電磁界解析の基礎から解析手法の選択とポイント【提携セミナー】

電磁界解析セミナー

電磁界解析の基礎から解析手法の選択とポイント【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/5/25(水)10:30~16:30
担当講師

宇野 亨 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 非会員: 55,000円 (税込)
会員: 44,000円(税込)

★ある程度経験がある技術者でも陥りやすい誤りとは・・

 代表的な電磁解析手法の内容から解析手法の選択基準と留意点まで解説。

 

電磁界解析の基礎から解析手法の選択とポイント

 

≪数値電磁解析法の原理と特徴、高周波近似法と低周波近似法≫

 

 

【提携セミナー】

主催:株式会社R&D支援センター

 


 

現在では電磁界解析の市販のシミュレータが広く普及し,アイディアの具現化や製品化に少なからず貢献している.使い方を間違えなければ強力なツールとなることは間違いないが,計算機以内では単に四則演算をしているにすぎないから,適用範囲を超えた計算をしていれば物理的にあり得ない答えや矛盾する結果を出す可能性がなくはない.シミュレータが出した結果を正しく判断するのは結局ユーザであるが,それができていないと思われる例も散見される.
本講座はこれらを払拭することを目的に開催するもので,特に初心者でも「食わず嫌い」にならないように,電磁界解析法の基礎や方法を簡単に説明すると共に,ある程度経験がある技術者でも陥りやすい誤りなどを紹介しながら,どのような解析法を選ぶべきであるからのポイントを解説する.

 

◆習得できる知識

  • 代表的な電磁解析手法の内容と特徴および適用範囲,関連技術などを知ることができ,解析手法の選択法とそのポイントを把握できる.

 

◆受講対象・レベル

大学院生,若手研究者・技術者

 

◆必要な予備知識

学部レベルの電磁気学及び電気回路の知識

 

担当講師

東京農工大学 大学院工学研究院 名誉教授 工学博士 宇野 亨 氏

 

【ご専門】電磁波工学

【ご経歴】
電子情報通信学会・アンテナ・伝播研究専門委員長,和文及び英文編集委員,IEEE AP-S Japan Chapter Chair, APWL編集委員,日本学術会議・URSI-B小委員会委員長,などを歴任,2016-ISAP実行委員長,(独)日本学術振興会・第187委員会(メタマテリアル)委員,(一社)高度情報科学研究機構・アプリケーションソフトウェア利用環境整備アドバイザリWG委員,など

 

セミナープログラム(予定)

1.  電磁界解析の基礎
1.1 アニメで見る電磁界
1.2 主な電磁界解析手法
1.3 解析的に解ける問題と解けない問題
1.4 数値解析と計算機小史
1.5 補足:測定・モデル化など
1.6 参考文献

 

2.主な数値電磁解析法の原理と特徴
2.1 モーメント法
2.1.1 散乱問題とアンテナ問題
2.1.2 基本的な考え方と計算手順
2.1.3 基底関数と重み関数の選び方
2.1.3 解析例と計算上の注意
2.1.4 関連手法と文献
2.1.5 ポイントと課題
2.1.6 関連手法
2.1.7 参考文献
2.2 有限要素法
2.2.1 基本的な考え方(汎関数と最小値問題)
2.2.2 波動方程式の重み付き残作法
2.2.3 基底関数と要素
2.3.4 開放問題の取り扱い
2.2.5 解析例と計算上の注意
2.2.6 関連手法
2.2.7 参考文献
2.3 FDTD法
2.3.1 基本的な考え方
2.3.2 Yeeアルゴリズムと注意事項
2.3.3 吸収境界(PML)
2.3.4 散乱問題とアンテナ問題および解析例
2.3.5 遠方界の計算
2.3.6 高精度化の試み
2.3.7 特殊媒質
2.3.8 電気回路との結合
2.3.9 メタマテリアル
2.3.10 関連手法
2.3.11 参考文献

 

3. 高周波近似法と低周波近似法
3.1 高周波近似
3.1.1 幾何光学的回折理論
3.1.2 物理光学近似法
3.2.3 応用例と物理的解釈
3.2 低周波近似法
3.2.1 ボルン近似
3.2.2 回路近似

 

4. 解析手法の選択法とポイント
4.1 選択基準と留意点
4.1.1 原理的な観点から
4.1.2 計算資源の観点から
4.1.3 得て・不得手の観点から
4.1.4 自作あるいはOSSの観点から
4.1.5 偏微分方程式の観点から
4.1.6 合う・合わないの観点から
4.2 その他の選択基準
4.3 組み合わせ解析の例
4.3.1 MOMとGO
4.3.2 MOMと回路網近似
4.3.3 FDTDと熱
4.3.4 FDTDと回路
4.4 シミュレータについて
4.5 OSSについて

 

【質疑応答】

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年05月25日(水) 10:30~16:30

 

開催場所

【WEB限定セミナー】※会社やご自宅でご受講下さい。

 

受講料

非会員: 55,000円 (本体価格:50,000円)
会員: 44,000円 (本体価格:40,000円)

 

会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から

  • 1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
  • 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

 

LIVE配信のご案内

こちらをご参照ください

 

 

備考

  • 資料付(PDFデータでの配布)
    ※紙媒体での配布はございません。
    ※無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売