架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクル技術の現状と動向【提携セミナー】

リサイクルプラスチック機械特性改善

架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクル技術の現状と動向【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/8/27(火)13:00~16:00 , 【アーカイブ配信受講】8/28(水)~9/4(水)
担当講師

塩野 武男 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

★架橋ポリオレフィンとSDGs活動や脱炭素社会構築活動をいかに結びつけられるか、

具体的な例を多々紹介するので自社製品への適用のヒントが得られます!

 

架橋ポリオレフィンの

マテリアルリサイクル技術の現状と動向

 

《国内外における処分の現状と今後の展開》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

架橋ポリオレフィンは産業廃棄物(埋立)や燃料として現状処分されていますが、昨今国連指導によるSDGs活動が盛んになってきている状況からこのような処分を見直す企業が増えています。国連の趣旨に沿うと架橋ポリオレフィンを資源循環や脱炭素社会構築の観点からマテリアルリサイクル技術開発と事業化が求められています。技術開発の経過は特許公報をベースに紹介しますが実用化は出来ていませんでした。本講演では弊社における架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクルの技術開発から実用化までの経緯を紹介すると共に、架橋ポリオレフィン製品を製造している企業様のSDGsのお手伝いをしている例のいくつかを取り上げ紹介します。国内はもとより海外の例も紹介します。

 

◆習得できる知識

  • 架橋ポリオレフィンのマテリアルリサイクルの実用化のヒントが得られる
  • 架橋ポリオレフィンの資源循環を目的とした他技術との比較ができる
  • 架橋ポリオレフィンとSDGs活動や脱炭素社会構築活動をいかに結びつけられるか、具体的な例を多々紹介するので自社製品への適用のヒントが得られる。

 

◆受講対象

  • 研究開発や製造業務にたずさわって5年以上の中堅の方。特に架橋ポリオレフィンの製品製造会社の中堅技術者や技術出身の経営層の方。

 

◆必要な前提知識

  • 特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

 

◆キーワード

架橋ポリオレフィン、マテリアルリサイクル、資源循環、SDGs、講演、セミナー

 

担当講師

(株)オオハシ 代表取締役 博士(工学) 塩野 武男 氏

 

≪ご専門≫ 高分子化学

 

セミナープログラム(予定)

1. 架橋ポリオレフィンとは
1-1 架橋とは
1-2 架橋ポリオレフィンについて

 

2. 架橋ポリオレフィン製品の利点と欠点
2-1 各種ポリオレフィン製品の紹介と利用状況
2-2 再利用の現状

 

3. 架橋ポリオレフィン製品の処分の現状
3-1 産業廃棄物としての処分
3-2 サーマルリサイクルとしての処分
3-3 その他

 

4. 架橋ポリオレフィン再利用の特許から見た開発の歴史
4-1 マテリアルリサイクルの観点からの技術開発の歴史
4-2 実用化を拒む要因

 

5. 架橋ポリオレフィン可塑化の弊社の取り組み
5-1 開発の動機
5-2 開発の取り組みと費用
経済産業省の補助金利用

 

6. 架橋ポリオレフィンの可塑化の現状
6-1 技術開発について
XPRシステム(Cross(X)-linked Polyolefin Recycled System)の説明
6-2 XPRシステムの事業化
6-3 各社のSDGsお手伝いの現状

 

7. 海外での架橋ポリオレフィン処分の現状
7-1 欧州の状況
7-2 アジアの状況
7-3 その他の状況
7-4 弊社の海外対応について

 

8. XPRシステムで生産した新材料の可能性について
8-1 長鎖分岐の存在
8-2 架橋ポリオレフィンの場合
8-3 架橋ポリプロピレンの場合
8-4 今後の展開

 

9. まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/8/27(火)13:00~16:00
【アーカイブ配信受講】8/28(水)~9/4(水)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から

  • 1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付(PDFデータでの配布)
    ※紙媒体での配布はございません。
    ※無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売