機械図面の読み方(eラーニング)

簡単な図面例

機械図面の読み方(eラーニング)

本講座の狙い

図面は、設計者の意図をものづくりに正しく反映させるための伝達手段であり、すなわち顧客の要求を満足する具体的なものの姿形を表すための大切な手段です。

「機械図面の読み方」の講座概要

図面は、設計者の意図をものづくりに正しく反映させるための伝達手段であり、すなわち顧客の要求を満足する具体的なものの姿形を表すための大切な手段です。図面には、ものの形、大きさ、精度、表面の形状、仕上げ程度など、顧客要求を実現するための情報がすべて盛り込まれています。したがって、図面は設計者と製造者の間の重要なコミニュケーションツールであり、設計図面を受け取る側は、設計意図通りのものを適確に製造するために図面を正しく読む力が要求されます。

本e-ラーニング講座を受講することにより、投影図・三角法など立体的形状のものを図面に表す原理、寸法表示の規則、断面図などいろいろな図形表示の方法、寸法公差・はめ合い、幾何公差、表面形状など図面に記載されるいろいろな記号とその意味、について学ぶことにより機械図面の基本的な読み方を習得することが可能です。

生産技術、生産管理、製造現場など、設計図面を受けとってものづくりに反映させる立場の新入社員、若手社員に最適な講座です。営業・総務など文系学部卒業で機械図面にこれまでなじみのなかった新入社員、若手社員にも、メーカ勤務するうえで機械図面を読む基礎知識は有益であり、好適な講座です。

 

本講座の狙い

  • 立体的な形状を図面に表す方法を知る。
  • 様々な図形表示方法を知る
  • 寸法表示方法を知る
  • 図面に示される様々な記号の意味を知る

 

想定受講者

  • 生産技術、生産管理など設計から出図された図面を読む立場の新入社員、若手社員
  • 製造現場など、設計から出図された図面に基づき、ものづくりをする職場の新入社員、若手社員
  • 機械図面になじみのない文系学部卒業の新入社員、若手社員

 

簡単な図面例
第三角法による製図
第一角法による製図

主な項目

図面の基礎
  • 図面に用いる線
  • 投影図
  • 第三角法と第一角法
  • 矢視図

 

図形の表し方
  • 断面の図示
  • 対称図形
  • 図形の省略

 

寸法の表示
  • 寸法数字の記入
  • 寸法線と引き出し線
  • 穴の寸法表示
  • 直径と円弧寸法の表示
  • 面取り加工
  • 基準面からの寸法表示

 

寸法公差とはめ合い
  • 公差表示のない寸法と普通寸法許容差
  • はめ合いとその種類
  • はめ合い公差

 

幾何公差
  • 幾何公差の記号
  • 製作図に記載する幾何公差

 

表面形状
  • 表面粗さ
  • 表面形状の図示記号
  • 表面形状の図示例

 

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売