《環境調和材料》バイオマスプラスチックの技術動向と活用事例【提携セミナー】

《環境調和材料》バイオマスプラスチックの技術動向と活用事例【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2024/5/17(金)13:00~16:00
担当講師

坂口 和久 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

★昨今注目されている背景やバイオマスプラスチックの種類といった事項からわかりやすく解説。

★バイオマス材料利活用の研究開発や今後の動向及び実際の開発例を紹介!

 

《環境調和材料》

バイオマスプラスチックの技術動向と活用事例

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

現在、プラスチックの資源循環を加速しながら循環型社会へ移行していくことが強く求められている。日本はもちろん世界中のプラスチック市場において環境調和材料の利用が義務化され始めており、バイオマスプラスチックの普及促進が飛躍的に進んでいる。日本国内においては、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことが既に宣言されており、持続可能なバイオマスプラスチックの導入を目指した「バイオプラスチック導入ロードマップ」や、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が施行されるなど、環境問題への取り組みは、まさに喫緊の課題である。

 

本セミナーでは、今後より高いニーズを求められる環境調和材料としてのバイオマスプラスチックの昨今の位置付けと、バイオマス材料利活用の研究開発や今後の動向、及び実際の開発例、特に非食用米や資源米を用いた混練複合材料利活用を含む取り組みを紹介する。

 

◆習得できる知識

バイオマスプラスチックの基礎知識、分類や位置付け、国内外におけるガイドラインや法令、地域バイオマス材料の利活用への取り組み方法、二軸混練押出機を用いた混練複合材料の調製方法の考え方、現在の開発例や材料特性を活かした研究開発の動向

 

◆受講対象

プラスチック、プラスチック代替材料業務にたずさわって1~3年の若手技術者や新人~中堅の方

 

◆必要な前提知識

特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

 

◆キーワード

バイオマスプラスチック,環境調和材料,循環型プラスチック,セミナー,講演

 

担当講師

(株)バイオマスレジンホールディングス
執行役員 CTO 坂口 和久氏

 

【ご経歴】
米国カリフォルニア大学デービス校 環境資源科学学部卒。2003年バイオマス関連事業の研究所にて主任研究員として勤務。白石信夫京都大学名誉教授にバイオマス複合材料化学を師事。2018年バイオマスレジングループに参画、現在に至る。

令和3年 高分子学会北陸支部地域産業振興賞受賞

(株)バイオマスレジンホールディングス:https://www.biomass-resin.com/

 

セミナープログラム(予定)

1.なぜバイオプラスチックが注目されているのか?
1-1.地球温暖化対策・脱石油社会への取組み
1-2.日本国内における動き
1-3.バイオマスプラスチック導入の歴史

 

2.バイオプラスチックの種類と整理
2-1.メリットとデメリット
2-2.プラスチック製品領域毎の適したバイオプラスチック
2-3.生分解性と非生分解性
2-4.複合型バイオマスプラスチック
2-5.バイオプラスチック導入ロードマップへの対応
2-6.マイクロプラスチック
2-7.国内外における認証マーク例
2-8.バイオマスマーク

 

3.バイオマスプラスチックの技術動向
3-1.どのように作られるのか?
3-2.リサイクル性とコスト
3-3.国内外におけるバイオポリオレフィンの動向
3-4.生分解性樹脂マーケット
3-5.バイオマス液化技術・研究の応用
3-6.フラスコ反応から二軸混練機への移行・応用

 

4.バイオマス混練複合技術
4-1.複合材料調製の考え方
4-2.バイオマス種別による成形加工品への応用・考え方
4-3.混練複合設備の選択と特徴
4-4.バイオマス中の水分コントロールとバイオマスの凝集
4-5.バイオマスの凝集によるトラブル例
4-6.デンプン系とリグノセルロース系の比較

 

5.ライスレジンにおける取り組み例
5-1.ライスレジンとは
5-2.利活用するときのポイントと留意点
5-3.環境への影響やリサイクル性と安全性
5-4.生分解性複合材料を含む最新の取り組み例
5-5.国内外における今後の展望

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年05月17日(金) 13:00~16:00

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)
会員: 46,200円 (本体価格:42,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から

  • 1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売