CSV/ERES/データインテグリティの基礎 ・査察指摘事例から学ぶスプレッドシートの効率的なバリデーションと運用管理 【提携セミナー】

データインテグリティ対応_CSV規定

CSV/ERES/データインテグリティの基礎 ・査察指摘事例から学ぶスプレッドシートの効率的なバリデーションと運用管理 【提携セミナー】

このセミナーは終了しました。次回の開催は未定です。

開催日時 2022/2/25(金)10:30-16:30
担当講師

望月清 氏

開催場所

Zoomによるオンラインセミナー

定員 -
受講費 【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:47,300円
【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:52,800円

☆特典として配布する、規程とバリデーション文書のひな形は

自由にカスタマイズしてすぐにお使いいただけます!

 

CSV/ERES/データインテグリティの基礎 ・査察指摘事例から学ぶ

スプレッドシートの効率的なバリデーションと運用管理

《すぐ使える規程とバリデーション文書のひな形(チェックボックス式)つき》

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

スプレッドシートは
・生データの記録に使用しているとデータインテグリティ不適合との指摘を受けることがある
・年次品質レビューに使用するスプレッドシートも査察対象となる
・QAにおけるスプレッドシートも査察対象となる
・バリデーションやセル保護が不十分であると査察指摘を受ける
・再バリデーションの正当性を説明できないと査察指摘を受ける

 

改正GMP省令が8月1日施行となり
・データインテグリティが求められた
・バリデーション指針が新たに規定され、再バリデーションが求められた
・品質照査の手順化が求められた
・QA組織の設置が求められた

一方、スプレッドシートのバリデーションについて以下の様な話しを良く耳にする。
・再バリデーションの頻度や合理的な実施方法を知りたい
・システムや装置と同様のCSVでないと査察指摘を受けるのか
・ソフトウェアカテゴリをどのように分類してバリデートするのか
・バリデーション方法が査察指摘を受けないか心配
・当局査察においてどのようなことが指摘されるのか
・自社のバリデーションはオーバークオリティかもしれない
・スプレッドシートの数が多くバリデーションに多大な工数を要している
・大量のスプレッドシートを効率的にバリデートする方法を知りたい
・ひとつずつ開発するのでカテゴリ5のCSVが求められるのか
・URSの書き方を知りたい
・FSやDSに何を書けばよいか判らない
・結果シートは電子ファイルで保管しないと指摘されるのか
・結果シートを電子保管する場合の留意事項を知りたい
・OSを更新した場合、どのように再バリデーションすればよいのか

 

◆ 講座の主旨
本講座では皆さまがお困りの上記のような点を含め
・スプレッドシートの効率的なバリデーション実務を
・CSVの基礎から初心者にも判りやすく解説する
また、データインテグリティ指摘を受けやすいスプレッドシートについても解説する。

 

効率的なバリデーション実務を、以下の実務文書により具体的に説明する。
・『バリデーション規定』(バリデーションマスタープラン)
・『バリデーション文書のひな形』(チェックボックス式)
チェックボックス式の『バリデーション文書ひな形』により確実で合理的なバリデーション実務を定型化できるのが本講座の特徴である。

規定と文書ひな形はワードファイルにてご提供するので、自由にカスタマイズしてすぐにご使用いただける。

 

◆ 主な受講対象者
以下の様な部門において、スプレッドシートのバリデーションをゼロベースで習得する必要のある方、あるいはスプレッドシートの課題をお持ちの方を対象としている。
・QC QA 薬事監査(社内監査、委託先監査)
・CMC 製剤研究 分析研究 非臨床研究 CRO
・製造 製造技術 エンジニアリング IT
・システム供給者、装置供給者、機器供給者
・システムハウス、エンジニアリング会社、ゼネコン
CSVの基礎から説明するので、CSVに馴染みの無かった方にも十分に理解していただける。

 

■付録CD
Part 11、Annex 11、CSV、データインテグリティなどに係わる法令、ガイダンス、邦訳、解説、バリデーション計画書サンプルなど200ファイル余を収載

 

■ご参考サイト
WEB連載「ラボにおけるERESとCSV」
http://www.gmp-platform.com/topics_detail2/id=58
データインテグリティ広場
http://www.it-asso.com/gxp/dataintegrity.html
データーインテグリティ実務対応 (ケミカルタイムス 2020年No.1)
https://www.kanto.co.jp/dcms_media/other/CT_255_03.pdf

 

担当講師

合同会社 エクスプロ・アソシエイツ 代表 望月清 氏

 

セミナープログラム(予定)

1.はじめに
・GMP省令の改正
・バリデーション指針など

 

2.ERESの基礎(電子記録・電子署名)
・規制要件の概要

 

3.CSVの基礎
・関連規制、ガイドラインの概要
・CSV活動の流れ

 

4.データインテグリティの基礎
・データインテグリティとは
・重要用語

 

5.FDA査察におけるデータインテグリティ指摘
・過去の指摘事例
・指摘されやすいところ

 

6.FDA査察におけるスプレッドシート指摘
・過去の指摘事例
・指摘されやすいところ

 

7.スプレッドシート要件
・FDA査察指摘から見た要件
・PIC/Sガイダンスにおける要件

 

8.スプレッドシートのバリデーション
・CSVが必要なスプレッドシート
・テンプレートの開発・検証・運用
・テンプレートのタイプ分け
・タイプごとの合理的なCSV方法

 

9.スプレッドシートバリデーション規定
(バリデーションマスタープラン:VMP)
・目的
・適用範囲
・役割と責任
・スプレッドシートテンプレートの管理
・スプレッドシートのカテゴリ分類
・バリデーションアプローチ
・バリデーション活動
*計画フェーズ
*開発フェーズ
*検証フェーズ
*報告フェーズ
・再バリデーション
・変更時のバリデーション

 

10.スプレッドシートバリデーション文書ひな形
・チェックボックス式の文書ひな形
*バリデーション計画書
*ユーザー要求仕様書(URS)
*機能仕様書(FS)
*設計仕様書(DS)
*デザインレビュー報告書
*バリデーション報告書
・事例によるひな形使用方法の説明

 

11.スプレッドシートテンプレートの運用管理
・テンプレートの管理
・結果シートのレビュー
・結果シートの保管(紙、電子)
・最新版テンプレートの使用徹底
・エクセル演算誤差の注意

 

12.質疑応答

 

■質疑応答
スプレッドシートに限らず、CSV、ERES対応、データインテグリティ対応など日常の業務において困っていることや疑問などにもお答えします。事前質問は大歓迎ですが、準備の都合上、可能であれば2週間前までにご提出いただけるとたすかります。

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

2022年2月25日(金) 10:30-16:30

 

開催場所

【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】

47,300円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、36,300円

 

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】

52,800円(税込、資料付) *1社2名以上同時申込の場合、41,800円

 

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引

 

配布資料

配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
お申込みは4営業日前までを推奨します。
それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。

 

備考

当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

ご受講前に必ず本ページ内の「ライブ配信」の詳細を確認下さい。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

★【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】、【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】のいずれかから、ご希望される受講形態をメッセージ欄に明記してください。

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売