CASEに向けた自動車とカーエレクトロニクスの最新動向および実装技術【提携セミナー】

CASEに向けた自動車とカーエレクトロニクス

CASEに向けた自動車とカーエレクトロニクスの最新動向および実装技術【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/7/16(金) 13:00~16:30
担当講師

三宅 敏広 氏

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信)

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-mail案内登録価格:41,800円

CASEに向けた自動車とカーエレクトロニクスの

最新動向および実装技術

 

《車載機器の変化、実現するべき実装構造、実装技術の課題(部品,材料,加工)等を徹底解説》

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

セミナー趣旨

自動車業界では、製造販売中心のビジネスからサービスとしてのモビリティ(MaaS: Mobility as a Service) へとビジネスの枠組み自体の変革が始まっており、将来自動に向けて大きな4つのキーワード、自動運転・ADAS (Advanced Driver Assistance System)、コネクテッド、シェアリング、及び 電動化の方向への大きな技術革新が進みつつある (CASE: Connected, Autonomous, Shared & Service, Electric)。
本講演では、CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向について述べるとともに、車載機器の形態の変化に着目し、今後実現するべき車載機器の実装構造を捉え、構造を成立させる実装技術の課題について解説する。

 

得られる知識

  • CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向に関する知識
  • CASEに向けた車載機器の動向の中で、機器の実装構造がどのように変化していくのか、その全体像を把握できる
  • 実装構造の変化に対する課題(部品、材料、加工)についても全体を把握できる。

 

対象

  • 車載機器向けの実装部品、材料、加工関連商品のマーケティング、企画、開発、製造、拡販にかかわっておられる方
  • 新たに車載機器関連事業への参入を検討される方
  • その他、車載機器の動向を実装構造レベルで把握したい方

 

担当講師

車載エレクトロニクス実装研究所 代表 博士(工学)

三宅 敏広 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.CASEに向けた自動車の機能と車載機器の進化
1.1 従来のカーエレクトロニクスシステム
1.2 コネクテッド(C)
1.3 自動運転(A)
1.4 シェアード&サービス(S)
1.5 電動化(E)

 

2.CASEに向けた主な車載機器構造の変化
2.1 車載通信機器(C,A,S)
2.2 車外センシング機器(C,A,S)
2.3 AD/ADAS ECU(C,A,S)
2.4 車両運動制御機器(C,A,S)
2.5 HMI機器(C,A,S)
2.6 電源(E)
2.7 電力変換機器(E)
2.8 モータ(E)

 

3.CASEに向けた実装構造の詳細と課題
3.1 車載通信機器(C,A,S)
3.1.1 MssSシステムのハードウェア構成
3.1.2 統合通信モジュール
3.1.3 通信機器構造の動向と実装課題
3.2 自動運転(AD)・運転支援システム(ADAS)(C,A,S)
3.2.1 自動運転(AD)・運転支援システム(ADAS)の構成
3.2.2 AD・ADASシステムセンシング機器
3.2.3 ミリ波レーダの実装構造
3.2.4 LiDARの実装構造
3.2.5 センシング機器構造の動向と実装課題
3.2.6 AD・ADAS ECU
3.2.7 車載コンピュータの広がり・進化の動向
3.3 車両運動制御機器(C,A,S)
3.3.1 車両運動制御システムと主な車載機器
3.3.2 車両運動制御機器の事例EPS
3.3.3 車両運動制御機器構造の動向と実装課題
3.4 電動パワートレインの車載機器(E)
3.4.1 電動パワートレイン車載機器の構成
3.4.2 電源機器・電池パックの構成
3.4.3 電池パック実装構造の例
3.4.4 パワーコントロールユニット(PCU)の内部構成
3.4.5 第2世代プリウスのパワーコントロールユニット分解調査結果
3.4.6 CASEに向けた車載機器実装構造の変化まとめ
3.4.7 PCUの小型・高出力密度化の動向
3.4.8 SiC採用によるPCUの小型化
3.4.9 電動化機器構造の動向と実装課題

 

質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021/7/16(金) 13:00~16:30

 

 

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

 

受講料

44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 )

定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

 

※E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともS&TE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

電子媒体(PDFデータ/印刷可)
・主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
・開催2日前を目安に、ダウンロード可となります。
・ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※資料付(PDFデータ)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売