わずかなリソース、短い開発期間でOK!新商品開発テーマの設定と技術開発の進め方(セミナー)

新商品開発テーマの設定

わずかなリソース、短い開発期間でOK!新商品開発テーマの設定と技術開発の進め方(セミナー)

開催日時 2022/6/27(月) 10:30~16:00
担当講師

川崎 響子 講師

開催場所

日本アイアール㈱ 本社会議室

またはZoomによるオンライン受講

定員 会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
受講費 39,600円(税込)

《1日完成セミナー》

 

わずかなリソース、短い開発期間でOK!

新商品開発テーマの設定と技術開発の進め方

 

 


 

昨今のプロダクトライフサイクルの短期化により、画期的で利益を生み出す商品や技術開発を今まで以上に早く立ち上げることが望まれています。
また市場ニーズがとらえにくく、これさえ開発すれば必ず売れる商品となるとはいえない厳しい時代です。
故に、事業・商品企画組織やR&D組織自ら少人数・早期・低コストを徹底した省リソースによる技術開発を進め、商品につなげる努力を行うことが重要です。

 

このセミナーでは、既存事業・商品の開発を行いながらも、省リソースで新しい価値を生み出すための開発テーマ設定法と技術開発推進のコツを伝授します。また、講師が推奨する「シンプル技術戦略」の概要についてもご紹介します。

実践的な演習・ワークを通して開発テーマ設定とシンプル技術戦略作成のポイントを体験して頂きます。

 

 

担当講師

川崎 響子 講師

 

セミナープログラム(予定)

1. 現状を取り巻く課題と解決への筋道
1-1. 製造業・テクノロジー企業を取り巻く環境の変化
1-2. 日本企業が抱える課題と目指す姿
1-3. 現代における省リソース開発の重要性
1-4. 新規事業・新商品のための技術開発フロー

 

2. 徹底した超省リソース開発の基本
2-1. 既存事業と新規事業の開発を並行して行うために
2-2. 既存事業と新規事業で開発スタイルを変える
2-3. 最重要項目のみを行う省リソース開発の基本
2-4. 省リソース開発を早く軌道に乗せるためのツール
2-5. 省リソース開発のための技術戦略3原則

 

3. 超省リソース技術開発を推進する「シンプル技術戦略」
3-1. 省リソース開発に必要な3つの重要スキル・獲得法
3-2. 省リソースによる2ステップ開発テーマ設定法
3-3. ステップ1:A4一枚による企画書
3-4. ステップ2:シンプル技術戦略

 

4.  2ステップで進める開発テーマ設定フロー
4-1. ターゲット設定
4-2. ステップ1:A4一枚による企画書作成
情報収集
市場ニーズ調査
技術シーズの棚卸し・整理
開発テーマ評価
【演習・ワーク】アイディア抽出から選定、基本方針作成
4-3. ステップ2:シンプル技術戦略
中長期目標:エコシステム想定
短期目標:ビジネスモデル想定
4-4. 省リソースによるロードマップ作成方法
省リソース開発の鉄則:優先順位の決定
省リソース開発の鉄則:QCD設定のコツ
省リソース開発の鉄則:リスクヘッジの考え方
【演習&ワーク】「シンプル技術戦略」作成

 

5. 省リソース開発を推進するための技術開発、組織育成の進め方
省リソース開発を進める上で発生しやすいリスク・課題
ゼロから始める市場探索・ファン獲得事例
省リソース開発組織・人材の継続的育成法
【演習&ワーク】「市場探索+ファン育成型開発」計画

 

6. 質疑応答

 

 

標準実施時間 4.5時間+休憩1時間

 

 

主な受講対象者

  • 社内の事業企画・マーケティング人材不足により、R&D組織が技術開発テーマの企画や市場探索を行うケースがあるが、どのように進めて行けば良いかと悩んでいるR&D担当者、管理職・開発リーダー、経営者
  • 保有技術を「コア技術」とした商材を創出したいが、良いアイディアが生まれない、アイディアの良し悪しが判断できないと悩んでいるR&D担当者、管理職・開発リーダー、経営者
  • 事業に貢献する技術開発テーマの企画が求められているが、中長期的、かつ継続的な技術開発の道筋が設定できる人材の育成に悩んでいるR&D開発組織リーダー、事業企画担当者、経営者

 

受講後、習得できること

  • 少人数、短期、低コストを徹底した開発テーマの創出方法
  • 既存事業の開発と並行して行う新規開発テーマの推進法
  • ボトムアップ型開発を活性化する組織マネジメントのコツ

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日 :2022年6月27日(月) 10:30~16:00
  • 開催場所:日本アイアール㈱本社会議室またはZoomによるオンライン受講

(※日本アイアールへのアクセスはこちら)

  • 定員  :会場受講は上限6名(オンライン受講は定員無し)
  • 受講料 :39,600円(税込)

 

備考

※受講される方は、マイク・カメラ付きのPCでご参加ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
(※メッセージ本文に、オンライン受講・会場受講のいずれかご希望の受講形式を明記してください。)

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売