はじめての電子機器防水設計・初級編《基礎と概論》(セミナー)

はじめての電子機器防水設計・初級編《基礎と概論》(セミナー)

※この講座は出張セミナーサービスにも対応しています。詳細はお問い合わせ下さい。

開催日時 未定
担当講師

鈴木 崇司 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 オンラインは定員なし
受講費 39,600円(税込)

はじめての電子機器防水設計 初級編

《基礎と理論》

 

 


 

講座概要

電子機器への防水機能付与は一般的になりつつあります。その恩恵は電子基板の保護やその故障率の低下など製品品質、品位の向上につながります。求められる防水規格・試験は製品毎で異なりますが、防水構造の基本はそれほど変わるわけではありません。

本講座では、スマートフォンを例にとり、基本的な部分を部品毎もしくは構造毎に纏めて解説していきます。特に部品毎の説明にはメーカー提供資料も含めて紹介致します。

 

防水製品の課題として、部品コストUP・デザイン制約・他の機能低下があります。特に、小型・軽量化については注意が必要です。それらのポイントを分かりやすく解説します。

 

また、防水機器の開発、設計においてカット&トライの繰り返しによる評価を今も実施されていませんか?ここでは防水機器開発を一例として、フロントローディングの実現をご提案致します。CAE活用開発プロセス概要を説明致しますので、工程改善の一助として頂ければ幸いです。

 

 

◆関連セミナー(鈴木崇司講師の防水設計シリーズ)

電子機器における防水設計手法・中級編《設計テクニックと勘どころ》」はこちら

 

 

担当講師

鈴木 崇司 氏 (神上コーポレーション株式会社 代表取締役)

 

主な受講対象者

  • 若手設計者、構造設計を始める設計者
  • 電子機器の防水について学び直したい設計者
  • 防水規格を再確認したい設計者、評価者

 

期待される効果

  • 電子機器の防水についての基礎知識
  • 電子機器の防水手法基礎

 

セミナープログラム(予定)

1.会社紹介

 

2.電子機器と防水規格
2-1. 電子機器と防水性
2-2. 防水規格(防塵規格)とは

 

3.防水設計のポイント
3-1. 防水機能付加方法の分類
3-2. 製品コストコントロール
3-3. デザイン制約
3-4. 筐体剛性の課題
3-5. 密閉筐体による放熱特性の低下

 

4.部品別の防水設計
4-1(1). ケースの防水設計:防水構造の基本、インサート成形など
4-1(2).Oリング、ゴムパッキン(ガスケット)設計
4-1(3). 各部両面テープによる防水設計
4-1(4). ネジの防水設計

防水による各部の設計差分
4-2(1). 表示部・操作部の防水設計
4-2(2). 音響部の防水設計
4-2(3). コネクタ/外部インターフェイスの防水設計
4-2(4). 基板防水
4-2(5). 防水筐体の放熱設計

 

5.防水機能の評価
5-1. 防水試験、評価の進め方
5-2. 原因解明と対策実施

 

6.防水機器の開発プロセス
6-1. 開発・設計手法(CAE活用など)
6-2. 設計基準の策定

 

標準実施時間 3時間

 

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日時:未定
  • 開催場所:Zoomによるオンライン受講
  • 受講料 :39,600円/1名(税込)

 

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。

 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。

 ※鈴木崇司講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売