクルカーボン繊維の活用と問題点
5.中国の今後と開発への勢い
6.リサイクルカーボン繊維の活用
7.RCF(リサイクル炭素繊維)活用例

 

担当講師

未定

 

セミナープログラム(予定)

1.炭素繊維とは
1) 製造法と必要エネルギー
2) 世界の炭素繊維製造と今後の動向
3) 炭素繊維の活用→炭素繊維強化高分子系複合材料(CFRPおよびCFRTP)
・意外な活用
・リサイクルなくしてCFはLCA的には×

 

2.種々のリサイクル炭素繊維(RCF)
1) 繊維端材
2) B格品?
3) 世界の炭素繊維端材

 

3.廃棄CFRPから炭素繊維を回収する
1) これまでの技術開発
2) いろいろな炭素繊維回収法
3) 一押しの炭素繊維回収法
4) 熱可塑性樹脂を使ったCFRTPからも炭素繊維を回収すべし!

 

4.リサイクル炭素繊維、どのように活用する?
1) 回収された炭素繊維の形態
・長~い炭素繊維は回収できない
2) 炭素繊維の性能毎、弁別回収できるか?
・炭素繊維、こんなに沢山種類があった!
3) リサイクル炭素繊維の性能?とそれを論じる必要性?
4) 階層的活用
・ちょい長いRCF、短いRCF、もっと短いRCF、粉みたいなRCF、そして粉
・炭素繊維リサイクル現場でも廃材がでる!

 

5.わが国では廃棄CFRPは取り合いに!
1) CF廃材は市中に出回らず
2) 廃棄CFRPの出どころ
3) 世界から集める?
4) 回収システムを構築する

 

6.炭素繊維フィーバー
・ここでも、あそこでも炭素繊維(各地の取り組み)
・リサイクル炭素繊維は置き去り?

 

7.リサイクル炭素繊維、未来を占う
1) 世界的規模での回収、活用システムの構築
2) ビジネスチャンス?
3) 規格:ISO化一番乗りのイニシアチブ、「今でしょう」
4) 中国、恐れるに足る! CFリサイクル、絶対日本は負ける!

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

配布資料

未定

 

備考

  • 録音・撮影行為は固くお断り致します。
  • 講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
  • 講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  • 場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
    *PC実習講座を除きます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売