(1日で学べる)食品包装・化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント【提携セミナー】

食品

(1日で学べる)食品包装・化粧品包装に関わる国内外法規制の最新動向と実務対応上のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2023/1/18(水) 10:30-16:30
担当講師

西 秀樹 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 ※『食品化粧品包装(1月18日)』のみのお申込みの場合
【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

★日米欧含め諸外国の最新法規制動向及び実務対応上の留意点を踏まえて解説。

★1月25日セミナー「医薬品医療機器包装の日欧米三極法規制」も是非参加下さい。

 

(1日で学べる)

食品包装・化粧品包装に関わる国内外法規制の

最新動向と実務対応上のポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


1月25日『(1日で学べる)医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応上のポイント』とセットで受講が可能です。

 

日本では2020年6月の食品衛生法改正により樹脂のPL(ポジティブリスト)制度が施行されたが、厚労省は早くもPL改編案を審議中である。4つのPLの統廃合、ポリマー命名法改正、モノマーのコード化等がテーマであるが、PL適合証明の浸透も未だ不充分の様であり、特に海外メーカーからのPL適合証明は難航が見られる。再生プラスチックは、現状は国の承認が無いまま工業化が進んでいるが、厚労省は指針の見直しに着手した。又、溶出条件改正等の課題は未だ手付かずであり、欧米とは大きな差があるのが現状である。

 

EUではプラスチックの規則が略完成し、印刷インキはスイスのPLを基に審議中である。米国は、製品別登録制度が定着し、中国はEU寄りの国家標準改正を急ピッチで進行中である。ASEANは、2021年4月にEU類似のガイドラインを公表し、近い将来アジアはEU色に染まりそうである。世界の大勢としては、EU規則使用国が増え、EU規則が世界標準的存在になった。

 

化粧品包装においては、ISOにおけるGMPとガイドラインが基本であるが、欧州では工業会が包装材料の情報提供に関する自主基準を制定し、全世界への波及が注目される。

 

本講では、国内外における食品・化粧品包装の最新動向、包装材料の安全の考え方、企業におけるリスク管理の進め方と実務対応上のポイントをご紹介したい。

 

◆ 受講後、習得できること

食品包装材料の種類と割合、食品衛生法、業界自主基準、PL制度化、食品安全委員会、欧州食品安全機関、EU規則、米国食品医薬品局、化粧品容器規制、包装材料に含まれる化学物質と健康影響要因、企業におけるリスク管理の進め方、法規制情報入手方法

 

担当講師

日本包装專士会 元会長 西 秀樹氏

 

セミナープログラム(予定)

1.初めに-包装を取り巻く環境-

 

2.日本の食品包装法規制類
2.1 食品包装における材料別使用割合と製品例
2.2 食品衛生法の現状と課題
2.3 業界自主基準(接着剤、印刷インキ、紙等)の現状と課題

 

3.米国の食品包装規制
3.1 規制の体系とプラスチック規制の概要、紙と接着剤のPL
3.2 上市前届け出制度の状況

 

4.欧州(EU)の食品包装規制
4.1 審議体制と食品接触物質、プラスチック規則の概要
4.2 スイスの印刷インキのPLとEUの審議状況、ビスフェノールA問題

 

5.日本の課題と国際的整合化に向けた進捗状況
5.1 日欧米の現状比較と厚労省の8つの課題
5.2 PL制度化の対象と4つのPL、経過措置期間
5.3 PL適合情報伝達、PL適合証明の事例、印刷インキ工業会の事例、海外企業の例
5.4 PL改編案の概要と今後の見込み、企業としての対応と留意点
5.5 再生プラスチックの審議と工業化の事例、厚労省の指針見直し状況

 

6.海外諸国の法規制の最新動向
6.1 カナダ、中国、韓国、台湾、ASEANのガイドライン、タイ、インド、ベトナム等
6.2 オセアニア、湾岸諸国、南米南部共同市場諸国(メルコスール)等

 

7.食品包装規制の国際的最新動向のまとめと実務対応上のポイント

 

8.化粧品包装規制
8.1 化粧品に関するISOとGMP・日欧米の法規制
8.2 EU化粧品工業会の情報提供自主基準制定と日本への影響

 

9.包装材料に含まれる化学物質と企業におけるリスク管理の進め方

 

10.まとめ-企業の対応・実務対応上のポイント-

 

11.法規制情報の調査方法

 

12.参考資料及び参考文献・情報入手先

 

(質疑応答)

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023年1月18日(水) 10:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

受講料

『食品化粧品包装(1月18日)』のみのお申込みの場合
【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 

『医薬品医療機器包装(1月25日)』と合わせてお申込みの場合
(同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名72,600円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名81,400円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき70,400円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

備考

配布資料・講師への質問等について

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
 (開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【1月18日のみ参加/見逃視聴なし】、【1月18日のみ参加/見逃視聴あり】、【2023年1月18日/1月25日 両日参加/見逃視聴なし】、【2023年1月18日/1月25日 両日参加/見逃視聴あり】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売