可溶化・乳化の基礎知識から押さえるエマルション生成・調製・評価方法と安定化技術【提携セミナー】

フィラー/樹脂・ゴム分散における分散状態評価

可溶化・乳化の基礎知識から押さえるエマルション生成・調製・評価方法と安定化技術【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/6/10(金) 10:30-16:30
担当講師

吉村 倫一 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

☆効率の良い・高品質なエマルションの調製方法とは?

安定化させるための技術とは?最新技術まで網羅!

☆必要知識であるコロイド・界面化学の基礎部分についても丁寧に解説します。

 

可溶化・乳化の基礎知識から押さえる

エマルション生成・調製・評価方法と安定化技術

 

-コロイド・界面化学の基礎/相図の見方と解釈/マイクロエマルション/さまざまな設計技術-

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

可溶化や乳化は、さまざまな産業分野で重要な技術であり、一般に界面活性剤(乳化剤)が用いられています。使用目的に応じて最適な界面活性剤(乳化剤)を選択することで、安定かつ高機能な可溶化ミセル溶液、マイクロエマルション、エマルションを得ることができます。本セミナーでは、まず、可溶化や乳化に必要なコロイド・界面化学の基礎概念と界面活性剤の基礎について解説し、相図の見方や解釈についても説明します。これらの基礎をもとに、可溶化および乳化の生成・調製・評価方法、安定化させるための手段、相図を用いた解析について紹介するとともに、最新技術に関して原理やメリット、活用例を解説します。

 

◆受講後、習得できること

  • コロイド・界面化学、界面活性剤の基礎全般: 乳化・可溶化の技術に必要な基礎の習得
  • 相図の見方・解釈: 1成分系の相図から3成分系の相図の基礎的内容の習得
  • 可溶化の基礎: マイクロエマルションも含めて、調製および評価方法、基礎的な考え方の習得
  • エマルションの基礎: 調製および評価方法、安定化技術、基礎的な考え方の習得
  • エマルションのさまざまな調製技術: 最近のトピックス的内容を含めた調製技術の習得

 

◆キーワード

1.コロイド・界面化学
2.界面活性剤・乳化剤
3.相図
4.可溶化
5.マイクロエマルション
6.乳化
7.エマルションの調製技術

 

担当講師

奈良女子大学 研究院自然科学系化学領域 教授 吉村倫一 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.可溶化や乳化技術に必要な基礎
1) コロイド・界面化学の基礎概念  
  2) 界面活性剤・乳化剤   
・界面活性剤の分類
・乳化剤の種類
・最近の市場動向
・新型コロナウイルスに有効な界面活性剤
3) 界面活性剤の特徴
・界面吸着とミセル形成
・ミセル
・ベシクル、リポソーム
・液晶
・会合体の構造解析
4) 親水性-疎水性バランスHLB
・利点と欠点、使用上の注意点
5) 相図(1・2・3成分系)
・相図の見方と作成方法

 

2.可溶化の基礎
1) 可溶化とは
・マクロエマルション、マイクロエマルションとの違い
・相図を用いた解釈
 2) 可溶化ミセル溶液の調製方法
・被可溶化物が固体の場合
・被可溶化物が液体の場合
  3) 可溶化の解析方法
・SAXS、DLS、TEMによる評価
  4) 可溶化の位置
・X線回析による評価
  5) 可溶化に及ぼす因子
・界面活性剤、被可溶化物の構造の影響
・曇点の影響
・添加物、温度の影響
・可溶化能を最大にするには
  6) マイクロエマルションの構造
  7) 可溶化の研究例の紹介と応用例

 

3.乳化の基礎
  1) エマルションとは
・エマルションの型
・型の判別方法
  2) エマルションの生成と調製方法
・分散法、凝集法
・界面化学的手法
・機械的手法
・機械乳化の影響
・乳化装置の特性、装置の選び方
 3) エマルションの安定性に必要な物理化学的因子
・界面張力
・界面粘弾性
・レオロジー
  4) エマルション安定性の評価方法
・直接観察(顕微鏡、SEM、TEM)
・粒子径、粒子径分布
・マルチ散乱光(透過光、後方散乱光)
  5) エマルションを安定化させるには
・エマルションの崩壊
・クリーミング制御
・静電反発力
・立体保護作用(保護コロイド)
  6) さまざまなエマルションの設計技術
・相図を用いたエマルションの解釈
-各技術を習得・利用することのメリットを紹介-
a) 一般のエマルション
・転相温度乳化、液晶乳化、D相乳化によるエマルション、ナノエマルション
b) 高次構造の集合体を用いたエマルション
・キュービック液晶、逆ヘキサゴナル液晶によるエマルション
c) ピッカリングエマルション、3相乳化法、αゲル(ラメラゲル)によるエマルションなど

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年6月10日(金) 10:30-16:30

 

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名52,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき41,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

 

●録音・録画行為は固くお断り致します。

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売