人の手のように掴む・持つとは?高度化する”柔らかくて硬い”ロボットハンドの最先端【提携セミナー】

ロボットハンド

人の手のように掴む・持つとは?高度化する”柔らかくて硬い”ロボットハンドの最先端【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/1/26(水)13:00~16:30
担当講師

渡辺 哲陽 氏

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

定員 -
受講費 通常申込:44,000円
E-Mail案内登録価格: 41,800円

人の手のように掴む・持つとは?

高度化する”柔らかくて硬い”ロボットハンドの最先端

 

―多種多様な物を扱う人間の手との類似点・相違点―

 

【アーカイブ配信付き】

 

 

【提携セミナー】

主催:サイエンス&テクノロジー株式会社

 


 

人の手の指紋や汗はハンドリングにどういかされているのか?
人の指のように柔らかさと硬さを両立させる設計とは?
はたまた、人には真似し難いハンドリングとは?
ロボットと人との類似点や相違点を考慮に入れながら、
多種多様な物を、すんなり掴むためのアプローチの最先端を紹介!

 

セミナー趣旨

機械学習の発達に伴いこれまで人の手で行われた作業の自動化に対して大きな期待が寄せられています.しかしながら実際に作業を行う機械やロボットの手が人の手のように動かせなければ自動化は困難です.このため,自動化実現のための重要未解決案件としてロボットハンドの高度化が重要視されています.近年,柔らかい素材で構成されたロボットハンドが開発されており,これまでより多種多様な物を掴めるようになってきました.しかしながら,人の手の能力にはまだ遠いというのが実情です.
本講義では,そんな最先端のロボットハンドについてご紹介するとともに,その設計方法について解説します.多種多様な物を扱うロボットハンドを実現するためのカギとは何か?また人の手の機能との類似点や相違点についても合わせて解説します.

担当講師

金沢大学理工研究域フロンティア工学系 教授 博士(工学) 渡辺 哲陽 氏
【専門】ロボット工学
【研究】ロボットハンド,マニピュレーション,医工学システム,人間サポート等に関する研究開発に従事

 

セミナープログラム(予定)

1.人の手のような多目的ロボットハンドを開発するための要素

 

2.柔らかさ活用
2.1 ソフトロボットとは?
2.2 ソフトロボットハンドの種類
1) 受動駆動ベースのロボットハンド
2) 空気・流体圧をベースとしたロボットハンド
3) 電圧・温度等による材料変形をベースとしたロボットハンド
4) 凝着をベースとしたロボットハンド
5) ソフトロボットハンドの比較
6) 最新のソフトロボットハンド
7) ソフトロボットハンドが有効な場面

 

3.柔らかさを活用したロボットハンド設計について
3.1 人の指のように柔らかさと硬さを両立させる設計とは?
ケース1:マイクログリッパ内蔵流体指
ケース2:多品種ハンドリング用グリッパ
ケース3:ジャミング機能をもつ腱駆動多肢ハンド

 

4.人にはまねし難い多目的ロボットハンド設計論のケーススタディ
4.1 小物品群のハンドリング
4.2 雑然とした環境下でのハンドリング
4.3 高速・高把持力でハンドリング

 

5.摩擦を操る
5.1 テクスチャ(指紋)はハンドリングにどう活かされている?
5.2 汗の活用

 

6.多目的ロボットハンドの将来像

 

□質疑応答□

 

 

[キーワード]ロボットハンド,ソフトロボット,マニピュレーション

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022/1/26(水) 13:00~16:30

 

 

開催場所

Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)

 

受講料

一般受講:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円

 

 

E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で44,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の22,000円)

 

 

【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※※お申込みフォームのメッセージ欄に【テレワーク応援キャンペーン希望】とご記載ください。
※他の割引は併用できません。

 

 

【S&T会員登録】と【E-Mail案内登録】の詳細についてはこちらをご参照ください。

※E-Mail案内登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「E-Mail案内登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みからE-mail案内登録価格が適用されます。

 

配布資料

・PDFテキスト(印刷可)のみ

 

特典

アーカイブ(見逃し)配信付き:
視聴期間:終了翌営業日から7日間[1/27~2/2]を予定
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
(マイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)

 

オンライン配信のご案内

※【Live配信(zoom使用)対応セミナー】についてはこちらをご参照ください

 

 

●セミナー視聴・資料ダウンロードは主催者サイトのマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。

 

備考

※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売