臨床現場から伝えたい剤型ごとの包装設計の使用安全性とデザイン動向《ヒヤリハット事例をあわせて》【提携セミナー】

剤型ごとの包装設計と安全性

臨床現場から伝えたい剤型ごとの包装設計の使用安全性とデザイン動向《ヒヤリハット事例をあわせて》【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2021/12/20(月) 13:00~16:30
担当講師

下枝 貞彦 氏

開催場所

【Live配信】 Live配信セミナー
【アーカイブ受講】 Webセミナー

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-Mail案内登録価格: 46,970円

臨床現場から伝えたい

剤型ごとの包装設計の使用安全性とデザイン動向

~ヒヤリハット事例をあわせて~

 

 

メディケーションエラーをなくすための医薬品包装・表示のコツや、
CR包装や抗がん剤のDVO対応包装に関する知見、
現場で望まるデザイン・使用感・ちょっとしたアイデア(ヒント)が満載の講座

 

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

新薬・ジェネリック医薬品の包装・表示デザインに焦点を当て、現在、臨床現場ではどのようなヒヤリハットが起こりやすいのか。また、評価されやすいデザイン、形態、使用感に関する生の声をお伝えします!

 

また、昨今注目されているチャイルドレジスタンス(CR)包装や抗がん剤の薬剤バイアル最適化(DVO)対応包装に関する知見も含め、どのような包装・表示デザインのトレンドがあり、現場では望まれているのか、
再生医療関連製品を含む医薬品のリスク軽減を目的とした医薬品の包装と表示の開発研究している講師に解説いただきます。

 

 

セミナー趣旨

本講では、現在臨床現場で使用されている医薬品包装のデザイン、形態、使用感に関する医療医従事・患者からの評価を交え、当該包装の何が現場で問題なのかを具体的に提示する。
同時に、医療現場で評価される医薬品包装や、現場で今後必要とされる医薬品包装のヒントについて、CR包装や抗がん剤のDVO対応包装に関する知見も含め提示したい。

 

【得られる知識】

  • 病院薬局を中心とした医薬品の管理、保管、取り扱い状況を理解する。
  • 医療現場におけるメディケーションエラーの発生原因とその回避策を理解する。
  • 医療現場でメディケーションエラーを誘発する可能性のある医薬品包装・表示デザインを知る。
  • 治験薬における包装形態の問題点を把握し、脱落症例を回避するためのポイントを知る。
  • 医療現場で必要とされる医薬品包装・表示デザインは何かを知る。
  • 小児誤飲防止を目的としたPTP包装に対する患者の評価や理解度を知る。

 

担当講師

東京薬科大学薬学部 臨床薬剤学教室 教授

下枝 貞彦 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.医療現場における医薬品の流れとそのリスク発生場所
1-1 医療現場における医薬品管理
1-1-1 病院調剤室における内服薬・外用薬の管理状況
1-1-2 病院における注射薬の管理状況
1-1-3 病院における麻薬の管理状況
1-2 医薬品調剤の実際
1-2-1 錠剤・散剤・水剤・外用剤の調剤
1-2-2 注射薬の調剤
1-2-3 麻薬の調剤

 

2.高齢者を中心とした患者の身体的、精神的、社会的特徴とメディケーションエラーの実態

 

3.医療現場で問題となる医薬品包装・表示デザイン事例
3-1 現行医薬品の包装・表示ラベルの問題点
3-1-1 外見が類似している医薬品
3-1-2 包装形態に問題がある医薬品
3-1-3 ラベル表示に問題がある医薬品
3-1-4 使用期限の表示に問題がある医薬品
3-1-5 PTPシートの表示に問題がある医薬品
3-1-6 ブリスター表示に問題がある医薬品
3-2 ジェネリック薬品の問題点
3-2-1 薬用量の表記方法とメディケーションエラー
3-2-2 誤解を生みやすいラベル、商品名
3-3 使い方が難しい経口製剤の例

 

4.医療現場で評価される医薬品包装・表示デザインの例
4-1 キット製剤・プレフィルド製剤の医療現場での評価
4-2 ピッチ印刷によりリスク軽減が期待できる経口製剤の例
4-3 カードブリスターによりリスク軽減が期待できる経口製剤の例
4-4 イラストやシンボルマークの導入によりリスク軽減が期待できる経口製剤の例

 

5. 小児誤飲防止を目的とした新規PTP包装ならびにピクトグラムの創生に関する基礎的研究
5-1 小児による医薬品誤飲事故
5-2 チャイルドレジスタンス包装(CR包装)
5-3 CR包装に関するアンケート調査
5-4 医薬品誤飲防止ピクトグラムに関するアンケート調査

 

6.医薬品包装・表示デザイン改善策のヒント

 

□質疑応答□

 

<ご参加の皆さまへ>
このセミナーでは、より有意義なセミナーにさせていただくため、皆さまから、1.現場でのお困りの事例や、2.判断がつかずお悩みの事例、または、3.社内で判断に困っておられる事例などを募集いたします。
(※匿名、具体的名称などを伏せていただいて結構ですので、下記よりご連絡ください)

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【Live配信】 2021/12/20(月) 13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022/1/5(水) ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)

 

 

 

開催場所

【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※
【アーカイブ受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

 

受講料

一般受講:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)】

 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

定価:本体32,000円+税3,200円
E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円

※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を主催者サイトのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。
★【Live配信】【アーカイブ受講】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売