細胞農業技術の最新研究と 食品・化粧品・医療分野など製品開発への応用【提携セミナー】

食料生産

細胞農業技術の最新研究と 食品・化粧品・医療分野など製品開発への応用【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

五十嵐 圭介 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 未定

☆細胞農業で実現可能となる, 未来ビジョンの最先端情報が詰まっています!
第一線で活躍する講師が, ポイントを基礎から解説致します!

 

細胞農業技術の最新研究と
食品・化粧品・医療分野など製品開発への応用

《新規参入分野の可能性・大規模化への課題・企業連携強化・今後の展望など》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 講座のポイント
生物は細胞で構成されています。

これまで私達人類は、生物を育てることで食料を生産するという農業活動を行ってきました。

細胞農業では、生物を構成する細胞を直接増やすことで農業生産活動を行う考え方です。

 

現在、世界の農業は大規模化が進み、生産地と消費地が遠く離れ、資源の移動が起こることで資源の不均一化が起きつつあります。

それを解決するためには、よりコンパクトに資源が循環する食料生産・消費・再資源化のシステムが必要です。

細胞農業による食料の工業的生産が実現すれば、よりコンパクトかつ持続可能な食料生産を行う社会となると考えられます。

 

 受講後、習得できること

  • 現在の農業生産が直面している課題が理解できる
  • 細胞農業がどのように行われるのかが理解できる
  • 細胞農業が関連する業界分野が見えてくる
  • 細胞農業が実現するにあたる課題がわかる

 

 講演中のキーワード

  • 細胞農業
  • 培養肉
  • 細胞培養
  • 純肉
  • フォアグラ

 

担当講師

非営利活動法人日本細胞農業協会
代表理事 博士(農学)
五十嵐圭介 氏

 

セミナープログラム(予定)

  • 世界の食料生産事情
  • 代替タンパク質による食料供給の可能性
  • 細胞農業とは
  • 培養肉の一般的な作り方
  • エネルギー効率から見る細胞農業のメリット
  • 世界の細胞農業ベンチャーの紹介
  • 培養肉開発の歴史的経緯
  • 培養肉開発における技術的課題
  • 細胞農業の経済的意義
  • 細胞農業が消費する資源を現行農業と比較
  • 国内における細胞農業関連企業と社会実装の見通し
  • 関連する業界分野の見通し
  • 世界各国の法整備の現状と培養肉が社会実装されるために解決すべき課題
  • ベジタリアンやヴィーガンに対する培養肉の印象
  • 生命倫理から見た培養細胞の捉え方
  • 一般市民に対する説明を行うことの意義
  • 消費者需要を確立するために必要と考えている認識
  • 細胞農業が社会実装されることで実現しうる未来のビジョン

 

<質疑応答>

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

 

については、こちらをご参照ください

 

受講料

未定

 

配布資料

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。
    *準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

 

備考

  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売