医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践【提携セミナー】

医薬品開発におけるmRNA活用

医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践【提携セミナー】

開催日時 【Live配信受講】 2024/2/21(水)13:00~16:30 , 【アーカイブ配信受講】 2024/3/4(月)まで受付(配信期間:3/4~3/15)
担当講師

井上 淳 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-Mail案内登録価格: 46,970円

医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた

事業性評価の実践

 

≪評価実例を含めた開発後期/早期段階の事業性評価と位置づけの違い≫

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

 

【Live配信受講者、会場受講者 特典のご案内】

Live配信受講者、会場受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。

 

新薬開発型医薬品ビジネスにおいては、近年、開発費用の高騰・候補化合物の減少とモダリティの増加・薬価制度の変化などにより、より早く未来を見通してより早い打ち手の検討を行うためのツールである事業性評価の重要性が高まってきています。
反面、エビデンス評価である安全性・有効性評価に対し、事業性評価は予測ベースの評価であり、そのアプローチは大きく異なります。
また、安全性・有効性評価とは異なり、事業性評価の業務としての歴史は浅く、業務プロセスとしての確立度合いは各社ばらつきがあります。

 

本講座では、まず事業性評価の目的、位置づけなど、なぜ必要で何がポイントであるかについて、開発ステージの違いによる差異も含めて概論をご説明します。その後、新薬開発品の標準的な事業性評価プロセスをそれぞれ詳説します。また、医薬品開発プロジェクトの事業性評価実例のご紹介を行います。

 

セミナー趣旨

主催者より
社内の開発プロジェクトの中で事業性評価とプロジェクトの優先順位をどのように考えるかは,限られた経営資源をどのプロジェクトに投入するかという観点からも重要です。世界の大手は,自社の研究からではなくベンチャー,スタートアップ企業や大学などの研究から生まれた薬の種を仕入れ(導入し),開発だけを行うというビジネスモデルに転換を果たしたといっても過言ではありません。その中で,事業性評価の重要性が高まっているのは,開発費用の高騰・候補化合物の減少・競争の激化・さらには規制当局の変化等により,高い事業性を達成することが困難になってきていることも背景にあります。事業性を評価するには,患者数や潜在ニーズを含めて,どうのようにデータを集めるかも鍵となります。また集めたデータをどのような仮説の基にシミュレーション分析するかも鍵です。本セミナーでは経験豊富な講師により,そのノウハウを実例も交えてお話しいただきます。医薬候補品の導入の可否を含めて,開発初期の医薬候補品のGo-No Go判断は会社の将来の発展を左右する重要な意思決定となります。この機会を是非ご活用ください。

 

【得られる知識】

  • 事業性評価の位置づけ、目的について正しく理解することができます。
  • 単なる事業計画の計算業務ではなく、企画業務としての事業性評価で何をやらなければいけないのか、業務プロセスを正しく理解することができます。
  • 不確実性を考慮した事業性評価を行うことによって、今後開発を継続する上でいつ、何が重要な要素となるかが分かるようになります。

 

担当講師

インテグラート(株) 取締役 ビジネスシミュレーション事業本部 本部長 MBA 井上 淳 氏

 

【主なご経歴】
インテグラートにおいて、19年にわたる大手製造業における個別事業計画策定・事業性評価支援、ポートフォリオ評価導入支援、全社ポートフォリオ評価体制構築・運用支援に関するコンサルティング経験を持ち、特に新薬開発型製薬業において豊富な実績を有する。

【主なご研究・ご業務】
事業投資評価・事業ポートフォリオ評価・管理会計

 

セミナープログラム(予定)

1.新薬開発型医薬品ビジネスにおける事業性評価の位置づけ
1.1.開発後期/早期段階の事業性評価の位置づけの違い

 

2.医薬品開発プロジェクトの事業性評価の標準プロセス
2.1.オプションとシナリオの検討
2.2.収益構造モデルの作成
2.3.Baseデータの収集と入力
2.4.初期感度分析を使ったBaseデータから仮説(重要かつ不確実性のある)項目の特定
2.5.仮説の検討・入力
2.6.シミュレーション分析に基づく不確実性を含めた事業性評価

 

3.医薬品開発プロジェクト事業性評価実例

 

□質疑応答□

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【Live配信受講】 2024/2/21(水)13:00~16:30
【アーカイブ配信受講】 2024/3/4(月)まで受付(配信期間:3/4~3/15)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 37,400円/E-Mail案内登録価格 35,640円 )

 

定価:本体34,000円+税3,400円
E-Mail案内登録価格:本体32,400円+税3,240円

 

※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

PDFテキスト(印刷可・編集不可)
※開催2日前を目安に、主催者サイトのマイページよりダウンロード可となります。
なお、アーカイブ配信受講の場合は、配信日になります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
★【Live配信】【アーカイブ受講】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売