医薬品と医療機器の早期承認取得のための PMDA戦略策定のポイント (R&D)【提携セミナー】

薬機法入門セミナー

医薬品と医療機器の早期承認取得のための PMDA戦略策定のポイント (R&D)【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/4/20(水)12:30~16:30
担当講師

野村 和彦 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
☆国内大手製薬会社や外資系大手医療機器会社等で豊富な
PMDA対応の経験を有するベテラン講師が、
長年のPMDA対応により体得したノウハウを分かりやすく解説いたします!

 

医薬品と医療機器の早期承認取得のための

PMDA戦略策定のポイント

 

PMDAとの円滑なコミュニケーションのノウハウとは?

早期承認取得のためのPMDA活用法とは?

PMDA戦略策定のための重要ポイントとは?

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

医薬品や医療機器の早期承認取得には、PMDAを効果的・効率的に活用できるかどうかが成功の鍵になります。
PMDA戦略策定のための重要なポイント、PMDAとの効果的なコミュニケーション、PMDAの真意を見抜くスキル、PMDA相談を成功させる秘策、PMDA戦略の根本的な考え方等について、分かりやすく楽しい解説によって容易に理解していただける講演内容です。
また、実務を担当する方へのアドバイスとして、迅速な照会事項対応を可能にする秘策、メディカルライティングの重要性等についても講演内容に含めており、実戦的な内容にもなっています。
本講演では、国内大手製薬会社や外資系大手医療機器会社等で豊富なPMDA対応の経験を有するベテラン講師が、長年のPMDA対応により体得したノウハウを分かりやすく解説いたします。
経営トップから実務担当者まで聴いていただける内容となっており、早期承認取得に繋がるポイントが習得できますので、是非、ご参加下さい。

 

◆習得できる知識

  • PMDAとの円滑なコミュニケーションのノウハウ
  • 早期承認取得のためのPMDA活用法
  • PMDA戦略策定のための重要ポイント
  • 効果的な対面助言相談、照会事項回答作成方針

 

◆キーワード

PMDA.薬事申請.GCP.CTD.薬事.ライティング.研修.講座.講習会.セミナー

 

担当講師

メディカルグローン(株) エグゼクティブアドバイザー 野村 和彦 氏

 

【専門】
臨床開発、薬事、メディカルライティング、薬理学等

【略歴】
1984年3月:東京大学大学院修士課程修了(獣医学科)
1984年4月~:藤沢薬品工業株式会社 入社(探索研究所)
1997年~:同・開発本部探索臨床部
1999年~:同・臨床推進部
2003年~:同・FK506開発部 次長 グローバルプロジェクトリーダー
2005年~:アステラス製薬・プロジェクト統括部 次長 FK506プロジェクトリーダー
2007年10月~:メドトロニック・ソファモア・ダネック株式会社 薬事開発部長、薬事臨床開発部長
2011年11月~:パレクセル・インターナショナル株式会社 メディカルライティング部門長
2012年12月~:株式会社メディコン 薬事戦略部長、メディカルライティング部長
2019年10月~2020年5月:同社(日本ベクトンディッキンソン社) レギュラトリーサイエンスグループ・シニアプロジェクトマネージャー
2020年6月~現在:メディカルグローン株式会社 エグゼクティブアドバイザー
2020年11月~現在:桜橋渡辺病院 治験審査委員会/倫理委員会 外部審査委員(副委員長)
2021年5月~現在:川崎市殿町国際戦略拠点キングスカイフロント・クラスター事業部 医療機器コーディネーター
2021年6月~現在:某外資系製薬企業 オーファンドラッグ開発コンサルタント

 

セミナープログラム(予定)

1.PMDA戦略:「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
1-1 「敵」はPMDAではない
1-2 2つの審査基準
– 既承認類似薬の審査報告書と添付文書
– ピカ新では、アンメットニーズがキー
1-3 「己」を知る:既承認類似薬と何が違うのか?
1-4 チーム審査⇔社内ワーキングチームと医学専門家
1-5 PMDAは我々の最大の味方である

 

2.まず、PMDA言語を理解しよう
2-1 PMDA言語とは?
2-2 議事録をそのまま社内回覧するな
2-3 外資系企業が陥りやすい罠
– 同時通訳のリスク
– 議事録の英訳は翻訳家に任せるな
– 海外ヘッドクオーターとのコミュニケーション

 

3.PMDAの真意を見抜くスキル
3-1 本音で話をする
3-2 懸念事項はぶっちゃけで
3-3 出来るだけコンタクトの機会を持つ
3-4 相談終了後の審査官との立ち話

 

4.円滑なPMDA相談をするための秘策
4-1 想定問答集は必須アイテム
4-2 対面助言相談では事前に回答者を決める
4-3 医学専門家との綿密な打ち合わせ
4-4 海外本社には執拗な事前の根回し
4-5 PMDAと将棋を指す:想定Option毎に十手先まで準備する
4-6 想定外の指摘には即答せず、「社内に持ち帰って検討します」

 

5.迅速な照会事項対応のための秘策
5-1 想定Q&A
5-2 照会事項の3つのステージ
5-3 PMDA担当官に納得するまで質問せよ
5-4 社内回覧の前に徹底的に社内討論せよ

 

6.メディカルライティングの重要性
6-1 誤解を生まない分かりやすく、くどい日本語
6-2 芥川賞・直木賞より小学生の作文
6-3 照会事項回答2ページは30分で書く

 

7.PMDA戦略の根本は添付文書(案)
7-1 なぜ添付文書(案)なのか?
7-2 CTDの最終形は添付文書(案)

 

8.最後に
8-1 PMDA審査官になろう:PMDA審査官の視点
8-2 不動のxyz三次元座標軸

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年04月20日(水) 12:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますがLIVE配信のみのセミナーです。

・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。ご自宅への送付を希望の方はメッセージ欄にご住所などをご記入ください。

・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売