「組込ソフトウェア」はじめの第一歩(セミナー)

組込みソフト基本(セミナー)

「組込ソフトウェア」はじめの第一歩(セミナー)

開催日時 2022/10/14(金)13:00~17:00 
担当講師

坂東 大輔 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室でのオンライン受講

またはZoomによるオンライン受講

定員 会場受講は上限4名(オンライン受講は定員無し)
受講費 39,600円(税込) 

組み込みソフトはハードウェアとソフトウェアの二刀流!

IoT時代に対応できる両者の基本を4時間で理解する


「組込ソフトウェア」はじめの第一歩

 


講座概要

IoT時代の到来に伴い、あらゆるデバイス(機械装置)にソフトウェアが内蔵(組み込み)されるようになってきています。

 

デバイスが「電気回路仕掛け」から「ソフトウェア仕掛け」に変わりつつある過渡期であり、しかも、社会中の至るところにデバイスが普及していることから「社会がソフトウェア仕掛けになっている」とすら言えそうです。つまり、それだけ「組込ソフトウェア」の技術が最重要に位置付けられるようになってきています。

 

ニーズの高さとは裏腹に、組込ソフトウェアのエンジニアは圧倒的に人手不足です。

組込ソフトウェアのエンジニアになるには「ソフトウェア」のみならず「ハードウェア」にも習熟する二刀流を目指す必要があります。

 

しかし、二刀流エンジニアの養成には膨大な時間を要するため、IoTに伴う組込ソフトウェア需要に日本社会が追いつけていない現状があります。

 

一般的な傾向として、ハードウェア技術者はソフトウェアを苦手とし、ソフトウェア技術者はハードウェアを苦手とします。特に、組込ソフトウェアを未経験のソフトウェア技術者が、何も考えずに今までのソフトウェア開発と同じ考え方で組込ソフトウェアを開発しようとすると、高い確率で大きな障害に遭遇することになるでしょう。ハードウェアが深く関わる「組込ソフトウェア」ならではの注意点やノウハウを知らないと大火傷することになります。

 

当セミナーは、「組込ソフトウェア」の基礎知識の習得をスムーズに進めるための「初めの第一歩」を解説し、貴重な二刀流の「組込ソフトウェア技術者」の基礎固めを行います。

 

《使用テキスト》

テキストとして、本セミナー 坂東講師 の著書

『図解即戦力-IoT開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社、ISBN 978-4-297-11692-7)

を使用します。

公開セミナーをご受講の方には、このテキストをプレゼントいたします。(購入する必要はありません)

 

 

担当講師

坂東 大輔 講師

 

セミナープログラム(予定)

1.組込ソフトウェアとは
1.1「組込ソフトウェア」の定義
1.2ファームウェアの概要
1.3ファームウェアの更新
1.4「TRON系OS」搭載デバイスの例

 

2.組込ソフトウェアに関するハードウェア知識
2.1  センサの種類
2.2  センサとのインタフェースの具体例
2.3 センサのユースケース
2.4  マイクロコントローラーの概要
2.5  マイクロコントローラーの具体例
2.6  マイクロコントローラーの低電力化
2.7  シングルボードコンピュータの概要
2.8  シングルボードコンピューターの具体例
2.9  プロトタイピングの実践
2.10 Arduinoの概要
2.11  Raspberry Piの概要
2.12  Arduino と Raspberry Piの使い分け
2.13  Intel Neural Compute Stick 2 (Intel NCS2)
2.14  「リアルタイム処理」の定義
2.15  「リアルタイム性」の定義
2.16  タスクの優先順位と割り込み
2.17  エッジコンピューティングの概要
2.18  エッジコンピューティングの意義
2.19  FPGAとASIC
2.20  FPGAに関する技術
2.21  CPUとGPUとFPGAとASIC
2.22  協調設計の概要

 

3.組込ソフトウェアに関するソフトウェア知識
3.1  プログラミングの概要
3.2  プログラミング言語の具体例
3.3  プログラミング言語の使い分け
3.4  「テキストファイル」と「バイナリファイル」
3.5  「ビルド」のプロセス
3.6  開発ツールの具体例
3.7  開発環境としてのクラウド
3.8  検証環境としてのクラウド
3.9  開発におけるクラウド利用の利点と欠点
3.10  クラウド対応の統合開発環境(IDE)の具体例
3.11  組込系プログラミングに特有のポイント
3.12  組込系プログラミングの注意点
3.13  ネイティブアプリとWebアプリ
3.14  HTML5の概要
3.15  Webアプリ開発の注意点

 

4.IoTの一要素としての組込ソフトウェア
4.1  「IoT (Internet of Things)」の概要図
4.2  IoT開発の全体像
4.3  IoTの三本柱「電子」「ソフト」「機構」
4.4  IoT開発に特有のポイント
4.5  「ウォーターフォール」と「アジャイル」
4.6  IoTは「試行錯誤」の世界
4.7  「ユースケース」と「機能」
4.8  IoTデバイスに特有のポイント
4.9  IoTに用いられるセンサの概要
4.10  試作品から量産品への移行
4.11  IoTプラットフォームに特有のポイント
4.12  IoTプラットフォームの具体例
4.13  IoTプラットフォームの使い分け
4.14  IoTアプリケーションに特有のポイント
4.15  クラウドネイティブの概要
4.16  APIファーストの概要
4.17  IoTシステムに特有の運用管理のポイント
4.18  フルマネージドサービスの概要
4.19  フルマネージドサービスの具体例
4.20  IoTゲートウェイの概要
4.21  IoTゲートウェイの意義
4.22  IoTゲートウェイの使用例
4.23  IoTシステムに特有の法的環境のポイント
4.24  電波法の概要
4.25  無線モジュールに関する認可の概要

 

質疑応答

 

標準実施時間:4時間

 

主な受講対象者

  • 組込ソフトウェア開発の初心者
  • IoT開発に興味関心があるエンジニア

 

期待される効果(習得できるスキルなど)

  • 組込ソフトウェアに関する基礎的な知識(心構えを含む)
  •  組込ソフトウェアに関するハードウェア知識
  •  組込ソフトウェアに関するソフトウェア知識
  •  IoTに関する基礎的な知識

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日時:2022年10月14日(金)13:00~17:00
  • 開催場所:日本アイアール㈱本社会議室でのオンライン受講またはZoomによるオンライン受講(*)

(※日本アイアールへのアクセスはこちら)

  • 受講料 :39,600円/1名(税込)
  • 定 員 :会場受講は上限4名(オンライン受講は定員無し)

 

★ご自宅や職場でのオンライン受講が難しい方は、当社セミナールームで受講して頂くことも可能です。

セミナーのLive映像を、プロジェクタで視聴しながら受講できます。

ご希望の方は、お申し込みの際に、「セミナールームでの受講を希望」と記載してください。

 

 

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。
 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。
 ※坂東講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

 *本講義は通信トラブル等に備えて録画を実施することがあります。

 

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売