無理のないデジタルツイン活用からはじめるフロントローディングプロセスの手引き(セミナー)

DXマネジメント

無理のないデジタルツイン活用からはじめるフロントローディングプロセスの手引き(セミナー)

開催日時 2024/8/21(水)10:00~16:00
担当講師

鈴木 崇司 氏

開催場所

Zoomによるオンライン受講

定員 オンライン受講は定員なし
受講費 39,600円(税込)

製品設計業務を主とする事業部においてDX/デジタルツインをつなぎ活用し

フロントローディング型の設計・開発を実現することこそが真のDX推進です!

 

 

無理のないデジタルツイン活用からはじめる

フロントローディングプロセスの手引き

 

《スモールスタートによる開発品質/費用の迅速な改善とこれまでの開発文化の両立》

 


 

講座概要

昨今DXの推進を進めている企業は沢山あります。また新たな言葉としてデジタルツイン/メタバースと言う言葉も目に入るようになりました。その中で製品設計業務を主とする会社/事業部において、単にCAD導入することで満足してはいないでしょうか?本当のDX推進とはそこにあらず、ありとあらゆるものづくりに影響するDX/デジタルツインをつなぎ、活用しフロントローディング型の設計・開発を実現することこそが真のDX推進だと確信しています。

 

フロントローディング型の一番の恩恵は、仕様を修正する労力をポジティブな状態で活用できることです。開発の下流で不都合が発覚したときになんとか設計変更することに労力つぎ込むのではなく、ものづくりをスタートする前にいかに設計品質を作り込むか!これがフロントローディング型の醍醐味だからです。

 

本セミナーにおいては、大規模なデジタルツインではなく、導入しやすい部分から最大限の効果を求めたプロセス改善をスモールスタートとして提案させて頂きます。また開発事例なども取り上げ、わかりやすく説明することで、皆さんのプロジェクト運営にお役立て頂ければ幸いです。

 

担当講師

鈴木 崇司 氏 (神上コーポレーション株式会社 代表取締役)

 

 

主な受講対象者

  • プロセス改善を目指したい経営者層、プロジェクトマネージャー
  • 効率的な開発プロセスに興味のある若手技術者

 

期待される効果

  • デジタルツインやフロントローディングの思想をうまく活用した効率的な開発/設計の実施推進、コストダウン/プロセス改善

 

セミナープログラム(予定)

Ⅰ・フロントローディング設計・開発とは?そして開発における設計の役割

1. フロントローディング/デジタルツインとは
2. 機構設計とは
(1) 図面
(2) 3D-CADデータ
(3) 業務における図面とCADデータの活用
(4) 構造検討
3. 開発における位置づけ、他部署との連携
(1) 主な業務内容とそのポイント、心構え
(2) 他の設計部署との連携
(3) 企画部との連携
(4) デザイン部との連携
(5) 製造部との連携
(6) 品質保証部との連携
(7) メーカー/サプライチェーンとの連携:部品
4. フロントローディング型設計・開発に必要なもの
(1) プロセス
(2) 環境
(3) 人
5. ものづくりにおけるデジタルツインの位置付け
(1) 大規模なデジタルツイン/身近なデジタルツイン
(2) Industry4.0(5.0)、Siciety5.0の中におけるフロントローディング/メタバース/デジタルツイン

 

 

Ⅱ・フロントローディング型設計におけるシミュレーション(CAE)の活用

1. フロントローディング設計開発とは
(1) 開発プロセスの比較
(2) メリットとデメリット
(3) 心構え
2. CAEとは
(1) 設計への活用と専門チームの必要性/弊害
(2) ものを作らないモノ作り
3. ノウハウと基礎実験
(1) 材料、構造変更
(2) 単純基礎データの積み上げ
(3) 試作評価とCAEの差分
4. 低コスト&超最短開発への準備
5. スモール開発に向けて
6. 大事なことはリアルとヴァーチャルの融合

 

 

Ⅲ・新規開発事例そしてDXへ

1. 機器開発のプロセス例:携帯/スマートフォンより
2. 規格化からの設計:防水携帯/スマートフォン
(1) 部品メーカーとの連携例:筐体
(2) 部品メーカーとの連携例:ネジ
(3) 部品メーカーとの連携例:両面テープ
(4) 部品メーカーとの連携例:通気膜
3. 一元データからのプロセス、そのためのDX
(1) その必要性
(2) 他部署との連携
(3) ミスの低減へ

 

 

Ⅳ・トラブル原因とその解決手法
1. ミスとは
(1) 時間短縮から
(2) コミュニケーション不足
(3) ケアレスミスそして作業ミス
2. コピペのメリット/デメリット
3. 解決手法
(1) ミス撲滅の手法:FMEA(なぜなぜシート、虎の巻、Checkリスト、クロスチェック)
(2) 数値化、可視化による気付き
(3) 究極的には作業をしないこと/させないこと そのために!
(4) 各プロセスにおける解決手法実践例

 

 

Ⅴ・ 設計者としてあるべき姿とは

1. 5ゲン主義:現場、現象(現実)、現物、原理、原則

2. ホウレンソウ(カクレンボウ)

3. PDCAサイクル?OODAループ?

4. プロジェクトを進めるためのツールとマネージメント

5. 忘れてはいけない飽くなき探究心

 

Ⅵ・まとめ/スモールスタートの提案

 

標準実施時間 5時間+休憩1時間

 

 

公開セミナーの次回開催予定

  • 開催日時:2024/8/21(水)10:00~16:00
  • 開催場所:Zoomによるオンライン受講
  • 受講料 :39,600円/1名(税込)

 

 ※開催1週間前までに最少開催人数に達しない場合は、実施をキャンセルさせていただくことがあります。

 ※開催の場合は、開催1週間前程度から受講票と請求書を発送させていただきます。

 ※鈴木崇司講師による出張セミナーをご検討の方は、お問い合わせください。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

製造業eラーニングTech e-L講座リスト

製造業向けeラーニングライブラリ

アイアール技術者教育研究所の講師紹介

製造業の新入社員教育サービス

技術者育成プログラム策定の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育

技術の超キホン

機械設計マスターへの道

生産技術のツボ

早わかり電気回路・電子回路

品質保証塾

機械製図道場

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売