機能性高分子系コンポジット膜の作製技術【提携セミナー】

リグニン

機能性高分子系コンポジット膜の作製技術【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

吉岡 謙 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

★ 樹脂、フィラー、添加剤の配合設計! フィラーの表面処理と分散技術!

 

機能性高分子系コンポジット膜の作製技術

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

工業材料は、実のところ、ほとんどがコンポジット材料(複合材料)です。高分子系のコンポジット材料は、主にフィラー(充填材)とマトリックス材料(樹脂)から構成されています。最近、フィラーとして、ナノ粒子が使われることが多くなっていますが、ナノ粒子は、高価である上に、凝集しやすいといった取扱性の悪さが大きな課題となっています。
そこで、ナノ粒子を脇役として捉え直すことで、少量でもその効果が発現できるよう、ミクロン粒子と組み合わせることによって、コストパフォーマンス性が良くて、高い機能・性能を発現できる高分子系コンポジット膜の作製が可能となります。
本セミナーでは、ナノ粒子及びミクロン粒子を含む粉体技術、ならびに、ナノ粒子とミクロン粒子を用いた高分子系コンポジット膜の作製技術について、事例を含めて紹介します。

 

 

習得できる知識

  • 工業的に用いられているナノ粒子およびミクロン粒子の種類と製造、表面処理、分散技術
  • コンポジット膜を作製するための配合技術、プロセス技術

 

 

担当講師

吉岡技術士事務所 所長 吉岡 謙 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
1.1 機能性高分子系コンポジット膜とは
1.2 膜の主要構成要素
1.2.1 樹脂
1.2.2 フィラー
(1)ミクロンフィラー
(2)ナノフィラー

 

 

2 作製方法
2.1 コーティング液の作製
2.1.1 原材料
(1)樹脂原料 ・種類 ・製造技術
(2)フィラー ・種類 ・製造技術 ・表面処理技術
(3)添加剤   ・種類 ・機能
2.1.2 配合方法
(1)配合設計の指針
(2)分散技術
2.2 コーティング膜の作製
2.2.1 薄膜(膜厚1μm未満)の場合
2.2.2 厚膜(膜厚1μm以上)の場合

 

 

3.評価方法
3.1 コーティング液の評価
3.2 コーティング膜の評価

 

 

4.事例紹介
4.1 薄膜事例:酸化チタンナノ粒子を用いた光触媒コーティング膜の開発
4.2 厚膜事例:電子部品用保護膜の開発
4.3 その他

 

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売