医療機器におけるユーザビリティエンジニアリング(UE)適用のポイント【提携セミナー】

医療機器ユーザビリティエンジニアリングセミナー

医療機器におけるユーザビリティエンジニアリング(UE)適用のポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 【LIVE配信】2023/12/12(火)13:00~16:30 , 【アーカイブ配信受講】12/14~12/20
担当講師

宇野 宏志 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

☆各作業(構想・設計・検証・妥当性確認)のおけるポイントとは??

☆ユーザビリティ規制の日本と欧米の違いについても解説!

 

医療機器における

ユーザビリティエンジニアリング(UE)適用のポイント

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

規格への適合に向けて、規格要求事項をさらに理解する、各作業(構想・設計・検証・妥当性確認)ステップにおけるポイント、文書記録(計画書・記録類)の整備の仕方、などに加えて対応事例の紹介し、さらにはユーザビリティ規制の日本と欧米の違いについても解説します。

 

◆習得できる知識

☆ユーザビリティエンジニアリング(UE)規格の要求事項
☆UEが要求する形成的評価・総括的評価の方法
☆UE報告書に記述する事項
☆リスクマネジメント規格やQMS規格との連携
☆欧米のユーザビリティ規格の主な要求事項

 

◆キーワード

医療機器、UE、ユーザビリティエンジニアリング、QMS規格、研修、セミナー

 

担当講師

株式会社ファーレックス 技術・薬事部マネージャー 宇野 宏志 氏

 

《専門》
電子・電気工学、医療機器の設計開発・品質管理

《経歴・活動》
製造業責任技術者の認定取得、修理業責任技術者の認定取得、
医療機能評価機構分析班委員、
主にクラスⅡ・Ⅲ医療機器開発の技術業務ならびに品質管理責任者

 

セミナープログラム(予定)

1.「ユーザビリティ」の意味と概要
単なる「使いやすさ」ではなく、「医療機器の安全性にかかわる取扱い」のこと。これをふまえて基礎的なことを解説。
1-1医療機器におけるユーザビリティの意味
1-2ユーザビリティが必要とされる背景
1-3ユーザビリティに係るメリット

 

2.ユーザビリティエンジニアリング(UE)について
UEの各要求事項の解説とともに、用語の正しい理解、ならびにリスクマネジメントとの密接な関係を示す。
2-1プロセスとしてのUE,工学としてのUE
2-2ISO 13485の要求事項としてのUE
2-3製品使用を分類[通常使用・正しい使用・使用エラー・異常使用]
2-4リスクマネジメントと不可分のUE
2-5UE標準規格IEC 62366-1の概要と要求事項
[規格の概要など/重要な用語とその定義/一般的要求事項/主要な要求事項/附属書]
2-6ガイダンス文書IEC 62366-2

 

3.UEの実務-計画、ユーザインターフェース(UI)設計と検証/妥当性確認
実際のUEプロセスの詳細(セクション5)をガイダンス文書をまじえて説明。
3-1 使用関連仕様の作成
3-2 安全に関連するUI特性及び潜在的な使用エラーの特定
3-3 既知の又は予見可能なハザード及び危険状態の特定
3-4 ハザード関連使用シナリオの特定及び記述
3-5 総括的評価のためのハザード関連使用シナリオの選択
3-6 UI仕様の確立
3-7 UI評価計画の確立
3-8 UI設計,実装及び形成的評価の実施
3-9 UIのユーザビリティに関する総括的評価の実施
3-10 UOUP(由来不明のUI)の評価

 

4.UEプロセスのライティング
実際の記述例とともに、各書類に記載するポイント、留意事項を解説。
4-1計画書およびUEファイル
4-2UEファイルに含める文書
[安全に関連する特性の特定結果/ハザード及び危険状態の特定結果/
ハザード関連シナリオの選択方法,使用の根拠,適用結果/UI仕様/UI評価計画/
ユーザビリティ総括的評価結果/使用関連仕様/製造後情報のレビュー結果/
残留リスクの評価結果

 

5.UEの経験・事例の紹介
UE標準規格(JIS T 62366-1)への適合の参考として、筆者の医療機器開発事例よりUEに係る部分を紹介。クラスⅠ~Ⅲ医療機器

 

6.UEの海外規制
主にアメリカ(FDA)、ヨーロッパ(EU圏)、イギリスの規制内容、ガイダンス文書を紹介。
6-1FDA:医療機器へのヒューマンファクターおよびUEの適用-産業界及びFDA職員向けの指針
6-2EU MDR(医療機器規制)のユーザビリティ要求事項
6-3MHRA:英国における医薬品と医療機器の組み合わせ製品を含む医療機器へのヒューマンファクター及びUEの適用指針

 

7.HE:ヒューマンファクターエンジニアリング
アメリカではヒューマンファクター(人間工学)技術と呼ばれるが、UEと実質的に同じ。FDAが採用するHEに関する米国標準規格類のポイントを説明。
7-1基本的考え方-ユーザビリティのリサーチ、分析、設計および評価
7-2IEC 62366-1との相違
7-3報告書に含める項目

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

【LIVE配信】2023/12/12(火)13:00~16:30
【アーカイブ配信受講】12/14~12/20

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

 

ご自宅への送付を希望の方はご住所などをメッセージ欄に明記してください。

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【LIVE配信】、【アーカイブ配信】のどちらかご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売