デジタル治療薬(DTx)の開発《今、現場で求められていることとは》【提携セミナー】

デジタル治療薬(DTx)の開発

デジタル治療薬(DTx)の開発《今、現場で求められていることとは》【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/9(月)10:00~17:00
担当講師

吉川 典子 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 55,000円(税込)

★ 開発の実務から製造販売へのアクションのコツまで


★対象のイメージ・該当性判断・コンセプトメイキング・開発環境・妥当性検証・保険適用が

まとめて学べる!


デジタル治療薬(DTx)の開発

《今、現場で求められていることとは》

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

【講座趣旨】
医療の姿が大きく変わる中、遠隔医療も身近になり、デジタル治療薬が注目されています。薬機法改正や感染症拡大防止などでも、開発も医療も環境が変化し、どのような取り組みや開発が行われているかを知ると同時に、デジタル治療薬をコアとしたビジネスを念頭に、開発の実務などを解説します。デジタルヘルスケア製品のコンセプトを導く際に理解しておきたい、医療機器であるソフトウェア(SaMD)や周辺デバイス、医薬品と薬機法等のつながりについて解説し、開発から製造販売へのアクションのコツをお伝えします。
また、医療における位置付けと保険適用についての解説もございます。

 

 

習得できる知識

コンセプトメイキングから開発環境の構築・臨床対応まで幅広く対応できるようになります

 

 

担当講師

NPO医工連携推進機構 吉川 典子 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

①DTxのアプローチ事例と今後の期待
はじめに
1 デジタル治療薬とこれからの医療
1.1 デジタル治療薬が期待される背景
1.2 デジタル治療薬の位置づけ
1.3 デジタル治療薬を取り巻く環境

 

2 デジタル治療薬の取り組み事例
2.1 空白域へのアプローチ
2.2 精神情動系へのアプローチ
2.3 アドヒランスのアプローチ
2.4 その他、オンライン診療や服薬指導

 

3 開発の状況
3.1 臨床試験のデータベースから
3.2 資料の活用
3.3 ユーザデベロッパーの活躍
3.4 新しい医療なのか

 

 

②DTx開発の実務
(臨床試験・申請対応・保険適用)
4 開発の実務
4.1 コンセプトメイクと該当性判断
4.2 対象となる患者さんの像を描けるか
4.3 UXへの眼差し
4.4 薬機法とどう向き合うのか

 

5 開発環境の利活用
5.1 規格基準
5.2 相談制度
5.3 ピットフォール

 

6 評価
6.1 妥当性検証の考え方
6.2 臨床評価
6.3 医療上の有用性

 

7 ビジネスと保健適用
7.1 保険適用
7.2 ビジネスとして注意したい点
7.3 トピック

 

まとめ

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/5/9(月)10:00~17:00

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき55,000円(消費税込み、資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売