《有害微生物の制御・管理方法》食品,医薬品の殺滅菌入門【提携セミナー】

《有害微生物の制御・管理方法》食品,医薬品の殺滅菌入門【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/6/20(月)13:00-16:30
担当講師

古田 雅一 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円

☆衛生面での意識が益々高まる中、実際の現場に必要なより良い方法は何か?

☆殺滅菌の対象物および特性を整理し、比較を交えて実際のポイントを解説します!

☆将来的に期待されている複合殺滅菌法についても、考察予定です。

 

【有害微生物の制御・管理方法】

食品,医薬品の殺滅菌入門

 

≪熱/放射線/超音波/抗菌剤/活性酵素等の最新研究を踏まえて確実な処理を目指して≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

医薬品には滅菌が不可欠であり、また食品においても食中毒菌の殺菌が求められています。加熱は古くから殺滅菌に利用されており、信頼性の高い方法ではありますが、熱に弱い医薬品やディスポーザブル医療用具などの滅菌には向きません。一方放射線滅菌は温度上昇が軽微であることや放射線の透過力が高いために最終梱包状態で処理できるなどのメリットがあります。また放射線と同様活性酸素が殺菌メカニズムとされる様々な物理的な殺菌法が提案されています。これらの特性について解説し、比較することにより、将来的に期待される複合殺菌法の可能性について考察したいと思います。

 

◆受講後、習得できること

  • 種々の殺菌法のアウトラインの習得
  • 殺菌の対象物と特性(得失)の整理
  • 複合殺菌法(ハードルテクノロジー)の構築に関する基礎の習得

 

◆講演中のキーワード

  • 殺滅菌
  • 加熱
  • 放射線
  • 活性酸素
  • ハードルテクノロジー

 

◆本テーマ関連法規・ガイドラインなど

  • 食品衛生法
  • 薬機法 etc

 

担当講師

公立大学法人 大阪府立大学
研究推進機構・放射線研究センター
大学院工学研究科・量子放射線系専攻
量子線化学生物学研究室
教授 博士(農学)
古田雅一 先生

■経歴
1978年4月~1983年3月 京都大学 農学部 農芸化学
1983年4月~1985年3月 京都大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻
1985年~1990年 大阪府立放射線中央研究所研究員
1990年~1995年 大阪府立大学附属研究所助手
1995年~2004年 大阪府立大学先端科学研究所助手
2004年4月~2004年9月 大阪府立大学 先端科学研究所 講師
2004年10月~2005年3月 大阪府立大学 先端科学研究所応用生体科学部門人工生体組織研究分野 助教授
2005年4月~2007年3月 大阪府立大学大学院 理学系研究科生物科学専攻 助教授(配置換え)
2007年4月~2010年12月 大阪府立大学 理学系研究科生物科学専攻 准教授
2011年1月~2011年3月 大阪府立大学大学院 産学官連携機構 准教授 (配置換え)
2011年4月~現在 大阪府立大学大学院 研究推進機構・放射線研究センター 教授
2013年4月~現在 大阪府立大学大学院 工学研究科量子放射線系専攻 教授 (兼任)
2017年4月~2021年3月 大阪府立大学大学院工学研究科 量子放射線系専攻 専攻長
2020年4月~現在 大阪府立大学 研究推進機構放射線研究センター センター長
(現在に至る)

■専門および得意な分野・研究
・ガンマ線、電子線などの放射線の性質を見極め、良い面を化学、生物分野において最大限に利用するための基礎と応用の研究を進めている。医療用具の滅菌や食品の殺菌や保存(食品照射)の安全性に関する研究を長年行ってきた。最近では基礎の部分では放射線による殺菌のメカニズムを熱や抗菌剤と比較しながら明らかにし、効率の良い複合殺菌法の開発を目指している。また応用面では汎用的な放射線源としてのX線の利用、文化財のカビ殺菌、他の殺菌法との複合による損傷菌の殺滅菌などへのさらなる展開を目指している。さらに放射線や大気圧プラズマ、超音波を用いた環境汚染物質の分解、環境水の殺菌、重金属除去能を有する微生物育種などの研究にも従事している。

■本テーマ関連学協会での活動
・生化学会
・実験動物学会
・日本化学会
・日本バイオマテリアル学会
・日本原子力学会
・高分子学会
・日本防菌防微学会
・日本放射線影響学会
・日本農芸化学会

 

セミナープログラム(予定)

1. なぜ殺菌法が必要か?
1.1 医療品
1.2 食品

 

2. 殺菌の対象となる微生物

 

3. 様々な殺菌法
3.1 加熱
3.2 放射線
3.3 紫外線
3.4 超音波 その他物理的殺菌法
3.5 薬剤 etc

 

4. 殺滅菌法の実際

 

5. 将来のさらなる高度化に向けて
5.1 損傷菌対策
5.2 ハードルテクノロジー

 

6. 質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年6月20日(月) 13:00-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・撮影行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売