ディスプレイ用光学材料・フィルムの基礎と原理,及び最近の動き,今後の予測・展望【提携セミナー】

ディスプレイ用光学材料・フィルムの基礎と原理,及び最近の動き,今後の予測・展望【提携セミナー】

開催日時 2024/3/6(水)10:30~15:30
担当講師

青崎 耕 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★反射・屈折・偏光・透過・波長変換など / 耐熱性・耐久性の向上 / 歪みやムラの低減のコツ
★μ-LED,QDなど「次世代ディスプレイ」が求める光学材料の要求特性と市場性


ディスプレイ用光学材料・ フィルムの

基礎と原理,及び最近の動き, 今後の予測・展望

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

ディスプレイ向け光学フィルムは,液晶ディスプレイ(LCD)をはじめとして欠かせない機能を果たしており,全世界で数兆円(年間)という巨大な市場を形成している。  当セミナーでは,現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで,技術動向・アプリケーション展開等について解説し,将来のトレンドを展望する。

 

 

習得できる知識

  • 光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要
  • ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場
  • 今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用

 

 

担当講師

(株)FT-Net 取締役 副社長 技術士(応用理学部門) 青崎 耕 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要

1.1 光学機能とフォトニクスポリマーの分類

1.2 光学フィルム用フォトニクスポリマーの個別紹介(分子構造,光学特性)

  • PMMA
  • PC
  • PS
  • PET
  • PVA
  • TAC
  • COP
  • 透明PIなど

1.3 フッ素系フォトニクスポリマーの活用 (役割,付与される機能・特性等)

 

2.ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場

2.1 フラットパネルディスプレイ及び光学フィルムの歴史・変遷

2.2 ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向

2.3 ディスプレイ光学フィルムの原理・特徴(個別紹介)

a) 偏光板

  • 位相差
  • 直線偏光
  • 円偏光
  • 楕円偏光

b) 反射防止フィルム

  • 光学薄膜による多層コート原理

c) 輝度向上フィルム

d) 複屈折制御フィルム

  • 複屈折ゼロ
  • 超複屈折

e) その他のディスプレイ光学フィルム

 

3.今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用

3.1 ディスプレイに共通する光学フィルムの機能・技術トレンド

  • フレキシブル ・指紋付着防止(防汚)
  • モスアイ反射防止 ・ナノインプリント
  • 触覚フィードバック技術 ・高耐久化など

3.2 各種用途における光学フィルムの応用展開と今後の可能性 ~その役割と要求特性,課題等~

a) 車載用ディスプレイ

  • 大型化
  • 曲面化
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 透明化
  • 電子ミラーなど

b) 量子ドットシート

  • 市場動向
  • 防湿保護機能など

c) 有機ELディスプレイ

  • 特有の反射防止方式
  • 発光材料と層形成技術など

d) マイクロLEDディスプレイ

  • 技術開発動向
  • フレキシブル化の可能性など

e) ARディスプレイ,スマートグラス

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024/3/6(水)10:30~15:30

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき 55,000円(消費税込、資料付)

〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売