食用昆虫の現状と今後の展望【提携セミナー】

食用昆虫の現状と今後の展望【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/11/17(木)12:30-16:30
担当講師

吉田 誠 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:41,800円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:47,300円

・食用昆虫・昆虫食の「今」をおさえる:俗説と事実を分ける

・食用昆虫の有用性は? 代替タンパクとして? フードテックとして?

 

食用昆虫の現状と今後の展望

 

≪現状を冷静に捉える≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

講師より/本セミナーのポイント
本セミナーでは、国内外の各食用昆虫全般を概観した後、食用昆虫での新規事業構想に関わる情報を出来る限り多角的な視点でお届けします。講師が研究していたコオロギの養殖技術についても紹介します。また、ビジネス上の可能性について、メリット・デメリットを両面から提示します。環境にやさしい、世界を救うといった利点を強調する報道が目立つ食用昆虫ですが、本セミナーでは現実論慎重論も含めて、実情を解説したいと思います。尚、講義途中に「ショートブレイク」として、食用昆虫を巡るトピック・こぼれ話も紹介する予定です。

 

◆受講後、習得できること

  • 食用昆虫として扱われる昆虫種ごとの概要
  • 昆虫食に関する国内外の動向
  • 食用昆虫・昆虫食に関連するビジネスへの参入方法
  • 食用昆虫・昆虫食を巡る事業・ビジネスへの指針 等

 

◆受講対象者

  • 食糧問題やSDGs等を軸に、新規事業や新規研究テーマを模索している方
  • 昆虫食の市場性・将来性(文化的・経済的)について調査・検討している方
  • 食用昆虫の養殖技術・加工技術や今後の可能性について知りたい方
  • 「フードテック」の文脈で昆虫食に注目している方
  • 10年、20年後……を見据えた研究題材・事業シーズを先行調査する立場の方 等

 

担当講師

NPO法人食用昆虫科学研究会 理事 吉田 誠 先生

 

東京大学農学部、東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専修了(修士)
・在学中はヨーロッパイエコオロギの養殖研究を行う。
・大手総合商社に勤務する傍ら、NPO法人食用昆虫科学研究会(2013年法人化)理事として、各種食用昆虫の普及イベント等の実施や情報提供、及び昆虫養殖プロジェクトの支援などを行っている。
・国内外の食用昆虫の普及活動、情報収集・調査を行う傍ら、各企業からの昆虫に関する事業計画の相談にも応じている。

 

セミナープログラム(予定)

1.注目を集める食用昆虫:
ニュースの裏側を冷静に解説します
1.1 FAO(国際連合食糧農業機関)の報告書を改めて読み解く:
誇張されがちな国連食糧農業機関発刊の2013年の報告書を冷静に読み解きます。
栄養・文化・技術・法制度など、幅広い内容に触れた報告書を改めて読み解いていきます。
1.2 注目されなかった2008年の食用昆虫の報告書(ショートブレイク)
実はFAOは2008年にも食用昆虫に関する報告書を出しています。2013年との差異を解説します。
1.3 直近の動向:食用昆虫の現在位置を概観します

 

2.食用昆虫の俗説と事実を分ける
2.1 食用昆虫の有用性と着眼点:実際に有用性が示されている点や事例を改めて確認します
2.2 俗説・宣伝文句と食用昆虫の実際
2.2.1 食糧危機を救う?
2.2.2 栄養が豊富?
2.2.3 フードロス削減に寄与する?
2.2.4 環境に優しい?温室効果ガス削減に寄与する?
2.3 玉石混合の食用昆虫:昆虫の多様性と食用昆虫の多様性について概説します。
また主要な食用昆虫について概要を紹介します
2.3.1 昆虫の多様性
2.3.2 食用昆虫の多様性
2.3.3 食用昆虫の代表種とその概要:天然・養殖を問わず、国内外で利用される昆虫種について紹介します
2.3.3.1 「この昆虫は食べられないのですか」等のよくある質問に答えます(ショートブレイク)

 

3.フードテックとしてみた食用昆虫:
フードテックとして取り扱われる食用昆虫について、比較を交えながら紹介します
3.1 フードテック概観
3.1.2 実はテック要素の薄い食用昆虫
3.1.3 食用昆虫養殖の実際
3.2 フードテックの中の代替タンパク:代替タンパクの一つである食用昆虫の位置づけを明確にします
3.2.1 代替タンパクが注目を集める背景:技術と畜産への眼差し
3.2.2 代替タンパクの種類と食用昆虫との比較
3.2.2.1 代替タンパクの普及とカニカマ(ショートブレイク)

 

4.それでも浸透していく昆虫:
着実に世の中に浸透しつつある食用昆虫と今後の展望
4.1 将来展望の前に現在位置を見る
4.1.1 食用昆虫に関するデータについて
4.1.2 昆虫の周辺産業:養蜂など
4.1.3 国内の食用昆虫の動向
4.1.4 海外の食用昆虫の動向
4.2 食用昆虫の市場予測と捉え方:各種推計に対する講師の捉え方を紹介します
4.3 認められていく食用昆虫
4.3.1 欧州で認可が広がる食用昆虫
4.3.2 貿易の整備が進む食用昆虫
4.3.2.1 日本の食用昆虫の貿易をデータから見る(ショートブレイク)
4.3.3 ビジネスとして進む食品残渣での昆虫活用
4.4 食用昆虫の課題と展望

 

<質疑応答>
*「Q&A」への投稿をお願い致します。口頭質問も可能です。希望者のマイクを適宜開放致します。
(ご質問・反響を歓迎しております。オンラインではありますが、出来る限り双方向的にし、皆様のご要望に応えたいと存じます)
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。(量や内容次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ)

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年11月17日(木) 12:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

 ●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について
●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売