よくわかる!光学用透明樹脂の基礎と応用【提携セミナー】

開催日時 2020/12/11(金)13:00~16:30
担当講師

山田 保治 氏

開催場所

東京・品川区大井町 きゅりあん

5F  第2講習室

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
S&T会員受講料:41,800円

■分子設計、耐熱、光学特性、屈折率、

複屈折の制御とガラス代替材料への応用■

 

よくわかる!光学用透明樹脂の基礎と応用

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

アクリル樹脂(PMMA)、ポリカードネート(PC)や環状ポリオレフィン樹脂(COP、COC)などの透明樹脂はプラスチックレンズ、液晶ディスプレイ、光ディスク、光ファイバーなど包装、光学、光通信分野で広く使われている。また近年、光学機器のデジタル化の急速な進展により、高屈折率、高アッベ数、低複屈折など高い特性をもった高機能な光学用透明樹脂やガラス代替材料としての新規な光学樹脂が数多く開発されている。

 

本講義では、光学用透明材料やガラス代替樹脂開発のための透明樹脂の概要、分子設計や光学特性の基礎および透明性、耐熱性、屈折率、複屈折率の制御技術など透明樹脂の高機能化について実務に適した内容で分かりやすく解説する。

 

◆ 得られる知識

  • 透明樹脂の概要と分子設計の考え方
  • 光学特性の概要と制御法
  • 透明性、耐熱性の分子設計と向上方法
  • 高・低屈折率樹脂の分子設計と制御法
  • 低複屈折化手法
  • 無機材料との複合(ハイブリッド)化による高機能化方法
  • ガラス代替材料の開発現状

 

担当講師

FAMテクノリサーチ 代表 山田 保治 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.透明樹脂の概要
1.1 透明樹脂の分子設計
1.2 透明樹脂の種類と特徴
1.3 透明樹脂の概要(合成法と特性)
(1)アクリル樹脂(PMMA)
(2)ポリカードネート(PC)
(3)環状ポリオレフィン樹脂(COP, COC)
(4)カルド(フルオレン)計樹脂
(5)透明エポキシ樹脂
(6)透明(脂環族)ポリイミド

 

2.透明性の分子設計と制御
2.1 光の透過性(光の3要素(反射、吸収、散乱))
2.2 光散乱損失と光吸収損失
2.3 ヘイズ値(くもり値:Haze)
2.4 透明樹脂の分子設計と向上方法
(1)樹脂の透明性改良方法
(2)高透明化
(3)複合材料の透明性
(4)ポリイミドの着色機構と透明化

 

3.耐熱性の分子設計と制御
3.1 耐熱性とは?
3.2 耐熱樹脂の分子設計と向上方法
3.3 高耐熱透明樹脂
(1)高耐熱透明マレイミド系ポリマー
(2)アクリル樹脂の高耐熱化(アダマンチル化、フルオレン系アクリレート)
3.4透明ポリイミド
(1)ポリイミドの着色機構
(2)透明ポリイミドの分子設計(ポリイミドの透明化)
(3)透明ポリイミドの合成法
(4)代表的な透明ポリイミド
(5)透明ポリイミドの開発状況

 

4.光学特性(屈折率、複屈折率)の分子設計と制御
4.1 分子構造による屈折率の制御
(1)屈折率と分子構造・環境因子
(2)高屈折率化
(3)トリアジン系多分岐ポリマー
(4)屈折率の温度依存性
4.2 分散特性(屈折率とアッベ数)の制御
4.3 無機フィラー複合化による屈折率の制御
(1)微粒子の種類と屈折率
(2)複合材料の屈折率
4.4 複屈折の制御-複屈折とは?
(1)固有複屈折率と分子構造
(2)複屈折率と分極率の関係
(3)配向複屈折と応力複屈折
4.5 成形加工(加工法・成形条件)の影響
4.6 低複屈折率化(ゼロ複屈折)
(1)ランダム共重合法
(2)違法性低分子ドープ法
(3) 複屈折性結晶ドープ法

 

5.無機材料との複合化による透明樹脂の高機能化
5.1 複合材料の合成法
(1)層間挿入法(層剥離法)
(2)ゾル-ゲル法
(3)in situ重合法
(4)コアシェル構造型ハイブリッド材料
5.2 複合化の効果-無機材料との複合化でどんな効果が得られるか?
5.3 複合材料の特性
(1)透明性
(2)熱特性
(3)機械的特性
(4)寸法安定性(熱膨張率)
(5)表面硬度・耐摩耗性、

 

6.ガラス代替樹脂・フィルムへの応用
6.1 ガラス代替透明フィルムの開発状況
6.2 ガラス代替透明樹脂・フィルムの用途
(1)光学・ディスプレイ用途への応用
(2)自動車用途への応用 – 自動車の軽量化

 

7.参考図書

 

6. まとめ

 

質疑応答・名刺交換

※ 会場受講者・・・質疑応答&名刺交換が可能です。講師メールに質問可能です。
※ Live受講者・・・チャット機能で質疑応答が可能です。講師メールに質問可能です。
※ アーカイブ受講者・・・講師メールに質問可能です。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【会場受講】 2020年12月11日(金) 13:00~16:30

【Live受講】 2020年12月11日(金) 13:00~16:30

【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 2020年12月28日(月) ごろ配信開始予定(視聴可能期間:約10日間)

 

開催場所

【会場受講】東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です

【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です

 

受講料

【一般受講】本体40,000円+税4,000円
【S&T会員】本体38,000円+税3,800円

※S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料

※S&T会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「S&T会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

★テレワーク応援キャンペーン(1名受講)のご案内★

(Live配信/WEBセミナー受講限定)

【一般受講】本体32,000円+税3,200円
【S&T会員】本体30,400円+税3,040円

 

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

配布資料

  • 【会場受講】製本テキスト(当日会場にてお渡し)
  • 【Live配信受講】製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
    ※開催日の4~5日前に発送します。
    開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
    ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
    開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
  • 【アーカイブ受講】製本テキスト(セミナー開催日を目安に発送)
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。

 

オンライン配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
  • 講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【会場受講】【Live配信】【WEBセミナー】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

Pocket

技術セミナー開催スケジュール

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売