分析化学の基礎知識(eラーニング)

分析化学の基礎知識(eラーニング)

本講座の狙い

化学分析の代表的な手法の意味と使い方を、簡単な例をもとに知ることができる教材です。

「分析化学の基礎知識」の講座概要

食品にいったい何が含まれているのか、製品として作った医薬品に不純物はどのくらい含まれているのだろうか、建築部材に好ましくない化学物質がどのくらい含まれてしまっているのだろうか・・・

 

これらの問題を解決すべく、物質を構成する成分を調べることができるのが化学分析です。

 

化学分析には、どのような性質の物質に対して用いるべき方法であるか、どのような機器を使用するべきなのか、あらかじめ知っておくことが無駄のない業務につながります。

 

本教材では、さまざまな公定法や規格に関する基礎知識、分析方法の種類から、分析結果の信頼性の考え方の基礎知識に至るまでを取り上げ、化学分析業務に関わる方の最初の一歩をサポートします。

 

本講座の狙い

  • 化学分析の暮らしとのかかわりを知る
  • 分析方法の分類、種類とその概要を知る
  • 基本的な分析フローを理解する
  • 信頼性のある分析値を得るための基礎知識を知る

 

想定受講者

  • 初期教育段階にある化学分析業務の担当者
  • 初期教育段階にある物理・化学・生物系の研究・開発者

 

様々な分析方法
飲料水の分析
信頼性確保のための仕組み

「分析化学の基礎知識」の主な項目

私たちの生活と化学分析
  • 化学分析とは?
  • 身近なところでも化学分析・・・
  • 化学物質が及ぼす影響
  • 化学物質の管理
  • 化学分析の担い手

 

分析目的と分析法
  • 分析方法の選択
  • 公定法
  • 様々な分析方法
  • 分析方法の分類
  • 定性分析
  • 定量分析
  • 自動分析及び連続分析
  • 化学分析の知識が必要な資格

 

事例から見る分析のフロー
  • 飲料水の分析
  • 水質分析の方法
  • 官能試験
  • パックテスト
  • 重量分析
  • ミネラル分
  • 容量分析
  • 水道水とミネラルウォーターの基準の比較
  • 水道水とミネラルウォーターどちらを選ぶ?

 

分析結果の信頼性
  • 精度
  • 真度
  • 精確さ
  • 信頼性確保のための仕組み
  • 試験所認定制度

 

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売