国内外の包装技術開発の最近事例とパッケージトレンド【提携セミナー】

国内外の包装技術開発の最近事例とパッケージトレンド【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/17(火)12:30~16:30
担当講師

住本充弘 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)
Covid-19 Pandemicによって変わってきた包装の
「機能面」「材料面」「供給面」に求められる視点とは?

 

国内外の包装技術開発の最近事例と

パッケージトレンド

 

 

《要求される機能、再生再利用の現状、先端技術利用事例など国内外の動きを交えて解説》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

Covid-19 Pandemicの中でも包装は、人々に安心と安全な製品を届ける役目を持っていると再認識され国内外で伸びている。包装の機能面では、消費者がスマホ利用でネットショッピングする傾向になり、connected package、鮮度保持包装、ロングライフ化の傾向となっている。包装材料面では、環境対応として再生再利用性、再生材料(circular polymers, circular resins)の要求が増大している。包材供給面では、小ロット~中ロット対応、短納期が求められている。先端技術利用分野では、AI, IoT、ロボット、リモートコントロールなどの利用が進んでいる。要求される新しい機能、再生再利用の国内外の現状、小ロット~中ロット対応のデジタル印刷及び新しいラミネート工程、先端技術利用事例など国内外の動きを説明する。

 

◆キーワード

包装,包装,フィルム,海外,ラミネート,講演,Web,LIVE,セミナー

 

担当講師

住本技術士事務所 所長 技術士(経営工学)  住本充弘 氏

 

《ご専門》
パッケージの開発、パッケージ加工技術を利用した産業部材の開発、
《ご略歴》
1967年3月 東北大学 理学部 化学科卒業
1967年4月 大日本印刷(株)入社 各種パッケージ開発及びシステム開発、バリアフリー、
ユニバーサルデザイン(user-friendly, accessible design package)、
RFID ,環境対応パッケージ等
2004年1月 大日本印刷(株)定年退社
2004年1月から現在 国内外でパッケージングのコンサルタント活動。
《ご活動》
・包装学会
・(公社)日本技術士会 会員 技術士包装物流会理事
・日本包装コンサルタント協会 理事
・日本包装管理士会
・海外との情報交換

 

セミナープログラム(予定)

はじめに
1.国内外の包装の大きな動き
-EUの動きは日本及びアジアの包装にも大きな影響を与える。
1.1 EUの動き
1.2 再生材料30%利用と英国の規制実施
1.3 パルプ及び紙の利用及び容器への展開の課題

 

2.プラスチックの再生再利用の課題
-熱心な世界の樹脂メーカー及び顧客の実証実験及び採用の動き。
2.1 ケミカルリサイクル
2.2 熱分解タイプ
2.3 ガス化タイプ
2.4 超臨界タイプ
2.5 その他の技術
2.6 マスバランス方式の利用

 

3.使用済み包材の回収及び選別の課題
-プラスチック及び紙素材のラミネート品への対応をどのようにするか
3.1 国内外の回収システムの事例
3.2 生産者拡大責任(EPR)
3.3 回収及び処理の想定
3.4 生分解性樹脂及びコンポスタブル樹脂への対応

 

4.再生材料利用の事例
4.1 海外事例
4.2 国内事例

 

5.求められる包装の機能の変化
5.1 Smart Package/Connected Package
5.2 センサー機能と鮮度保持
5.3 包装製品の市場追跡性及び偽造防止

 

6.ドイツ包装展 Fach Pack2021の注目技術
-サーキュラーエコノミー、デジタル化、eコマースなどのテーマが新たに加わっている。注目の技術を紹介する。

 

7.AlOx GEN IIテクノロジー(BOBST他参加)とは
-OPPや延伸HDPEフィルムへの蒸着技術による水蒸気及び酸素バリア性の向上事例

 

8.包装材料の供給体制
-デジタル印刷及び新しいラメネート加工技術の説明と海外の小ロット印刷の展開事例

 

9.先端技術の利用状況
-AI、IoT、ロボット、リモートコントロールなどの事例紹介

 

10.今後の方向性
今後の包装に必要な課題について考察する。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年05月17日(火) 12:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

資料付【PDFにて配布いたします】

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売