医薬品研究・製造担当者が知っておくべき暴露許容値(OEL、ADE・PDE)設定の基礎知識とその活用方法【提携セミナー】

医薬品製造の暴露許容

医薬品研究・製造担当者が知っておくべき暴露許容値(OEL、ADE・PDE)設定の基礎知識とその活用方法【提携セミナー】

開催日時 2021/6/25(金)10:30~16:30
担当講師

加藤 伸明 氏

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信)

定員 -
受講費 通常申込:55,000円
E-mail案内登録価格:52,250円

演習1「ADE/PDEの算出(係数の設定)」
演習2「OELを用いた暴露管理に基づく設備、保護具の選定」

 

医薬品研究・製造担当者が知っておくべき

暴露許容値(OEL、ADE・PDE)設定の

基礎知識とその活用方法

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

『そもそも暴露許容値とは何?』という方から『暴露許容値をどう現場で活用するのか?』
『暴露許容値はどう設定するのか?』に困っている方々を対象に、、、

●作業者の暴露防止や交叉汚染防止に暴露許容値をどの様に活用できるか
●暴露許容値設定に何が必要か、設定における留意点は何か

 

 

暴露許容値は、作業者への暴露防止だけでなく、交叉汚染防止の観点からも必要となってきました。

本講座では、『そもそも暴露許容値とは何?』という方から、『暴露許容値をどう現場で活用するのか?』、『暴露許容値はどう設定するのか?』に困っている方々を対象に、暴露許容値設定の基礎から、いかに活用するのか、事例や演習を用いて紹介します。

 

担当講師

中外製薬(株) サステナビリティ推進部 環境・安全衛生グループ 副部長 加藤 伸明 氏 ≫【講師紹介】

 

セミナープログラム(予定)

午前の部(10:30~13:00)

1.暴露許容値の基礎
・暴露防止と交叉汚染防止の歴史と現状
・暴露許容値設定に必要な毒性学的基礎知識

2.暴露許容値の活用
・作業者保護
> 暴露リスクの管理手法
・交叉汚染防止
> 暴露許容値を用いる意義

 

 

午後の部(14:00~16:30)

1.暴露許容値の設定
・演習:ADE/PDEの算出(係数の設定)

2.暴露許容値の活用
・演習:OELを用いた暴露管理に基づく設備、保護具の選定

 

質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2021年6月25日(金) 10:30~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

 

受講料

55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 )

定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件

2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

・PDFテキスト(印刷可)
※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
(開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売