水電解によるグリーン水素製造技術【提携セミナー】

水電解によるグリーン水素製造技術の動向と今後の展望セミナー

水電解によるグリーン水素製造技術【提携セミナー】

開催日時 2022/1/14(金)10:30-16:30
担当講師

八木 政行 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 47,300円
★水素エネルギー開発及び水素エネルギー技術に関する現状・基礎知識を把握!
★特に注目のグリーン水素製造技術について、装置・部材等の最新動向もふまえ解説します!

 

水電解によるグリーン水素製造技術

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

2020年10月,菅内閣総理大臣は脱炭素社会の実現を目指して、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」をまとめた。これらの課題対策を経済成長に取り込む戦略は世界の大きな潮流であり,カーボンニュートラル実現に向けて,社会の関心が高まっている。

 

カーボンニュートラル実現のため、水素エネルギー技術・中でもグリーン水素製造技術は大きな注目を集めているが、その実現には電気分解能力の向上が不可欠であり、国内外で研究が加速している。
本セミナーでは、水素エネルギー開発及び水素エネルギー技術の現状を概観した後、特に水電解によるグリーン水素製造技術に焦点を当て、その動向と今後の展望について講演する。

 

◆受講後、習得できること

  • 水素エネルギー開発及び水素エネルギー技術に関する現状・基礎知識
  • 水電解によるグリーン水素製造技術の基礎知識や基本プロセス
  • 水電解水素製造装置の開発動向と課題
    など

 

◆受講対象者

  • グリーン水素製造に興味のある方
  • 関連の装置・部材メーカー担当者
    など

 

担当講師

新潟大学 自然科学系 教授 博士(工学)  八木 政行 氏

 

セミナープログラム(予定)

1. 水素エネルギー開発に関する各国の取り組みと市場動向
・水素とは
・水素エネルギー開発に関する日本の政策と取り組み
・水素エネルギー開発に関する各国の政策と取り組み
・水素エネルギーの市場の現状と展望

 

2. 水素エネルギー製造・利用における要素技術とその現状・課題
・水素エネルギー技術の全体像
・水素製造技術
・水素輸送・貯蔵技術
・水素供給技術
・水素利用技術

 

3. 水電解水素製造装置の原理から最新技術まで
・水電解とは
・水電解による水素製造の基本プロセス
・水電解水素製造装置の市場の現状と展望
・水電解水素製造装置の種類・構造と作動原理
・水電解水素製造装置の技術課題

 

4. 高効率水電解水素製造に向けた装置・部材の最先端研究動向
・アノード触媒
・カソード触媒
・電解質および電解質膜
・システム化

 

5. 水素社会実現を目指して
・まとめ

 

<質疑応答>

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年1月14日(金) 10:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】

47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について
●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売