1日で学べる医薬品開発の基礎【提携セミナー】

探索試験と海外試験の効率的な利用

1日で学べる医薬品開発の基礎【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2024/5/20(月) 10:30-16:30
担当講師

竹本 勇一 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

「医薬品開発における基礎を幅広く学習したい!」

「まだ初心者なので基礎から学びたい!」

「実務を経験しているが、改めておさらいしつつ今までわからなかった所も抑えたい!」

という方におすすめのセミナー。

 

1日で学べる医薬品開発の基礎

 

≪薬機法・ICHガイドライン・治験・GCP監査・市販後調査・臨床研究法など幅広く解説≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

医薬品開発の基礎について、1日で一通りの知識を習得できるセミナー。
導入として病気の歴史、薬の歴史について古代から現在に至る経緯を説明した後、現在の薬の開発状況を法令やガイドラインに基づいて詳しく解説する。また、あらゆる医薬品の開発に付きまとう臨床検査値の読み方についても触れたい。
全般的な知識を身に着けたい初学者はもちろん、実務者で部分的にわからないところがある方や、改めて基礎をおさらいしたい方にもおすすめの内容となっている。また、当日配布するテキストも幅広い内容を網羅しており、後の自己学習に最適である。

 

◆受講後、習得できること

  • 医薬品の歴史
  • GCP、GPSP、GVP
  • 臨床検査値の読み方
  • SOP、手順書の作り方
  • モニターの心得

 

◆本テーマ関連法規・ガイドラインなど

  • 薬機法、臨床研究法

 

◆講演中のキーワード

  • くすりの歴史、医薬品、開発治験、臨床研究、モニタリング、監査、臨床検査値、
    薬機法、臨床研究法、GCP、GVP、GPSP

 

過去の開催時に頂いた主なご感想

  • わかりやすく、興味深い内容も多くきけたので、非常に満足させて頂きました。
  • 竹本先生の語り口がとてもききやすく、楽しい講義でした。ありがとうございました。
  • 幅広い内容の講義でおもしろかったです。

 

担当講師

ECTメディカル株式会社 代表取締役社長 竹本勇一 先生

 

 

セミナープログラム(予定)

1 くすりの誕生と今後の展望
 1.1 病気、薬の歴史
 1.2 薬の今後の展望

 

2 薬機法概論
 2.1 法令の構成
 2.2 薬事法の変遷
 2.3 改正薬事法
 2.4 医療機器の安全対策の抜本的見直し
 2.5 生物由来製品の安全確保対策の充実
 2.6 医療機関からの副作用等報告制度
 2.7 医師主導の治験
 2.8 薬機法各論
  2.8.1 薬機法の構成
  2.8.2 目的
  2.8.3 医薬品ってなに?
  2.8.4 製造販売の承認と許可
  2.8.5 医薬品の製造販売の承認を取る
  2.8.6 医薬品の安全を守る
  2.8.7 再審査と再評価
  2.8.8 オーファンドラッグ
  2.8.9 再生医療等製品

 

3 ICHガイドライン
 3.1 ICHとは?
 3.2 ICHの目的
 3.3 ICHの役割とガイドライン
 3.4 ICHガイドラインの構成
 3.5 臨床に関するガイドライン
 3.6 法令の構成はどうなってるの?
 3.7 臨床上の安全性
 3.8 総括報告書
 3.9 用量-反応関係
 3.10 民族的要因
 3.11 GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)
 3.12 臨床試験
 3.13 複合領域(M:Multidisciplinary)にかかわるガイドライン
 3.14 CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)

 

4 治験の流れ
 4.1 標準的な治験の流れ
 4.2 治験薬概要書(目的、記載事項など)
 4.3 治験実施計画書(記載事項など)
 4.4 治験の計画の届出(治験計画届・治験計画変更届)
 4.5 治験の依頼から終了まで
 4.6 SDV(source Data Verification) 症例報告書の記載内容を確認
 4.7 治験総括報告書(記載事項など)

 

5 治験概論 ―試験結果のまとめ~申請資料作成~承認申請―
 5.1 医薬品開発における主な資料
 5.2 症例報告書
 5.3 「 原資料」とは
 5.4 症例報告書(記載内容、品質管理、記載内容の登録)
 5.5 チェックリストに基づく点検
 5.6 データの取扱い
 5.7 統計解析
 5.8 治験総括報告書
 5.9 治験薬概要書
 5.10 論文
 5.11 CTD(コモン・テクニカル・ドキュメント)

 

6 GCP監査とは(治験の必要性とGCP)
 6.1 GCPについて
 6.2 GCP監査
 6.3 治験データの信頼性
 6.4 GCP監査で抑えるべきポイント
 6.5 企業治験と医師主導治験の比較

 

7 PMS(Post Marketing Surveillance 市販後調査)
 7.1 PMSの目的および必要性
 7.2 PMSの経緯(GVP,GQP,GPSP)
 7.3 PMSの3つの制度
 7.4 対象医薬品の指定と再審査期間
 7.5 医薬品の副作用・感染症情報収集システム
 7.6 副作用等情報の伝達・提供
 7.7 GPSPの要点
 7.8 市販直後調査の手順

 

8 臨床研究法の概要
 8.1 制定の背景
 8.2 目的・公布
 8.3 規制区分
 8.4 対象範囲
 8.5 内容
 8.6 特定臨床研究の実施
 8.7 臨床研究法における報告

 

9 臨床検査について
 9.1 肝機能
 9.2 腎機能
 9.3 心電図

 

質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年5月20日(月) 10:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

※配布資料等について

●配布資料はPDF等のデータで配布致します。ダウンロード方法等はメールでご案内致します。

  • 配布資料に関するご案内は、開催1週前~前日を目安にご連絡致します。
  • 準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
  • セミナー資料の再配布は対応できかねます。必ず期限内にダウンロードください。

 

●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売