新規モダリティ医薬事業価値最大化のための薬価戦略・事業化戦略策定のポイント【提携セミナー】

新規モダリティ医薬事業価値最大化のための薬価戦略・事業化戦略策定のポイント【提携セミナー】

開催日時 【LIVE配信】2024/6/11(火) 13:00~16:30 , 【アーカイブ配信】6/13~6//19 (何度でも受講可能)
担当講師

長江 敏男 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

R&D段階で事業価値評価、成否の分かれ目は何処?

課題解決案生々しい現場を出来る限り再現!!

 

新規モダリティ医薬事業価値最大化のための薬価戦略・

事業化戦略策定のポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

演者はSONYを中心とする現役OB勉強会にメンバーとしてコロナ迄に30回以上参加したが、失敗を闇から闇に葬って、活かさないことが多いと指摘された。その後に元役員から活字化されたが、同様なことは製薬業界においても多い。なぜ失敗が多く、十分活かされていないと言えるか?演者は製薬企業対製薬企業がWin-Winを目指しながら失敗した多くの事例で裁判所の開示命令によるエビデンスに基づき、機会損失による損害賠償請求の可否、同賠償額の算定と根拠など専門家意見調書を裁判所に提出しました。

 

インサイダー情報は開示出来ませんが、複数の事例にほぼ共通する失敗原因と教訓を中心に体系化して講演します。講演Q&Aの中では、ドギツイ生々しい経験をしたからこそ体系化して話せる内容、Q&Aに応答できる内容が多々あります。その前に私自身が外資系マーケティングの時、力量不足なくせに、小さな成功でいい気になって、巨額の損失を会社に与えて責められました。それでもチャンスを与えられ続けて、失敗を糧にチームとして大成功事例も多々あり、2024に至っています。Q&A展開次第では貴重な経験談も飛び出します。突っ込み質問を誘発しているようですみません。

 

◆キーワード

薬価、事業化戦略、価値最大化、創薬、ライセンス、WEB、セミナー

 

担当講師

Pharma Business Consultant, ペプチドリーム,HMT社外取締役、岐阜薬科大学客員教授 長江 敏男 氏

 

《専門》
R&Dプロジェクト薬価/事業化戦略、価値最大化、マーケティング、能力開発

 

《略歴》
CDA秘密保持契約に基づき内外資系企業のセカンドオピニオン、R&D/Licenseプロジェクトチーム・メンバーとして薬価戦略、事業価値最大化戦略などを提案、ノウハウを共有/移転中。企業内およびコンサルタントとして、100品目以上を実行分担、百戦錬磨(百折不撓)続行中。日仏研究交流促進、 製薬企業対製薬企業の機会損失損害賠償を求めた欧州・米国・アジアパシフィックにおける、夫々別な裁判に対して、各請求の妥当根拠、夫々の損失額算定など Independent Expert Reports を提出した。
2022年1月 日本DDS学会誌「不に応答するDDS、臨床応用と事業化推進」 6月 同学会パネル討論
2020年12月 PharmStage 「Re-positioning医薬 臨床開発前から薬価を含む事業化戦略」
2017年9月 日本DDS学会誌「日本発創薬/DDSをグローバル市場で価値最大化、目利き視点から」
2017年6月 日本薬学会ファルマシア Opinion「創薬研究から価値創出、事業価値評価の役割」。
2016 日本薬剤学会講演「製剤創剤を含む新医薬品の事業価値最大化、課題と解決代替案」&(臨床開発パラダイムシフト・パネル討論)。 2015日本化学会(先端テクノロジー部門)基調講演「日本発創薬をグローバル市場で価値最大化、課題と解決代替案、目利き視点から」
ISPOR医薬経済学会インターナショナルシンポジウム2007日米パネルディスカッション日本側討論者、同2005日本代表講演者、2005 DIA(Washington DC)で“Value Optimization of Medical Products reflecting Development & Marketing Strategies” チェアーパーソン。International Pharma Licensing Symposiaなど、日欧米学会・シンポジウムなどで、講演パネル討論や関連論文多数。 (サノフィ)アベンティス執行役員メディカル/マーケティング部長、同人事/能力開発部長、コンサルタント会社、外資系企業幹部役員等を歴任。京都大学院薬学/立命館大学院経済客員研究員夫々2年終了、岐阜薬科大学卒業。

 

セミナープログラム(予定)

1.R&D段階で事業化戦略

 

2.同価値定量評価GO/No-go提案者のよくあるクセ特徴?

 

3.R&D間のインタラクション、R&Dと事業化の間でインタラクション、よくある落とし穴?

 

4.臨床開発シナリオと薬価戦略

 

5.価値最大化の成否の分かれ目はどこか?

 

6.ライセンス導出/導入の主な成否要因は何か?

 

7.Win-Win実現を目指しながら逆に?

 

8.グローバル臨床開発戦略と薬価戦略の整合性 
繋がりは同開発前が勝負時、後では遅い?

 

9.薬事承認申請戦略と希望薬価申請戦略の整合性
自他の経験、一部の業界通念は痛念に?

 

10.希望薬価収載申請準備の基本方針
臨床開発プロトコールのデザイン段階から必要?

 

11.上記が重要だと示唆する事例紹介
開示された中医協薬価収載資料を切り口とします

 

12.臨床開発前のTPP
薬価戦略に基づき希望薬価の予測はほぼ可能
GO/No-goに反映

 

13.多変数定量予測モデリング概略
Product-X投与患者数、薬価、R&Dコスト、営業利益

 

14.R&D事業化戦略インタラクションで見られる人間像キャラクター、無くて7クセ??

 

スケジュール

13:00~14:20講演
14:20~14:30休憩
14:30~16:00講演
16:00~16:30Q&A、ディスカッション

※個別質問も承っております。個別の質疑応答をご希望の方はお申しつけ下さいませ。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2024/6/11(火) 13:00~16:30

【アーカイブ配信】6/13~6//19 (何度でも受講可能)

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

 

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。ご自宅への送付を希望の方はメッセージ欄にご住所などをご記入ください。
    セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売