脱炭素社会と循環経済の実現に向けたプラスチック資源循環の現状と展望【提携セミナー】

循環経済

脱炭素社会と循環経済の実現に向けたプラスチック資源循環の現状と展望【提携セミナー】

開催日時 2022/1/19(水)13:00~16:30
担当講師

中谷 隼 氏

開催場所

【ZOOMを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名 
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 38,500円 (本体価格:35,000円)
☆国内外におけるプラスチック資源循環の動向からバイオプラスチックや
プラスチック製容器包装のリサイクルの現状・課題までを包括的に解説!

 

脱炭素社会と循環経済の実現に向けた

プラスチック資源循環の現状と展望

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

近年、海洋プラスチック問題を契機として、国内外においてプラスチック問題への注目は高い。欧州発の循環経済(サーキュラーエコノミー)の概念は、リサイクルなどの資源循環によって新たな市場と雇用を創出しようというものであり、その優先分野にはプラスチックも含まれている。また、2050年カーボンニュートラル(脱炭素社会)の実現に向けた国際的な動向は、燃焼によって二酸化炭素(CO2)を排出するプラスチックにも深く関わる。本講演では、欧州の循環経済を含む国内外におけるプラスチック資源循環の動向から、バイオプラスチックや海洋プラスチック問題、それらと脱炭素との関係について解説する。

 

◆習得できる知識

プラスチック資源循環やバイオプラスチックの基礎知識、国内外におけるプラスチック資源循環の動向、プラスチック問題や脱炭素社会に対するライフサイクル的な考え方など。

 

◆受講対象

プラスチックのメーカー企業で研究開発・生産製造・環境対策に携わる方、ユーザー企業(食品メーカーなど)で調達・環境対策に携わる方(初心者から中級者まで)。

 

 

担当講師

東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻 講師 博士(工学)

中谷 隼 氏

 

 

【専門】
環境システム工学

【略歴】
2001年 東京大学工学部 都市工学科 卒業
2006年 東京大学大学院工学系研究科 都市工学専攻 博士課程修了
2006年 同・化学システム工学専攻 助手
2009年 同・都市工学専攻 助教
2016年 同・都市工学専攻 講師(現在に至る)

【活動など】
兼任:国立環境研究所 連携グループ長
日本学術会議 特任連携会員(第25期)

 

セミナープログラム(予定)

1 プラスチックに関わる近年の動向
1.1 脱プラスチックの動き
1.2 レジ袋の有料化
1.3 廃プラスチックの輸出

 

2 海洋プラスチック問題
2.1 海洋プラスチックとリサイクル
2.2 プラスチックの海洋流出量

 

3 バイオプラスチック
3.1 バイオプラスチックの定義
3.2 海洋生分解性プラスチック
3.3 バイオプラスチックの生産能力
3.4 バイオプラスチックと脱炭素
3.5 マスバランス方式によるバイオマス認証

 

4 日本と欧州のプラスチック戦略
4.1 欧州の循環経済におけるプラスチック戦略
4.2 日本のプラスチック資源循環戦略
4.3 プラスチック戦略の目標の日欧比較
4.4 プラスチック資源循環促進法

 

5 欧州のプラスチック資源循環の現状
5.1 欧州における廃プラスチックのフロー
5.2 欧州各国のリサイクル率と定義
5.3 ケミカルリサイクルとマスバランス方式

 

6 国内のプラスチック資源循環の現状
6.1 プラスチックの物質フロー
6.2 ペットボトルのリサイクル
6.3 プラスチック製容器包装のリサイクル

 

7 プラスチックの再生技術
7.1 廃プラスチックの循環利用手法
7.2 ペットボトルのリサイクル技術
7.3 プラスチック製容器包装のリサイクル技術
7.4 プラスチックリサイクルと脱炭素

 

8 プラスチック資源循環の今後の展望

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年01月19日(水) 13:00~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 38,500円 (本体価格:35,000円)

 

 

会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名49,500円(税込)から
・1名38,500円(税込)に割引になります。
・2名申込の場合は計49,500円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。

 

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売