衝撃工学の基礎知識と衝撃材料試験法【提携セミナー】

衝撃

衝撃工学の基礎知識と衝撃材料試験法【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

田邊 裕治 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

衝撃工学の基礎知識と衝撃材料試験法

 

≪材料力学の基礎、衝撃力学の基礎、衝撃材料試験法≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

機械・構造物の一部に衝撃荷重が作用すると応力波が生じ,その応力波は機械・構造物内部を高速で伝ぱすることが知られています。つまり「波の伝ぱ」現象として衝撃荷重を考えることが基本となります。そして,構造物は有限寸法であることから,その境界部では応力波の反射・透過挙動が起こり,結果として構造物内部は極めて複雑な応力状態になります。
特に,端部が拘束されていると反射波の重なりのために応力が高まり,静荷重の場合からは予想し難い破壊に至る可能性があります。この点が,一般に衝撃荷重は静荷重に比べて危険であるという所以で,耐衝撃性という強度確保の観点からは有限寸法の構造物における動的な応力状態(応力の時間変化)を明らかにする必要があります。
本セミナーでは「波の伝ぱ」現象としての衝撃問題をどう理解し,どのように強度設計に役立てていくのかを解説し,考えていきたいと思います。

 

◆習得できる知識

○衝撃荷重と強度に対する正しい理解
○衝撃荷重に対する強度設計のポイント

 

◆受講対象

製造業務にたずさわって2~3年の若手技術者や新人の方,衝撃問題に興味のある大学院学生(博士課程)

 

◆必要な前提知識

基礎から解説しますが,力学の基礎知識(高校の物理レベル)があると良いでしょう。

 

◆キーワード

材料工学,力学,衝撃,試験法,測定法,ホプキンソン棒法,セミナー,講演

 

 

担当講師

国立大学法人 新潟大学 経営戦略本部学長室 大学院改革推進室
学長特別補佐 工学博士 田邊 裕治 氏

 

【ご専門】
材料力学,バイオメカニクス

【ご略歴】
日本実験力学会 会長(2019〜)
日本臨床バイオメカニクス学会 理事(2017〜)
日本材料学会 衝撃部門委員会 委員
日本非破壊検査協会 応力・ひずみ分科会 委員

 

セミナープログラム(予定)

1.材料力学の基礎
1-1 応力とひずみ
1-2 フックの法則
1-3 強度の基本的考え方

 

2.衝撃力学の基礎
2-1 衝撃応力に対する従来の考え方
2-2 弾性波とその伝ぱ
2-3 縦衝撃を受ける弾性棒
2-4 衝撃ねじり
2-5 数値解析法とその応用

 

3.衝撃材料試験法
3-1 衝撃応力の測定法
3-2 ホプキンソン棒法衝撃試験

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・資料付

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売