SDS作成の基礎講座【提携セミナー】

GHS対応SDS_ラベル作成

SDS作成の基礎講座【提携セミナー】

開催日時 2024/4/25(木) 10:30~16:30
担当講師

小泉 岳利 氏

開催場所

【会場受講】江東区産業会館 第2会議室

定員 10名
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

~混合物のGHS分類の方法やSDSに記載する16項目について、

調査や作成の手法をお伝えします!~

 

SDS作成の基礎講座

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

『日本では3つの法令(PRTR法、労働安全衛生法、毒劇法)に定められた化学物質を含む製品を流通・販売する場合に、SDSを提供することが求められています。』
そう聞くと、日本では「ウチの製品は該当する物質を含んでいないからSDSは必要ない」と考える企業が多いようです。

 

しかし、グローバルでは、GHSに従って分類した結果、何らかの区分がついた製品にはSDSを提供するのが基本です。またエンドユーザーが材料を購入する際には、危険有害性の如何を問わずSDSの提供を義務付けているところもあります。
この講座では、混合物のGHS分類の方法やSDSに記載する16項目について、調査や作成の手法をお伝えします。

 

◆キーワード

SDS、ラベル、GHS、作成演習、セミナー、講習会

 

担当講師

小泉コンサルティングオフィス 代表 小泉 岳利 氏

 

《専門》
経営全般、化学物質規制、業務効率化、品質保証、安全衛生、情報セキュリティなど

《略歴》
1991年3月:千葉大学 工学研究科 修了(工業化学専攻)
1991年4月:大手総合化学・アルミ加工メーカー 入社
2004年8月:工業用接着剤メーカー 入社
2017年4月~現在:経営コンサルタント(中小企業診断士)

《活動等》
経済産業省認定経営革新等支援機関
東京都中小企業診断士協会(中央支部) 正会員
千葉県中小企業診断士協会 正会員
ミラサポ登録専門家
東京都中小企業活力向上プロジェクト支援専門家   など

 

セミナープログラム(予定)

1.安全情報伝達の必要性(SDSの基礎知識)
・国際的な取組
・GHSに基づくSDS・ラベル
・国内の取組

 

2.国内の関連法令
・SDS・ラベルに直接関連する主要国内法
・関連が深い国内法
・事業者がなすべきこと

 

3.GHS分類方法
・JIS Z 7252
・混合物の分類

 

4.SDSの記載内容
・JIS Z 7253

 

5.SDS作成手順
・物性・毒性・性質の調査方法
・混合物のGHS分類
・記載内容の整理、項目ごとの整合

 

6.SDS作成演習

 

7.よくある疑問

 

8.質疑応答

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年04月25日(木) 10:30~16:30

 

開催場所

【会場受講】江東区産業会館 第2会議室

 

受講料

非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から

  • 1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

備考

  • お時間までに江東区産業会館第2会議室までお越しください。セミナー資料は当日会場にてお渡し致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売