医療機器プロセスバリデーションの進め方と統計的手法及びそのサンプルサイズの考え方【提携セミナー】

医療機器のプロセスバリデーション・洗浄バリデーション

医療機器プロセスバリデーションの進め方と統計的手法及びそのサンプルサイズの考え方【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 【LIVE配信】2024/2/15(木)12:30~16:30 , 【アーカイブ配信】2/19~2/29(何度でも受講可能)
担当講師

高田 覚 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

ガイドラインだけではわからない、具体的なプロセスバリデーションの実施方法とは?

統計手法についても、サンプルサイズの計算方法、

サンプルサイズの根拠の必要性も含めて手法を解説します!

 

医療機器プロセスバリデーションの進め方と

統計的手法及びそのサンプルサイズの考え方

 

《改正QMS省令、ISO 13485:2016対応に必須となる》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

本セミナーではISO 13485:2016の要求事項に基づいた、医療機器のプロセスバリデーションの実施方法 統計的手法及びそのサンプルサイズの計算の仕方について説明する。但し、ソフトウェアバリデーションについては 取り上げない。

 

プロセスバリデーションはどんな場合に行うかについてはよく知られたように次の場合である。ISO 13485:2016 の「7.5.6 製造およびサービス提供に関するプロセスのバリデーション」 項目の 最初の ”shall” として、「製造及びサービス提供の過程で結果として生じるアウトプットが,それ以降の監視又は測定で検証することが不可能であるか検証を実施しない場合、組織はそのようなすべての製造及びサービス提供のプロセスについてバリデーションを行わなければならない。」とされている。この内容は、米国のQSRとほぼ同様の内容である。

 

しかし、実際にプロセス バリエーションをどう行うかについては、 ISO 1348:2016 (改正QMS省令の 文言も含めて)の要求事項である 3つの “shall” から具体的な方法はよくわからない。米国QSRも「その後の試験で検証できないプロセスは、高い保証レベルでバリデートされ、確立された手順で承認されなければならない。」としているだけである。

 

このような状況であるが、幸い ISO 13485:2016 には、このISO制定者である ISO/TC 210 委員会が書いた 実践ガイドがあり、この実践ガイドには、どのように プロセスバリデーションを行えば良いかについて具体的な手順・統計的方法についてかなりの程度例示されているので大変参考になる。例えば、プロセスに対して検証が適しているかバリデーションが適しているかのプロセスの例。さらにはどのような 統計的手法があるかなどについてアドバイスが記載されている。しかし、実は これらは全てプロセスバリデーションのGHTFガイダンスに書かれている内容の抜粋である。さらに実践ガイドは、さらなる情報としてこのGHTFガイダンスそのものを唯一引用している。結局のところ プロセスバリデーションのGHTFガイダンスに沿って行うということがISO/TC210委員会の実践ガイドのアドバイスであることがわかる。

 

本セミナーではこのような ISO 13485:2016 の実践ガイドの内容に基づき、プロセスバリデーションの実施の方法について GHTFガイダンスに沿ったプロセスバリデーションの実施方法について説明する。

 

さらにプロセスバリデーションには「適切な場合サンプルサイズの根拠を伴った統計的手法」について 手順書に書くことが要求されている。 この統計的手法についても GHTFガイダンスには非常に具体的に 目的に応じた 統計的手法が多数例示されている。本セミナーではこの統計手法についてそのサンプルサイズの計算方法、サンプルサイズの根拠の必要性も含めて手法ごとに説明する。

 

とくに、ISO 16269-6 のサンプルサイズ計算は、FDAや米国企業が、近年 “Reliability” として要求している手法のサンプルサイズ計算である。

 

◆キーワード

医療,機器,プロセス,バリデーション,サンプルサイズ,統計,Web,研修,講習,セミナー

 

担当講師

元ミックインターナショナル(株) 高田 覚 氏

 

《ご専門》
医療工学、統計学
《ご略歴》
1970年3月 京都大学理学部卒
1970年4月 (株)カネカ 入社
1983年 ~ 中央研究所にてコレステロール吸着システムの開発に参画
国内臨床評試験担当後、FDA PMA取得に参加、統計解析を担当
・その後3つの医療器の国内臨床試験や欧州申請を担当
・この間、日科技連の臨床統計セミナー(年2回コース)に参加
2001年~ (株) カネカ 薬事・品質保証グリープリーダー(総括管理責任者)
2008年~ (株) カネカファーマベトナム (品質保証担当)
工場の ISO 13485 認証取得主導
2011年~2021年 ミックインターナショナル(株)
シニア・コンサルタント、医療統計専門家 として、
国内申請、FDA申請、品質管理システム指導を行う
《ご活動等》
主として品質管理の統計学に関するセミナー、執筆活動中、
著書:
1)「医療機器プロセス/洗浄/滅菌/包装/ソフトウェアの
バリデーションの進め方」 共著(第5章執筆)
サイエンス&テクノロジー(株) (2020/10/28)
2) 「ISO 13485:2016が求める 医療機器の設計開発における
統計的手法とそのサンプルサイズ設定」
(株)R&D支援センター(2022.8.31)

 

セミナープログラム(予定)

1.ISO 13485:2016のプロセスバリデーションに対する要求事項(shall)
~何が要求事項か、何をやらなければならないのか~
1.1 そもそも、プロセスバリデーションとは、その要求事項は何か
~米国QSR、ISO 13485:2016、改正QMS省令の文言から
1.2 ISO 13485:2016におけるプロセスバリデーションの位置づけ
・工程設計から製造移管
・是正予防措置その他品質システムでの役割
1.3 ISO 13485:2016 の実践ガイドに書かれた具体的なアドバイス内容
≒プロセスバリデーションのGHTFガイダンス

 

2.プロセスバリデーションGHTFガイダンスに沿ったプロセスバリデーションの方法
2.1 バリデーションの実施体制
2.2 バリデーションマスタープラン
2.3 バリデーションの IQ,OQ,PQで達成するべき事項とそのプロトコールのポイント
2.4 リバリデーション
2.5 製造移管と日常管理

 

3.プロセスバリデーションの各フェーズ(IQ, OQ, PQ)で
有効なGHTFガイダンス記載の統計的手法と、そのサンプルサイズ
~Excelによるサンプルサイズ計算方法、とその根拠~
3.1 工程設計における統計的手法とそのサンプルサイズ
3.2 IQ におけるツール
3.3 OQで必要となる統計的手法とそのサンプルサイズ計算
・OQにおける、ISO 16269-6 の方法とそのサンプルサイズ
・信頼性試験においても求められるISO 16269-6
3.4 PQ の統計的手法とその散歩売るサイズ計算
3.5 製造移管後、日常管理での統計的手法
3.6 プロセスバリデーションにおけるシンプルサイズの根拠とは

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/2/15(木)12:30~16:30
【アーカイブ配信】2/19~2/29

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付【PDFにて配布いたします】

 

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売