幾何公差(GPS)の基礎と使い方【提携セミナー】

幾何公差の基礎

幾何公差(GPS)の基礎と使い方【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

金田 徹 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

幾何公差の図示の経験があまりない方や

「サイズ公差」が初耳の方へ分かり易く解説します!

 

幾何公差(GPS)の基礎と使い方

 

《サイズ公差と幾何公差との使い分けおよびその指示法》

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

国際標準化機構(ISO)のGPS(製品の幾何特性仕様)に関する規格開発は活発で,多くのISO規格が更新あるいは制定されている。一方,JISにも幾何公差を規定するものはあるが,多くが1990~2000年前後に制定・改定されたままの状態であり,規定内容の差が目立つ状態である。最近,その状況を少しでも解決すべく,優先順位をつけて重要なISO/GPS規格を対象にJIS化する活動も活発になっている。

 

この状況において,ISO/GPS規格の基本的方針を説明した上で,最近規定された“サイズ形体”だけに適用する“サイズ公差”の指示法の概要を述べる。その中で,従来の“寸法公差”を“サイズ公差”に用語変更した経緯も説明し,寸法の概念を改めて考えるきっかけを与えたい。
さらに,幾何偏差(真直度・円筒度などの形状偏差,平行度・傾斜度などの姿勢偏差,位置度,対称度などの位置偏差および振れ偏差)を規制するための幾何公差の指示法の概要を述べ,単純な指示例の解釈を説明する。

 

◆ 受講対象・レベル

  • 精密電機・機械工業分野の技術者
  • 幾何公差の図示の経験があまりない方
  • 「サイズ公差」が初耳の方

 

◆ 必要な予備知識

  • JIS B 0001 機械製図(2019年版が最新)による図面は描けることが前提です。

 

◆ 習得できる知識

  • 現行JISによるサイズ公差と幾何公差との使い分けおよびその指示法が習得できる。

 

◆ キーワード

  • 幾何公差,サイズ公差,GPS,基礎,指示法,使い方,セミナー,講演

 

担当講師

関東学院大学 理工学部理工学科 機械学系 教授 工学博士 金田 徹 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 ISO/TC10およびISO/TC213が取り扱う規格

 

2 経産省のJIS化の方針

 

3 JISハンドブック製図

 

4 GPS規格の必要性

 

5 図示(寸法の公差の指示)の解釈があいまいになる例

 

6 サイズ(サイズ形体の大きさ)にはサイズ公差と距離・位置には幾何公差

 

7 JIS B 0420-1 寸法の公差表示方式-長さに関わるサイズ

 

8 普通(寸法)公差 JIS B 0405

 

9 形体および幾何偏差
9-1 形状偏差(真直度・平面度・真円度・円筒度・線の輪郭度・面の輪郭度)
9-2 姿勢偏差(平行度・直角度・傾斜度・線の輪郭度・面の輪郭度)
9-3 位置偏差(位置度・同心度・同軸度・対称度・線の輪郭度・面の輪郭度)
9-4 振れ偏差(円周振れ・全振れ)

 

10 幾何公差
10-1 TED
10-2 データム
10-3 データムターゲット
10-4 特性記号
10-5 公差記入枠
10-6 公差域

 

11 寸法の公差(サイズ公差)と幾何公差との使い分け
11-1 包絡の条件
11-2 最大実体公差方式
11-3 機能ゲージ
11-4 その他

 

12 普通(幾何公差)JIS B 0419

 

13 単純な図示事例

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 資料付
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売