《技術者育成のヒント》製品開発を通じてエンジニアが成長できる環境とは?

Pocket

開発による技術者の成長

製品を開発することは、企業の収益力を向上するだけでなく、その開発を通じて「競争力のあるエンジニア」を育てる貴重なチャンスとなります。

今回のコラムでは、開発によりエンジニアが成長するための要素について説明したいと思います。

1.競争力のあるエンジニアとは?

競争力のある製品を生みだすためにエンジニアに必要とされる資質と環境について図1にまとめました。
エンジニアは開発での計画や活動に集中して深く取り組むことにより、またそのような開発を積み重ねることにより、知識やスキルを高めることができます。
そのような取り組み方を継続することは、プロフェッショナル意識モチベーションの向上につながります。
それによって開発活動の質とスピードも上がり、高品質な製品をタイムリーに市場投入することが可能となります。

一方、土台となる基本的な知識とスキルを常に強化することも重要です。しっかりした土台により、専門知識のより正確で深い理解が可能になります。

競争力のあるエンジニアを育成するための環境

 

2.エンジニアが成長できる環境

開発は集団活動であり、良き競争力あるエンジニアが開発を通じて成長するためには、良い環境が必要です。
ここで環境と呼んでいるのは、本人、チームメンバーそしてマネージメントを行う者を含めた人的な活動環境です。この環境において、次のことができるように改善していかなければなりません。

  • エンジニアの計画や活動において「良い討議」ができること(FTA、FMEA、QFDなどの作成やその評価・検証における討議において)
  • 開発進捗の節目に適切なレビューができること(DR、DRBFMなどのレビューにおいて)
  • 戦略設定、見直しおよび決定・決心を的確にできること
  • チームワークの発揮により、質の高いアウトプットが得られるような活動形態であること(チームメンバーの活動が成果に繋がるような仕組み)
  • 活発なコミュニケーションが行われること

 

3.良い環境のために必要なこと

上述の環境を作り上げていくために以下のような基本的なことが重要です。
言葉にしてしまえば簡単ですが、レベルを高めるためには日々の継続的な努力が必要です。
 

(1)説明者に求められるもの

  • 討議データの見える化
  • (一次データに対して二次、三次の整理・解析・まとめを行い討議する内容を分かりやすくする)

  • 論理的な説明

 

(2)判断や戦略を決定する者に求められるもの

  • 技術的洞察力
  • (表面に現れている事柄に対して、潜在的なリスクやチャンスに気づく)

  • 広い知見
  • (別の視点からの考察を加える)

 

(3)関係する全員に求められるもの

  • 風通しがよく遠慮の無いオープンな会話

 

4.「学びし教訓」の整理が、技術者としての能力向上に

開発活動において、エンジニアが集中して深く取り組む時、失敗や回り道も含め、無駄な経験は一つも有りません。
できれば開発が一区切りついたところで、開発プロセスにおいて悪かった点と良かった点(学びし教訓)を整理しておくと、次の開発課題に向けて、開発プロセス自体の改良問題解決アプローチに多様性をもたせ、最適な手法やツールを選択する能力を高めておくことができると考えられます。

 
(アイアール技術者教育研究所 H・N)
 

Pocket

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売