心理学からみた昆虫食研究の最新動向《消費者は昆虫食をどのように捉えているのか、昆虫食を受け入れてもらうために何が必要なのか》【提携セミナー】

昆虫色研究セミナー

心理学からみた昆虫食研究の最新動向《消費者は昆虫食をどのように捉えているのか、昆虫食を受け入れてもらうために何が必要なのか》【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

元木 康介 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定

★近年、環境・栄養面での利点などにより、昆虫食が注目!!

★国内外の最先端の心理学的な研究を中心に、消費者の昆虫食への関心を探っていきます。

 

心理学からみた昆虫食研究の最新動向

 

消費者は昆虫食をどのように捉えているのか、

昆虫食を受け入れてもらうために何が必要なのか

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

近年、環境・栄養面での利点などにより、昆虫食が注目されています。しかしながら、日本を含む先進国における昆虫食受容の割合は依然として低いままであり、昆虫食受容をいかに高めるかが大きな課題となっています。本セミナーでは、国内外の最先端の心理学的な研究を中心として、消費者が昆虫食をどのように捉えているか、そして昆虫食受容を促進するためには何が必要なのかを解説します。

 

◆受講後、習得できること

・昆虫食の基礎知識
・心理学をベースにした昆虫食研究の知見
・昆虫食の最新研究動向
・消費者心理学の知見

 

◆受講対象者

・本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

 

◆必要な予備知識など

・特に必要な予備知識はなく、どなたでも受講可能です。

 

◆講演中のキーワード

昆虫食、新奇食品、消費者心理学、感性科学、食行動科学、官能評価

 

担当講師

宮城大学 食産業学群 助教 元木 康介 先生

 

セミナープログラム(予定)

1. 昆虫食の基礎知識
1) 国際連合食料産業機関(FAO)の報告書
2) 新奇食品とは

 

2. 昆虫食の利点

 

3. 昆虫食を取り巻く状況
1) 昆虫食研究の急速な増大
2) 昆虫食産業の拡大
a) 海外を中心とした事例
b) 日本を中心とした事例
3) メディアでの注目

 

4. 昆虫食受容の割合
1) 海外での報告
2) 日本での報告

 

5. 新奇食品受容に影響する要因

 

6. 昆虫食受容に関わる主要な心理的因子
1) 嫌悪感
2) 食物新奇性恐怖
3) 好奇心
4) 経験・馴染み

 

7. 昆虫食受容に影響する人口統計的属性
1) 性別
2) 年齢・学歴
3) 地域・文化

 

8. 昆虫食受容に影響する官能特性
1) 味・匂い・食感
2) 見た目

 

9. 昆虫食受容に影響する認知的要因
1) 健康特性・環境配慮意識
2) リスク認知

 

10. 昆虫食受容に影響する社会・環境的要因
1) 他者の意見・他者の存在
2) 食べる場所

 

11. 昆虫食受容の心理モデル

 

12. 昆虫食受容モデルに基づく受容促進策
1) 調理法
2) マーケティングコミュニケーション

 

13. 今後の展望

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けEラーニング講座一覧

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

在宅勤務対応型のオンライン研修

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売