中国における化学物質規制の基礎および最新動向【提携セミナー】

中国化学物質規制セミナー

中国における化学物質規制の基礎および最新動向【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

高木 正勝 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定
★2021年1月から施行された中国REACH「新化学物質環境管理登記弁法」の改正版について解説!
★中国RoHS「中国電器電子製品有害物質使用制限管理弁法」の概要も解説!
★中国VOC規制についても最新動向をお伝え致します!!

 

中国における化学物質規制の基礎

および最新動向

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

中国REACHといわれる「新化学物質環境管理登記弁法」の改正版(生態環境部第12号令)が2021年1月から施行された。旧弁法」(環境保護部第7号令)の施行以来、足掛け11年ぶりの大幅改正である。新法では新化学物質の危害性の分類基準について従来の「量」の重視から「環境リスクの質」の重視へと転換した。年間取扱量による4区分は廃止されて10t以上は通常登記として一本化されるとともに10t未満は簡易登記、1t未満は届出として申請区分が簡素化された。その一方で簡易登記も難分解性、生物蓄積性及び毒性に関する資料が求められるなど要求が厳しくなっている。登記管理に当たっては、環境リスク評価報告書に加えて高危害化学物質に該当する場合の社会経済便益効果分析報告書の要求や商業的秘密情報の保護申請に関して情報保護の必要性に関する説明資料が求められるなど要求事項が厳しくなった。

 

また、電気電子製品の生産・輸出大国となった中国は、クリーン生産法、固体廃棄物汚染防止法、循環経済促進法などを基本法として工業製品のライフサイクル全般を通した環境保護の観点から電気電子製品に含有される有害化学物質を規制する「中国電器電子製品有害物質使用制限管理弁法」を実施している。本講座では中国における化学物質規制の枠組みについて確認するとともに、2021年1月施行の改正版「新化学物質環境管理登記弁法」及び中国RoHSといわれる「中国電器電子製品有害物質使用制限管理弁法」の概要を中心に中国VOC規制についても最新動向をお伝えする。

 

◆キーワード

中国、化学物質規制、化学品、VOC、中国RoHS、中国REACH、WEB、研修、セミナー

 

 

担当講師

日本テピア株式会社テピア総合研究所 所長 高木正勝 氏

 

《専門》
中国環境政策及び規制制度

《略歴》
1986年 早稲田大学法学部卒業
1986年 安田火災海上保険(現:損保ジャパン)入社
2001年~2006年 台湾駐在(台北)
2006年~2009年 中国駐在(深圳、広州、大連)
2009年 日本テピア株式会社
(資格)MBA、中小企業診断士

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに:中国における化学物質規制の枠組み
-危険化学品安全管理条例
-危険化学品リストと新規化学物質
-製品含有化学物質規制(中国RoHS規制)
-化学物質管理に関連する中国政府所管部署

 

2.新化学物質環境管理登記弁法(中国REACH)
-中国の新化学物質環境管理の法制経緯
-中国の化学物質規制の特徴と傾向、日本との違い
-新化学物質環境管理の目的と基本的な制度枠組み
-改正版中国REACH弁法の主な改定ポイント
-登記対象化学物質の範囲(適用除外及び適用免除)
-登記申請区分の改定
-新用途の登記申請義務
-登記申請の流れ
-登記申請の必要書類(通常登記、簡易登記、届出)
-登記審査(技術評価審査)
-高危害化学物質判定基準
-社会経済便益効果分析報告書
-特殊形式の登記類型(系列登記と連合登記)
-登記審査(技術評価審査)の不承認基準
-商業秘密情報保護に関する資料要求
-ポリマーに関する特別規定
-事後監督管理

 

3.電器電子製品有害物質使用制限管理弁法(中国RoHS)
-中国RoHSの導入及び改定の経緯
-改正中国RoHSの概要
-対象製品の範囲
-規制対象有害物質及び含有閾値
-ラベル表示義務
-基準達成管理目録
-適用除外製品
-合格評定制度

 

4.中国VOC規制の概要と対応のポイント
-中国のVOC排出管理の政策的枠組み
-重点業界における揮発性有機化合物の総合対策方案
-新しいVOC関連の国家標準
-VOC現場検査ガイドの概要と要求事項

 

5.おわりに:中国化学品の最新政策動向
-中国危険化学品安全法の制定動向
-化学物質環境リスク評価管理条例の制定動向
-最新情報の入手方法について

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM をダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますがLIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。ご自宅への送付を希望の方はお申し込みフォームのメッセージ欄にご住所などをご記入ください。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売