中国における食品接触材料関連法規制の最新動向と情報収集【提携セミナー】

医薬品開発QMSの解釈とSOPマネジメント

中国における食品接触材料関連法規制の最新動向と情報収集【提携セミナー】

開催日時 2024/4/25(木) 13:00-16:00
担当講師

蘇 玉伶 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:36,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:41,800円

☆変化の激しい中国における食品接触材関連法規について、最新動向をキャッチ!

☆製品・原料ごとに決められた細かな基準を丁寧に解説します

☆中国への輸出の際、気を付けなければいけないポイントとは

 

中国における食品接触材料関連法規制の

最新動向と情報収集

 

≪トラブルなく製品を輸出するために必要な企業対応≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

中国における食品接触材料及び製品に関する規制は2015年の食品安全法改正により、危険性が高い食品関連製品の生産者に対し、工業製品の生産許可証の取得が義務化された。2016年の改正により、各材料共に規格が大きく変わり、特にプラスチックの溶出試験条件と総移行量の規格が改正されたので、企業は確実な対応が必要となる。更に食品接触輸入製品治験監督作業規範が施行され、中国国内の輸入業者に対し、適合宣言、食品接触材料の説明、トレーサビリティ制度の資料等が義務化された。2023年9月25日には5種類の製品基準の改正と2種類の製品基準が新規発表され、2023年10月2種類の材質について2021年から引き続き、一部内容について新しくパブリックコメントを収集し始めた。よって、本セミナーは中国食品接触材料及び製品の最新基準(改正点の解説も含む)と食品接触材料用樹脂、添加物及び最終製品の生産企業が中国へ関連製品を輸出するためにやるべきことについて具体的に解説する。

 

◆受講後、習得できること

①中国における輸入食品接触材料及び製品の規制体制が把握できる。
②中国の食品接触材料及び製品の事前届出制度が把握できる。
③中国の食品接触材料及び製品の最新基準の概要が把握できる。
④中国の食品接触材料及び製品の添加物使用基準の概要が把握できる。

 

◆本テーマ関連法規・ガイドラインなど

中国輸入食品接触製品検験監督管理規範
中国食品接触材料及び製品基準(GB4806.1~14)
中国食品接触材料及び製品の添加物使用基準(GB9685)
中国食品接触材料及び製品適合性声明通則(T/CNFIA 162-2022)

 

◆講演中のキーワード

食品接触材料輸出、輸出規制、中国向け輸出、中国食品接触材料GB基準、中国声明書、中国モニタリング検査、通関トラブル、中国食品接触材料届出、食品接触材料生産企業対応、最新規制

 

担当講師

SOMPOリスクマネジメント株式会社 危機管理コンサルティング部 顧問

株式会社WORSO 代表 蘇 玉伶 先生

 

■経歴
蘇 玉伶 先生
2012年 東京海洋大学 博士後期課程 修了
2012年―2021年 厚生労働省登録検査機関で日中食品輸出・輸入の規制に関するコンサルティング業務、日本向け食品輸出工場の品質管理及び関連試験室の精度管理のサポート業務に従事。
2021年11月 SOMPOリスクマネジメント株式会社の顧問として中国向け食品輸出に関するコンサルティングに従事。
2022年5月 CCIC・JAPAN株式会社で日中食品輸出・輸入及び中国向け化粧品の規制に関するコンサルティング業務に従事。

2023年5月 株式会社WORSO設立 中国向け食品輸出専門家育成及びコンサルティング業務に従事

 

■専門および得意な分野・研究
食品と化粧品関連、中国と日本の輸出・輸入

 

セミナープログラム(予定)

1.中国輸入食品接触材料の監視体制
1)中国食品接触材料監視組織及び役割分担
2)輸入食品接触材料及び製品の監視体制
3)中国接触材料及び製品の届出制度

 

2.中国輸入食品接触材料の関連基準
1)輸入食品接触材料の関連基準体系
2)その他基準

 

3.中国食品接触材料国家基準(GB4806.1~11)の解説
通用安全要求(GB4806.1)
おしゃぶりの基準(GB4806.2)
ホーロー引きの基準(GB4806.3)
セラミックの基準(GB4806.4)
ガラスの基準(GB4806.5)
樹脂原料の基準(GB4806.6)廃止
樹脂製品の基準(GB4806.7)改正点
紙・段ボールの基準(GB4806.8)
金属の基準(GB4806.9)改正点
塗料及び塗膜の基準(GB4806.10)
ゴムの基準(GB4806.11)改正点
竹の基準(GB4806.12)
食品接触用複合材料及び製品(GB4806.13)/GB9683‐1988廃止
食品接触材料及び製品用インク(GB4806.14)全体改正

 

4.中国食品接触材料及び製品用添加物の使用基準(GB9685)の解説
1)食品接触材料及び製品用添加物の使用原則
2)食品接触材料及び製品用添加物の使用規定
3)食品接触材料及び製品に使用可能な添加物及び使用基準

 

5.食品接触材料を輸出の際の留意点
1)食品接触材料用樹脂生産工場の対応
2)食品接触材料用添加物生産工場の対応
3)食品接触材料最終製品生産工場の対応

 

6.最新法規制の情報収集方法

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年4月25日(木) 13:00-16:00

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名36,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき25,300円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

★ 見逃し視聴

については、こちらをご参照ください

 

備考

※配布資料等について

●配布資料はPDF等のデータで配布致します。ダウンロード方法等はメールでご案内致します。

  • 配布資料に関するご案内は、開催1週前~前日を目安にご連絡致します。
  • 準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
  • セミナー資料の再配布は対応できかねます。必ず期限内にダウンロードください。

 

●当日、可能な範囲でご質問にお答えします。(全ての質問にお答えできない可能性もございます。何卒ご了承ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売などは禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売