素材資源循環(高度リサイクル)に必要な物理選別技術の基礎と課題・今後の展望【提携セミナー】

紙の構造、物性

素材資源循環(高度リサイクル)に必要な物理選別技術の基礎と課題・今後の展望【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

大木 達也 氏

開催場所 未定
定員 未定
受講費 未定

各種廃製品をリサイクルする際、初めに行う破砕・選別工程(物理選別)の概念、

必要性、リサイクルが社会にどのように必要になるか?

そしてその中核をなす物理選別には、どのような考えで取り組むべきかを説明します。

 

素材資源循環(高度リサイクル)に

必要な物理選別技術の

基礎と課題・今後の展望

 

◆受講者限定で見逃し配信(1週間:何度でも視聴可)を予定しております。

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

◆セミナー趣旨

各種廃製品をリサイクルする際、初めに行う破砕・選別工程(物理選別)の概念、必要性、展望などを概説します。工学を含め、理系の専門知識は必要ありません。将来、リサイクルが社会にどのように必要になるか?そしてその中核をなす物理選別には、どのような考えで取り組むべきかを説明します。
高純度な固体原料を得るための未来の物理選別技術には未だ体系化された理論はなく、間違った認識をされる場合も散見されます。また、具体的な解決法は対象物によって千差万別のため、本講では、それをどう捉えるべきかの概念を会得するものとお考え下さい。
技術要素を物理選別に絞ったとしても、関連する技術項目は多岐に亘り、そのすべてを紹介することはできません。具体的な過去の取り組み事例の紹介などは行いませんが、受講の際には、何を知りたいのかを事前にお伝え頂ければ、なるべくそれに寄せた内容を含めるよう調整致します。

 

◆習得できる知識

廃製品を素材プロセスの原料にするまでに行う、破砕・選別工程の在り方。

 

◆受講対象

リサイクル業の現場改善。製造業でこれからリサイクルに着手しようとする方。
リサイクル装置を開発しようとしている方。

 

◆キーワード

リサイクル,資源循環,破砕,選別,固体原料,セミナー,講演,研修

 

◆特典
受講者限定で見逃し配信(1週間:何度でも視聴可)を予定しております。

 

担当講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
環境創生研究部門 副研究部門長/SUREコンソーシアム会長 博士(工学)
大木 達也 氏

【ご専門】
資源処理工学,リサイクル,物理選別技術

 

セミナープログラム(予定)

1. 日本の未来とリサイクル技術開発の役割

 

2. 高度なリサイクルシステムはエントロピー縮小の戦略

 

3. 物理選別工程を高度化する
(1) まずは単体分離させる
(2) 選別物性を見極める
(3) 選別結果~数字のトリックを見破る~

 

4. 情報利用と物理選別の自動化・無人化
(4) 現状の制御技術でも物理選別工程は直ちに自動化できない
(5) 情報利用による部品自動選別の先駆け
(6) 情報利用とAI化による無人選別工場の開発

 

5. 開発拠点の整備と将来展望
(7) 課題を整理する

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売