日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応【提携セミナー】

日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/8/28(水) 10:30~16:30 , 【アーカイブ配信】 2024/9/11(水) まで受付(視聴期間:9/11~9/26)
担当講師

藤井 均 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 -
受講費 通常申込:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円

日米欧における食品包装規制の

最新動向の把握と対応

 

《2025年6月1日完全施行のポジティブリスト制度導入をふまえて》

 

《国内での業界自主基準や食品衛生法の改正状況、

今後の動向、欧米での容器包装の法規制、日・米・欧の比較》

 

■日本:食品衛生法の改正、ポジティブリスト制度への適合■

■欧州:食品に接触することを意図した食品包装規制(プラスチック規則)■

■米国:食品包装規制(FFDCA、連邦規則集) 新規物質申請制度(FAP登録・FCN届出)■

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ

 

2025年6月1日に完全施行となるポジティブリスト制度
現行PL及び改編PL案について、リスク管理、ポジティブリスト形式・収載物質、対象範囲、規制(対象食品)を解説
日米欧の容器包装規制、および安全性試験・評価とその相違
 対象物質の範囲、具体的な仕組み、基準、届出、申請、経過措置等、、、
ポリマー、コーティング材、インク、フィルム、紙、接着剤、添加剤・塗布剤、金属・・・・
食品用容器包装・器具、食品製造装置、印刷機・・・・
各メーカーは何をどこまでやるべきか

 

セミナー趣旨

ポジティブリスト制度は、2020年6月1日施行され5年間の経過措置を経て、来年完全施行となる。完全施行後(2025年6月1日)は、ポジティブリスト形式、収載物質が改正されることとなった。食品衛生法で定めた器具・容器包装事業者の義務(①合成樹脂の器具・容器包装にはポジティブリスト収載原材料のみ使用②適正製造管理③情報伝達)は変更なく継続する。完全施行後のポジティブリスト改正は、2023年11月23日に公布され、ポリマーの規制(使用食品区分、使用温度)が撤廃され、ポジティブリスト対象樹脂は、現行71分類から21分類に統合された。ポジティブリスト収載物質は、高分子は構成するモノマーに変更となり、添加剤は、天然由来物質、無機物などがポジティブリストの対象外となる。現行ポジティブリスト収載物質は、改正ポジティブリストでカバーされているが、改正ポジティブリスト適合の確認は必要である。さらに、ポジティブリスト制度の導入に伴い、現行の器具容器包装の規格基準とポジティブリストの整合性から、合成樹脂規格及び用途別規格の改正、削除案が出された。

 

本講演では、現行及び完全施行後のポジティブリスト制度を詳細に説明する。日本、欧州、米国の容器包装規制、および安全性試験・評価について説明し、その違いについて述べる。欧州では、事業者は、食品に接触する素材および製品を「適正製造基準(GMP)」に基づき正しく製造し、「プラスチック規則」に適合していることを確認し、「適合宣言書」を発行して安全性を宣言することが求められる。このプラスチック規則を説明し、この欧州規則への適合性の確認手順について概説する。米国では、食品接触材として連邦規則又はFCN届出制度に適合した物質を使用し、「適正製造基準」に従って、器具・容器包装を製造することが求められる。連邦食品医薬品化粧品法、及び規格・基準を定めた連邦規則集により、接着剤・コーティング剤、紙・板紙、プラスチックポリマーの個別規格、添加剤等の規格、及び申請制度である、FDA登録制度、FCN届出制度、及び安全性の判断基準につい述べる。日本、欧州、米国との、ポジティブリスト制度における、対象物質、GMP、情報伝達、新規物質申請制度の比較を行い、安全性に関する考え方の違いについて説明する。

 

得られる知識

  • 日本:食品衛生法の改正、ポジティブリスト制度への適合
  • 欧州:食品に接触することを意図した食品包装規制(プラスチック規則)
  • 米国:食品包装規制(FFDCA、連邦規則集) 新規物質申請制度(FAP登録・FCN届出)

 

担当講師

藤井包装技術事務所 所長 藤井 均 氏

 

※元大日本印刷(株)

 

セミナープログラム(予定)

1.日本における食品用器具・容器包装規制
1.1 食品衛生法の改正
(1)改正食品衛生法体系(法律、政省令、告示)
(2)ポジティブリスト制度概要
(3)ポジティブリスト制度での事業者の義務
①器具容器包装の原材料をポジティブリスト収載物質に限定
②器具又は容器包装を製造する営業の施設の衛生的な管理(GMP)
③情報伝達
a.PL制度適合
b.食品衛生法適合
c.経過措置適合
④器具・容器包装製造事業者の届出
1.2 現行ポジティブリスト(2025年5月31日まで)
(1)一般規格
(2)ポジティブリスト規定方法・形式
(3)ポジティブリスト収載物質
①ポリマー
②コーティング材
③添加剤、塗布剤
1.3 完全施行後ポジティブリスト(2025.年6月1日以降)
(1)ポジティブリスト改正公布(2023年11月30日)
(2)対象範囲改正
(3)規制の撤廃
(4)ポジティブリスト規定方法
①使用可能樹脂の新グループ化
②ポジティブリスト新形式
(5)ポジティブリスト収載物質改正
①ポリマー(コーティング材含む)
ポリマー樹脂
樹脂の構成モノマー
②添加剤
1.4 食品衛生法の合成樹脂規格基準改正案
(1)一般食品用合成樹脂規格基準の改正
(2)器具・容器包装用途別規格の改正
1.5 既存物質の規格改正申請及び新規物質申請
(1)既存物質の規格の改正
(2)新規物質申請
1.6 ポジティブリスト対象範囲各論

 

2.欧州における容器包装の法規制
2.1 欧州総括的規則
2.2 食品と接触することを意図した材料および物品の適正製造基準(GMP)
2.3 プラスチック規則
(1)プラスチック材料および製品の欧州市場投入
(2)ポジティブリスト
①認可されたモノマー、他の出発物質、微生物醗酵高分子
②添加剤、製造助剤
③化学物質のグループ規制
(3)材料及び製品への規制
(4)食品疑似溶媒
(5)多層材料及び製品のEU規則
(6)適合性試験
①特殊移行量試験
②総移行量試験、
(7)適合宣言
2.4 プラスチック規則ガイドライン
対象範囲、接着剤・印刷インキ、抗菌剤等
2.5 サプライチェーンの情報に関するガイドライン
①適合宣言伝達方法、義務事業者
②適合宣言事例
2.6 新規物質の申請
2.7 安全性評価

 

3.米国における容器包装の法規制
3.1 連邦食品医薬品化粧品法
3.2 連邦規則集(ポジティブリスト)
(1)一般規則
(2)適正製造基準
(3)接着剤、コーティング材
(4)紙・板紙
①溶出試験
②食品分類・疑似溶媒
(5)ポリマー
①オレフィンポリマー
②ナイロン樹脂
(6)ラミネート品
(7)添加剤、製造助剤
3.3 FDA認可申請制度
3.4 FCN届出制度
(1)FCN届出範囲
(2)移行試験・推定1日摂取量
(3)毒性試験
(4)安全性評価

 

4.日・米・欧のポジティブリスト制度比較
(1)ポジティブリスト制度・GMP・情報伝達等
(2)新規物質申請制度
(3)再生プラスチックの容器包装使用規制

 

□質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【Live配信】2024年8月28日(水)  10:30~16:30

【アーカイブ配信】 2024年9月11日(水)  まで受付(視聴期間:9/11~9/26)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

一般受講:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料

2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額27,500円)

 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:41,800円/E-mail案内登録価格 39,820円 )

 

定価:本体38,000円+税3,800円/E-mail案内登録価格:本体36,200円+税3,620円

 

※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

PDFデータ(印刷可・編集不可)
※ライブ配信受講は開催2日前を目安にS&T会員のマイページよりダウンロード可となります。
※アーカイブ配信受講は配信開始日からダウンロード可となります。

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

※【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売