公差設計入門【提携セミナー】

公差設計入門セミナー

公差設計入門【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/6/17(金)13:00~17:00
担当講師

北沢 喜一 氏

開催場所

Microsoft Teamsによるオンライン受講

定員 8名
受講費 25,000円(税込)

 

公差設計入門

 

 

【提携セミナー】

主催:オンラインセミナー&電子書籍株式会社

 


 

設計においては、各部品が公差いっぱいばらついたとしても、製品の機能が確保できるようにしなければなりません。そのためには公差計算を行い、加工コストとのバランスを取りながら寸法や公差を設定していく必要があります。この一連の作業が公差設計です。

 

本講座は、上記の作業を実践できるようになるために必要な知識を習得するための講座です。

 

主な対象者

  • これから公差設計について学ぶ方

 

期待される効果

  • 加工コストとのバランスを取りながら寸法や公差を設定していく作業を実践できるようになるために必要な知識を習得できます。

 

担当講師

北沢 喜一 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 公差設計の概要
1.1 公差計算の具体的な例
1.2 公差設計のメリット
1.3 検図について
1.4 公差設計の流れ
1.5 公差とコスト
1.6 公差設計のPDCA
1.7 普通公差
1.8 公差の課題を解決する
1.8.1 設計作業終盤のワークフロー
1.8.2 FMEAの具体的事例
1.8.3 リスクマネジメトからの要求

 

2 公差設計と幾何公差 (GD&T)
2.1 GD&T (幾何的寸法許容差設定および表示表)
2.2 JISの改訂
2.2.1 サイズ公差と幾何公差
2.2.2 JIS改訂で変わった用語
2.3 ISOとASME

 

3 正規分布と工程能力指数
3.1 正規分布の性質
3.1.1 公差とばらつき
3.1.2 正規分布とは
3.1.3 母集団とサンプル
3.1.4 平均値と標準偏差の求め方
3.1.5 正規分布の表し方
3.1.6 正規分布の性質
3.2 不良率の推定
3.2.1 不良率の求め方
3.2.2 正規分布の規準化
3.3 工程能力指数
3.3.1 Cp
3.3.2 Cpk
3.3.3 CpとCpkの使い分け

 

4 統計的取り扱いと公差の計算
4.1 分散の加法性
4.2 統計的取り扱いと公差の計算
4.2.1 互換性と不完全互換性
4.2.2 【例題1】~【例題4】
4.3 公差設計のPDCAまとめ
4.4 さまざまな公差の計算方法

 

5 公差設計の実践レベル
5.1 不良率の計算事例
5.2 幾何公差の公差計算事例
5.3 ガタとレバー比の考え方

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年6月17日(金)13: 00~17:00 (適宜休憩時間あり)

 

開催場所

Microsoft Teamsによるオンライン受講

 

受講料

25,000円(税込)

 

配布資料

電子テキスト

お客様の決済後に登録メールへ電子テキストにアクセスする接続URL、ログインID、パスワードをセミナー前に送付します。

 

備考

ご準備いただくもの

  • PC(※インターネットに常時接続可能な環境が必須です。)
  • 関数電卓
  • 筆記用具

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売