自己再生能力を活かしたマテリアルリサイクル手法と最新動向・展望【提携セミナー】

リサイクルプラスチック

自己再生能力を活かしたマテリアルリサイクル手法と最新動向・展望【提携セミナー】

開催日時 2020/11/24(火)13:00~16:00
担当講師

八尾 滋 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員: 49,500円(税込)
会員: 35,200円(税込)

~3時間で学ぶ~

 

自己再生能力を活かした

マテリアルリサイクル手法と最新動向・展望

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

現在プラスチックによる地球環境破壊が深刻な問題としてクローズアップされている。一方で、安価で清潔・安全・安心な生活を維持継続するためには、プラスチックは欠かせないものであり、全世界的にその需要そして生産量が減少することはないと思われる。従って、増加し続ける廃棄プラスチックの処理問題解決には、効率的かつ効果的なリサイクルプロセスの研究開発が欠かせない。

 

また資源循環が目に見えて分かりやすいマテリアルリサイクルは、循環型経済社会の確立のためにも欠かせない。しかし従来廃棄プラスチックは再生不可能な化学劣化により物性低下が生じているとされ、本格的な再利用はなされてこなかった。

 

福岡大学は、この物性低下原因が内部構造変異による物理的なものであり、再生手法の最適化により物性向上が可能であることを見出し、そのための再ペレタイズプロセスを開発している。

 

本講演ではこれらの研究について解説するとともに、最近のリサイクルに関する研究開発状況について概況する。

 

担当講師

福岡大学 工学部 教授 工学博士 八尾 滋 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. プラスチックが及ぼす環境問題と解決法の課題

 

2. 日本のプラスチックリサイクルの現状について

 

3. リサイクルプラスチックの力学物性
3-1. 物理劣化メカニズム
3-2. 高分子の自己再生能力と物理再生メカニズム
3-3. 高分子の力学的特性発現メカニズムとメソ構造

 

4. 実用的な高度再生プロセス
4-1. 二軸押出機によるペレタイズプロセスと物性
4-2. 二軸押出機によるペレタイズプロセスと内部構造
4-3. 射出成形プロセスと物性

 

5. 今後のプラスチックリサイクル全般に関する考察

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2020年11月24日(火)13:00~16:00

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員:  49,500円(税込)
会員:  35,200円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で  49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、 35,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計  49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売