コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析【提携セミナー】

相対論的量子化学計算とケム・インフォマティクスセミナー

コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2023/9/27(水) 13:00~16:30
担当講師

大坪 泰文 氏

開催場所

Live配信セミナー(リアルタイム配信)

定員 -
受講費 通常申込:49,500円
E-mail案内登録価格:46,970円

 

コーティングプロセスにおける

界面化学とレオロジー解析

 

《濡れ性と粘弾性からコーティングを正しく把握する》

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

本セミナーでは、界面化学、レオロジーの基礎や高分子のレオロジーと微粒子分散系の安定性について説明した後に、コーティングプロセスを液膜形成過程と乾燥硬化過程に分け、技術的観点から様々な事例について解説する。

 

セミナー趣旨

コーティング液の多くは、媒体中にバインダーなどの高分子や顔料などの微粒子が分散した不均一系流体であり、コーティング液の物性制御およびプロセス管理と密接に関係する科学はバルクのレオロジーと濡れ性に関する界面化学です。塗料やインクなどは液体状態で紙、プラスチック、金属などに塗布された後、乾燥や化学反応などを経て固体塗膜となりますが、この過程に密接に関連するのは濡れ性に関する界面化学です。一方、液体中に分散した微粒子は、ほとんどの場合、その界面化学的性質に起因して凝集しており、その効果はレオロジー的性質に大きく反映されます。コーティングにおける薄膜化の動的過程では、コーティング液は流動しているので、そのレオロジー的性質が塗布性に深く関わっています。さらに、高分子はコーティング液の粘弾性的性質に大きな影響を与えるとともに成膜性と皮膜の性能を支配する重要な要素となっています。

 

本セミナーでは、最初に界面化学とレオロジーの基礎、次にコーティング液の材料科学として高分子のレオロジーと微粒子分散系の安定性について説明します。続いてコーティング技術を総合的に理解するために、コーティングプロセスを液膜形成過程と乾燥硬化過程に分け、技術的観点から様々な事例について解説します。

 

◆ 得られる知識

1.界面化学とレオロジーに基づき、コーティングプロセスを素過程に分割して把握するとともに、それらの挙動を材料物性と関連づけて理解するコツが掴めるようになります。

 

2.コーティング液を設計するための知識を得ることができます。具体的には高分子や分散系のレオロジー、界面活性剤の吸着と表面張力、固液界面におけるぬれ性であり、これらを総合的に結びつけて解釈できるようになります。

 

3.コーティング液を評価するためのレオロジー及び界面化学的測定法に関するノウハウを習得できるようになります。

 

◆ 対象

【講師より】

固体表面に塗料、インキ、接着剤など液体の薄膜を形成するプロセスに携わる技術者が対象になりますが、受講に際して特別の予備知識は必要ありません。高校で習った理科系科目の内容を思い出せれば理解できると考えます。コーティングに関わったことがない技術者でも、レオロジー測定や界面物性測定について習得できるよう説明します。

 

担当講師

千葉大学名誉教授 工学博士

大坪 泰文 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.界面化学の基礎
1.1 表面張力と表面エネルギー
1.2 固液界面における濡れと接触角
1.3 Zismanプロットと臨界表面張力
1.4 表面の幾何学と超撥水
1.5 溶液の表面張力と界面活性剤の吸着
1.6 臨界ミセル濃度と表面張力

 

2.レオロジーの基礎
2.1 連続体力学の基礎
a) ひずみ
b) ひずみ速度(せん断速度)
c) 応力
2.2 粘性の基礎
a) 粘度 (粘性率) の定義
b) 非ニュートン流動(擬塑性流動、ダイラタント流動)
c) チクソトロピー
d)技術用語としてのチクソ性
2.3 粘弾性の基礎
a) 弾性と粘性の基本的性質
b) 粘弾性モデルと典型的な粘弾性挙動
c) 動的粘弾性関数の定義とその意味
d) 動的粘弾性曲線に基づく流体と固体の判別

 

3.コーティング液の材料設計に関わる界面化学とレオロジー
3.1 粒子分散系のコロイド化学的安定性
a) 粒子の帯電とζ-電位
b) イオン雰囲気と電気二重層
c) DLVO理論と粒子の分散安定性
d) 吸着高分子と粒子の分散安定性
e) 凝集分散系のレオロジー的性質
f) 粒子の濡れ性と分散性
3.2 高分子液体のレオロジー
a) 高分子の分子運動
b) 高分子の分子量と粘度挙動との関係
c) 高分子溶液の非ニュートン流動
d) ガラス転移と時間-温度換算則
e) 高分子の分子量と粘弾性挙動との関係
f) 結晶性高分子の粘弾性挙動

 

4.コーティング液の薄膜形成に関わる界面化学とレオロジー
4.1 レベリングにおける表面張力と粘度
4.2 分散系の降伏挙動と印刷適性
4.3 伸長流動下における不安定現象とタック
4.4 インクジェットにおける動的表面張力と動的粘弾性
4.5 ヘヤートリートメントの機能と動的粘弾性

 

5.コーティング液の固化過程に関わる界面化学とレオロジー
5.1 粘性液体から弾性固体への固化過程の概要
5.2 反応硬化過程における三次元網目形成と粘弾性挙動
5.3 ジェットインクの浸透乾燥と界面化学
5.4 グラビアインキにおける濡れ性と接着強度
5.5 エマルション塗料の融着成膜
5.6 トナーにおける冷却固化と動的粘弾性に関するパラメータ特許

 

□ 質疑応答 □

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023年9月27日(水)  13:00~16:30

 

開催場所

Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※

 

受講料

定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円

 

※E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料

2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【オンライン配信セミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,750円/E-Mail案内登録価格 33,990円 )

 

35,750円 ( E-Mail案内登録価格 33,990円 )
定価:本体32,500円+税3,250円
E-Mail案内登録価格:本体30,900円+税3,090円

 

※1名様でオンライン配信セミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

 

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

  • PDFテキスト(印刷可・編集不可)
    ※PDFデータは、マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
    (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、またはメールにて送付)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

備考

※講義の録音・録画・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売