フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向【提携セミナー】

フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と 有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向セミナー

フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向【提携セミナー】

開催日時 2020/12/15(火)10:30~16:30
担当講師

中村 雅一 氏

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】

定員 30名
受講費 非会員:55,000円(税込)
会員:49,500円(税込)

 

フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と
有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

IoTの末端に位置する様々な孤立電子機器において、電力自給のためのエナジーハーベスティングデバイスは重要な要素である。人間が生活する限りは少なからぬ熱流が生じており、衣服や人間の住環境には必然的に内外温度差が生じている。これを利用すべく、人体や身の回りの排熱を利用するエナジーハーベスティングデバイスの研究が世界的に盛んになってきている。

 

本セミナーでは、熱電変換の物理的基礎、デバイスの特性を決める要因、ウェアラブル用途などに要求される条件、有機系熱電材料に特有のメカニズム、実際の熱電特性や熱伝導率測定における注意点などの基礎的知識を解説した後、我々が狙っている従来概念を超える「やわらかい」熱電材料/素子について、そのコンセプトといくつかの最新成果を紹介する。

 

 得られる知識

熱電変換の基礎知識、様々な熱電機構、フレキシブル熱電材料に要求される性能、薄膜/微小量での熱電特性評価における注意点、熱伝導率測定における注意点、どのような材料が有望かの展望、新概念の熱電変換材料や素子、などの知識が得られる。

 

◆ 対象

環境発電技術としての熱電変換材料およびデバイスの研究開発をこれから始める/始めて間がない研究者/技術者

 

◆ 必要な予備知識

基本的に電子材料に関するある程度の常識があれば理解できるように解説しますが、半導体物性や固体物理学の知識があるとより深く理解できると思われます。

 

 

担当講師

奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 物質創成科学領域 教授 中村 雅一 氏

 

 

セミナープログラム(予定)

1.熱電変換デバイスの基礎
1-1 エナジーハーベスティングと熱電変換
1-2 熱電変換の実用例
1-3 熱電変換デバイスの基本構造
1-4 熱電変換デバイスの基本設計思想と材料への要求
1-5 パワーファクターと無次元性能指数

 

2.ゼーベック効果の基礎
2-1 ゼーベック効果概要
2-2 ゼーベック効果の物理的な中身
2-3 ゼーベック効果の理論式(線形応答理論より)
2-4 様々な近似理論式
2-5 やや特殊な例

 

3.熱電変換材料研究の現状概観
3-1 熱電変換技術の特許動向概要
3-2 無機熱電変換材料の現状
3-3 古典的材料設計指針
3-4 低次元化やナノ構造形成のメリットと限界

 

4.フレキシブル熱電変換素子実現に向けて
4-1 フレキシブル熱電変換デバイスの必要性
4-2 どの程度の電力を供給できるか
4-3 有機系熱電材料/デバイスの報告例
4-4 フレキシブル熱電変換素子特有の要求事項

 

5.有機系熱電材料の評価法
5-1 市販熱電特性評価装置の例
5-2 熱電特性評価の一般的注意点
5-3 有機熱電材料評価のための要求事項
5-4 熱伝導率測定法の比較
5-5 市販熱伝導率評価装置の例
5-6 熱伝導率測定の一般的注意点
5-7 いくつかの方法の紹介

 

6.有機系熱電材料の広範囲サーベイ結果
6-1 広範囲有機系熱電材料探索結果と考察
6-2 有望と思われる材料系は?

 

7.当グループの材料戦略1: 低分子系有機半導体における巨大ゼーベック効果
7-1 有機半導体における巨大ゼーベック効果の発見
7-2 巨大ゼーベック効果の普遍性
7-3 巨大ゼーベック効果発現の条件および物理機構考察
7-4 巨大ゼーベック効果に実用性はあるか?

 

8.有望な材料系1:不均一系材料
8-1 不均一系熱電材料とは?
8-2 コアシェル型単分子接合を利用した不均一系熱電材料設計
8-3 CNT/タンパク質複合材料による断熱性熱電材料の創出
8-4 CNT複合材料の紡糸と布状熱電変換デバイス

 

9.熱電派生研究:高熱伝導性CNT複合材料

 

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2020年12月15日(火)10:30~16:30

 

開催場所

【Zoomを使ったLIVE配信セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます

 

受講料

非会員:  55,000円(税込)
会員:      49,500円(税込)

 

※会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で 55,000円(税込)から
★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計 55,000円(2人目無料)です。

 

※セミナー主催者の会員登録をご希望の方は、申込みフォームのメッセージ本文欄に「R&D支援センター会員登録希望」と記載してください。ご登録いただくと、今回のお申込みから会員受講料が適用されます。

 

※R&D支援センターの会員登録とは?
ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

備考

セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。

 

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索

製造業向けeラーニング_講座リスト

在宅勤務者用WEBセミナーサービス

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売