においの見える化(官能評価と機器分析)【提携セミナー】

においの見える化(官能評価と機器分析)【提携セミナー】

開催日時 2024/10/29(火) 10:30~16:30
担当講師

喜多 純一 氏

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

定員 30名※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講費 非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

〇 官能評価の種類とばらつきを低減させる工夫とは?

〇 機器分析の実務的手法のポイント

 

においの見える化(官能評価と機器分析)

 

☆毎回大好評のセミナーです!

おいしさ・風味、快・不快、臭気・悪臭など定量化・分析のポイントを解説!

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

においを見える化・定量化することは非常に難しい。

 

その理由は、GCMS等でにおいの構成成分とその量を求めても、一部の異臭・悪臭では、比較的においを構成している成分数が少ないので、見つけた成分からにおいを説明できる場合が多いが、それ以外はなかなか官能評価で得られるにおいがうまく説明できない。

 

この理由としては、においは濃度の対数でにおいの強さが決まり、また成分ごとに嗅覚で感じる最低濃度が異なること、さらに複合臭の効果があるためである。

 

この講演ではこれらをエビデンスをもって説明し、その解決方法を提示する。

 

◆習得できる知識

〇 においの分類
〇 人がにおいを嗅いでいるメカニズム
〇 においの分析方法と原理、その特長と適応事例

 

◆キーワード

におい,臭気,分析,消臭,講習,研修,セミナー

 

担当講師

(株)におい科学研究所 代表取締役 喜多 純一 氏 【元(株)島津製作所】

 

【受賞歴・表彰歴】
平成13年 におい識別装置FF-1 第4回日食優秀食品機械資材賞受賞
平成19年 におい識別装置FF-2A (社)においかおり環境協会 平成18年度 技術賞
平成23年 電気学会進歩賞受賞
平成26年 希釈混合装置FDL-1を用いた簡易官能評価装置
(社)においかおり環境協会 平成26年度 技術賞
長年におけるにおい識別装置の開発研究
(社)においかおり環境協会 平成26年度 学術賞
令和4年 におい識別装置の開発および実用化への導入
(社)日本分析化学会 2022年度 技術功績賞

【活動等】
においかおり環境学会 学会委員 2009年~2018年
においかおり環境協会 副編集委員長 2019年~現在
においかおり環境協会 理事   2021年~現在

 

セミナープログラム(予定)

1.においのいくつかの形態
1) ガスとにおいの違いはどこにあるのか?
2) においの定量化の側面は3種ある。
3) においには、原臭が存在しない?

 

2.嗅覚の検知メカニズムから見た複合臭の特長
1) 人の嗅覚メカニズムとはどうなっているのか?
2) 複合臭は、成分に分けてみないほうがよい?
・ 飲料、お菓子、ワイン、お香
3) 嗅覚的ホワイトって何?
4) オミッション法ってどんな方法?
5) 嗅覚メカニズムから複合臭を考える
6) マスキング現象は複合臭の延長?
7) においの種類としての異臭、悪臭、香気、複合臭の違いはどこにあるのか?

 

3.においの単位は?
1) におい物質濃度とそのにおいの強さの関係
2) においの強さの単位は?
・ 臭気強度、臭気濃度、臭気指数 その定義
3) 検知閾値、認知閾値、弁別閾値って何のこと?
4) におい質の単位は決められるの?
・ におい物質とにおいの種類
・ フレーバーホイールとは?
・ 官能によるにおい質の表現とQDA法
・ 自動車ISOでのにおい質表現
・ SD法とは
5) オルソネーザルナルなにおいとレトロネーザルアロマとは。

 

4.においの見える化方法
1) 官能評価と機器分析の使いわけ
2) 日本の悪臭防止法におけるにおいの強さ測定方法の変遷
・ 悪臭22物質と三点比較式臭い袋法
・ 海外のにおいの強さの決め方事例
3) 臭気指数表現で注意が必要なこと。

 

5.官能評価法って実際どのようにするの?
1) 分析型官能評価と嗜好型官能評価に違い
2) 官能評価の種類とばらつきを低減させる工夫
・ 2点比較と3点比較法
・ SD法
・ QDA法
・ 順位法
・ 建材、室内臭、自動車室内臭のにおい強度の決め方(ISO)
3) 評価パネルの選定方法
4) 装置を利用した官能評価
・ 検知閾値の測定方法
・ 弁別閾値の測定方法
・ マスキングの定量化方法

 

6.機器分析の種類と特徴
1) 成分に分離する分析方法と分離しない分析方法
2) 成分に分離する分析(GC,GCMS)装置
・ その原理
・ におい嗅ぎGCが必要な理由
・ 解析例
・ 複合臭に対する成分分析のアプローチ
3) におい嗅ぎGC,GCMSとは?またその応用
・ どういう装置?
・ 強さを決める種類
・ 注意点は?
・ GCMSの出力からアロマクロマトグラムへの変換
・ アプリケーションとしての癌臭分析
4) 複合臭を成分分析できっちり分析する
・ ビールの香りを再現できるか?
・ 2次元GCMSを利用する。
5) 成分分析に使われるサンプルの濃縮方法の種類と比較
・ HS法とTD法
・ 直接加熱、固相抽出
・ SPME法
6) 複合臭・複合香における成分の単離・同定方法
・ 蒸留法、抽出法、吸着法

 

7.センサ方式
1) 複合臭分析に期待されるセンサ方式
2) 1個のセンサを利用したにおいセンサとは?
・ においセンサの種類
・ においセンサ利用上の注意点
3) におい識別装置
・ 原理(嗅覚レセプターは400個近く必要か?)
・ 装置の実際
・ 解析方法と主な応用
・ ユーザーモードのよるにおいの類似度評価
・ スタンダードモードによる臭気指数相当値評価
・ ユーザーモードを用いたおいしさ評価
・ 繊維業界でISO化された測定方法
・ マスキングを装置で評価
・ 消費期限設定

 

8.快・不快度を調べるのあたって
1) 快・不快度のスケール
2) におい識別装置を用いた不快度連続測定の試み

 

9.臭気定量にむけて
1) 異臭分析システム(GCMS)の利用による異臭物質特定

 

10.複合臭に対するアプローチ

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2024年10月29日(火) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 49,500円 (本体価格:45,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

 

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売