半導体パッケージ材料の開発事例と低反り化【提携セミナー】

半導体教育

半導体パッケージ材料の開発事例と低反り化【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

おすすめのセミナー情報

開催日時 2023/9/15(金)10:30~16:15
担当講師

熊本 玄昭 氏
前田 郷司 氏
東 正樹 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 30名
受講費 60,500円(税込)
★ 封止材、基板材料の寸法安定性向上に向けて!

 

半導体パッケージ材料の開発事例と低反り化

 

【提携セミナー】

主催:株式会社技術情報協会

 


 

講座内容

半導体封止材について役割、構成成分、使われ方、それぞれの原材料の役割や特徴などを基礎から説明する。また先端半導体について、①WLP/PLP向け ②SiP/AiP向け ③車載IC向け ④パワー半導体向けの4つのカテゴリーに分類し、それぞれにおいて材料に求められる機能や開発状況、及び今後の課題について報告する。

 

高耐熱・低CTEポリイミドフィルムの開発事例、ポリイミドフィルム物性制御の基本的な考え方、ポリイミドフィルムの製造方法、ポリイミドフィルムが適用される用途における要求特性と要求性能を達成するための技術について、高密度実装基板、高周波回路基板、フレキシブルディスプレイへの応用事例を交えて解説する。

 

現在樹脂の熱膨張抑制には、熱膨張係数の小さなSiO2(シリカ)がフィラーとして用いられています。しかしながら、温めると縮む、負の熱膨張材料を用いれば、ホスト材の熱膨張をゼロやマイナスの値に自在に調整可能です。本セミナーでは、種々の負熱膨張材料、特に私共が開発したビスマスニッケル酸化物と、それらを用いたゼロ熱膨張コンポジットの研究、そして、新しく発見されたルテニウム酸化物を紹介します。

 

習得できる知識

半導体製造の後工程で使用される封止材料に関する基礎、及び先端半導体パッケージング材料に求められる機能、開発状況、今後の課題等についての知識が得られる。

 

担当講師

住友ベークライト(株) 情報通信材料研究所 熊本 玄昭 氏

 

東洋紡(株) 総合研究所 主幹 前田 郷司 氏

 

東京工業大学 フロンティア材料研究所 教授 東 正樹 氏

 

セミナープログラム(予定)

【10:30-12:00】
1.半導体封止材の要求特性、開発動向と反りの抑制
住友ベークライト(株) 情報通信材料研究所 熊本玄昭 氏

 

1.半導体封止用樹脂の基礎
1.1 半導体封止材とは?
1.2 半導体封止材の構成
1.3 半導体封止材の製造プロセス
1.4 半導体封止材の使われ方
1.5 半導体封止材に使われる原材料

 

2.先端半導体向け封止材開発動向
2.1 WLP/PLP向け封止材の課題と対策
2.2 SiP/AiP向け封止材の課題と対策
2.3 車載IC向け封止材の課題と対策
2.4 パワー半導体向け封止材の課題と対策

 

3.封止用樹脂の新たな展開

 

 

【13:00-14:30】
2.高耐熱・低CTEポリイミドフィルムの特性とその半導体パッケージ材料への応用
東洋紡(株) 総合研究所 主幹 前田 郷司 氏

 

1.ポリイミドフィルム基板材料のプロセシング
1.1 高分子フィルム用材料
1.2 ポリイミドの基本構造とフィルム化プロセス

 

2.ポリイミドフィルム基板の寸法安定性
2.1 CTE:線膨張係数
2.2 高分子材料の熱特性と制御手法
2.3 高分子の非可逆熱変形

 

3.ポリイミドフィルム基板の表面特性
3.1 高分子フィルムの表面制御

 

4.耐熱・低CTEポリイミドフィルムの応用
4.1 高密度実装基板
4.2 高周波回路基板
4.3 フレキシブルディスプレイ

 

5.まとめ

 

 

【14:45-16:15】
3.半導体パッケージに向けた巨大負熱膨張材料を用いた樹脂複合体の熱膨張制御
東京工業大学 フロンティア材料研究所 教授 東 正樹 氏

 

1.負の熱膨張率を持つ材料と熱膨張測率の測定方法
1.1 種々の材料の熱膨張率とその測定方法
1.2 βユークリプタイトと結晶化ガラス
1.3 タングステン酸ジルコニウム
1.4 マンガン窒化物逆ペロブスカイト

 

2.巨大負熱膨張物質ビスマスニッケル酸化物
2.1 ペロブスカイト酸化物ABO3
2.2 Bイオンの価数と格子定数の関係
2.3 ビスマスニッケル酸化物の圧力誘起電荷移動
2.4 元素置換による負熱膨張材料化
2.5 ゼロ熱膨張コンポジットの作成

 

3.新しい負熱膨張材料ルテニウム酸化物と、ゼロ熱膨張コンポジット

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2023/9/15(金)10:30~16:15

 

開催場所

Zoomによるオンライン受講

 

受講料

1名につき60,500円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円(税込)〕

 

技術情報協会主催セミナー 受講にあたってのご案内

 

備考

資料は事前に紙で郵送いたします。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

お申込後はキャンセルできませんのでご注意ください。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など、状況により中止させていただくことがございます。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売