【WEB研修⇔職場実践】スパイラル型・技術者研修プログラム(技術系新入社員・若手技術者向け研修)

コロナ禍の技術者育成にも最適!「座学/Eラーニングのみ」に比べて圧倒的に高い教育効果

 

[WEB研修⇔職場実践]

スモールステップ・スパイラル型
技術者育成研修プログラム

 

[講義動画視聴 ⇒ 宿題(実務でトライ) ⇒ プロ講師によるオンライン研修 ⇒ 改善して再実践]
 

スモールステップ/スパイラル式による技術者育成メソッド

QC手法/問題解決手法/設計手法 などを実践を通じて習得することで、確かな「実務力」を定着へ!
 

技術者教育について、よくあるお悩み

技術者育成・教育担当者の悩み

  • OJTが重要だが、戦力になるまでには長い時間がかかって非効率
  • 上司/先輩社員の業務が多忙であるため、新入社員や若手技術者のOJTのために時間を割くことができない
  • eラーニングの受講や集合研修での座学だけでは、結局実務では使いものにならない
  • コロナ禍により、集合研修の開催自体が難しい
  • 在宅勤務(テレワーク)の定着により、OJTも難しくなりつつある
  • コロナ禍の影響により従来からの社内研修を再開できる見込みも立たず、教育計画を立てることさえ困難

 

《コロナ禍で教育が難しいからといって、Eラーニングを受講させるだけでいいのでしょうか?》
 
ということで、いまの時代に必要な技術者教育のニーズに、アイアールがお応えします!
 
WEB(オンライン)による講義・研修を最大限に活用しつつ、実務とも連動させた実践的でリアリティのある教育を「短時間・スモールステップ・スパイラル式」で回していく、当研究所の技術者育成プログラムを取り入れてみませんか?
業務時間を圧迫せず、しかも業務内容を生きた題材として学ぶことできるので、従来よりも圧倒的に効率よくスキルを身に付けることが出来ます。
 

スモールステップ式で技術者育成

 
 

【WEB講義+職場実践】ハイブリッド教育で成果を出す!

① 教育計画に基づき、所定の動画講義(知識習得系)をオンラインで視聴

WEB講義を受講(知識を習得)まずは貴社が希望される教育内容について、ヒアリングをさせて頂きます。
貴社の現状とご要望、受講対象者のレベルと到達目標などに応じて、最適と思われる教育プログラムを策定の上、ご提案致します。
 
受講対象者の方々には、策定した教育プログラムに基づき、まずは知識導入のための講義動画をご覧いただきます。
(仕事の空き時間などを使って個人ごとに視聴可能なため、ムダがありません)
 
講義動画の視聴後に、講師から宿題が提示されます。

研修のステップ①

② 宿題を職場の実務で実践(必要に応じてレポートなどを作成)

講義の内容を職場で実践(OJT)講義で学んだ手法について、「宿題」として具体的な実務で実践していただきます。

現実の実務において、座学の知識だけでは解決できないような問題も出てきます。

(職場の上司からも、必要に応じて助言やフィードバックをしてもらうように、事前に教育ご担当者様から依頼しておくことをおススメします。)
 
実践通じて、自らの課題や不明点・確認事項などを明確にし、所定のレポート等にまとめて提出して頂きます。

研修のステップ①

③ 熟練プロ講師によるオンライン研修(双方向式のLive研修)で疑問点を解消!

プロ講師によるオンライン技術者研修宿題の内容についてプロ講師が丁寧に解説します。
特に座学と実務のギャップを把握し、それを埋めるために必要なことを伝授します。
 
双方向式のオンラインLIVE研修なので、疑問点なども講師に直接質疑応答することができます。
 
また、受講者同士の意見交換の時間も設けることで、様々な視点から自らの対応を振り返ることができ、さらなる教育効果が期待できます。

研修のステップ①

④ フィードバック・改善事項を踏まえて職場の実務でリトライ!

研修結果を踏まえて再チャレンジプロ講師によるオンライン研修を経て、疑問点や課題を解消したうえで、実務で再度トライしてみます。
初回に比べて、自信をもって実践としてあてはめることが出来るようになります。
「実務レベル」のスキル習得(対応力)に必要な要素も、徐々にわかってきます。
 
もちろん、2回目でいきなり高度な実務力を身に付けられるようなことはありませんが、それで構いません。
スパイラル式のプログラムなので、次のサイクルでも重なる内容が出てきて理解が深まったり、新たな気付きも出てきます。
小さなサイクルを回して、スキルを定着させていくことが重要です。
 

繰り返し研修(1に戻ってレベルアップ)

 

計画に基づき、ステップアップ用の講義動画を視聴
(①から繰り返して実務力を強化・定着へ)

スパイラル式で定着させる技術者研修上記のサイクルを重ねていくことで、スキル定着はもちろん、基本的な問題解決力や仕事への向き合い方といった、技術者として(または社会人として)重要な「本質的なベーシックスキル」まで自然と身に付いていきます。
 
このように[ステップアップする動画講義+宿題(実務)+プロ講師による解説・フィードバック]の繰り返しで、短時間の教育を、繰り返し継続して行うことで、実務レベルのスキルをいち早く習得することができます。
合理的で無駄の少ない教育メソッドで、技術者として早期戦力化を目指します。

 
 

料金

料金は講座の内容、カスタマイズ対応の有無、受講人数等により異なります。
具体的な要件をお聞かせいただければ、お見積いたします。
(教育計画の策定段階から、支援させて頂くことも可能です。)
まずは、お気軽にご相談ください。
 
 


「スパイラル型・技術者研修プログラム」ご利用企業様の声

  • 講師を交えた事前の打ち合わせで、自社の実情と要望事項を丁寧にヒアリングしてくれたので、安心して研修を任せることが出来た。ハイブリッド研修は導入初年度のため試行段階ではあるが、既に社内の技術部門マネージャー陣からは高い評価と期待の声をもらっている。(産業機械メーカーN社)

 
 

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売