カーボンニュートラル循環型酪農システム【提携セミナー】

カーボンニュートラル循環型酪農システムセミナー

カーボンニュートラル循環型酪農システム【提携セミナー】

開催日時 未定
担当講師

大久保 敬 氏

開催場所 未定
定員 -
受講費 未定
〇カーボンニュートラルなエネルギーとして注目!!
〇メタンガスから液体燃料であるメタノール・ギ酸を常温・常圧で製造する技術を紹介!!

 

カーボンニュートラル循環型酪農システム

 

≪バイオメタンガスの新しい活用法の開発≫

 

【提携セミナー】

主催:株式会社情報機構

 


 

 

牛のふん尿から発生するバイオガスにはメタンガスが多く含まれていることから、カーボンニュートラルなエネルギーとして注目を集めている。本ウェビナーでは、メタンガスから液体燃料であるメタノール・ギ酸を常温・常圧で製造する技術を紹介し、循環型酪農システムとして社会実装を目指す取り組みについて紹介する。

 

◆受講後、習得できること

  • 酪農におけるSDGsへの貢献。
  • 畜産などで大量に得られるバイオガスの新しい利用法。
  • カーボンニュートラルな循環型社会構築に向けた取り組み。
  • 超高難度化学反応として知られていたメタンと空気からメタノールを常温常圧で合成する方法。

 

◆受講対象者

  • バイオマスの活用方法に興味のある方
  • 酪農関係者、バイオマス関係者
  • 企業、研究所の経営担当者、開発関係担当者。金融、投資、経営、社会に関わる専門家。出版、 マスメディア関係者。カーボンニュートラル、エネルギー、未来社会に関心を持つ大学生、大学院生など
  • 本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

 

◆必要な予備知識など

  •  この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ない。

 

◆キーワード

SDGs, COP26, カーボンニュートラル、地球温暖化ガス、酪農畜産、バイオマス、エネルギー、循環型社会、光化学

 

 

担当講師

大阪大学 高等共創研究院・先導的学際研究機構 教授 大久保 敬 氏

 

セミナープログラム(予定)

1 自己紹介

 

2 カーボンニュートラル政策について
2.1 SDGsについて
2.2 Society 5.0について
2.3 二酸化炭素ガスの削減
2.4 メタンガスの削減

 

3 メタンからメタノール・ギ酸を製造
3.1 メタノール合成の現在の状況と問題点
3.2 ギ酸合成の現在の状況と問題点
3.3 メタン酸化についての最新の研究動向
3.4 メタン酸化反応の新しいアイデア
3.5 二酸化塩素を用いたメタンの常温・常圧酸化
3.6 メタン酸化反応の社会的インパクト

 

4 バイオガスからエネルギー製造
4,1 バイオガスの現在の利用法と問題点
4.2 北海道における取り組み
4,3 バイオガスプラント
4.4 バイオガスからメタノール・ギ酸を製造
4.5 カーボンニュートラル循環型酪農システム
4.6 バイオガス利用の経済効果

 

5 バイオガス・バイオマス利用の将来展望
5.1 バイオガスの可能性
5.2 バイオマスの可能性

 

6 総括

 

公開セミナーの次回開催予定

開催日

未定

 

開催場所

未定

 

受講料

未定

 

オンライン配信のご案内

★ Zoomによるオンライン配信

については、こちらをご参照ください

 

備考

●配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
(開催1週前~前日までには送付致します)。
*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
(土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

●当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
(全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
●本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり
無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

 

お申し込み方法

★下のセミナー参加申込ボタンより、必要事項をご記入の上お申し込みください。

 

 

おすすめのセミナー情報

技術セミナー検索


製造業向け技術者教育Eラーニングの講座一覧

 

技術系新入社員研修・新入社員教育サポート

 

在宅勤務対応型のオンライン研修

 

技術者教育の無料相談受付中

スモールステップ・スパイラル型の技術者教育プログラム

資料ダウンロード

講師紹介

技術の超キホン

そうだったのか技術者用語

機械設計マスター

技術者べからず集

工場運営A to Z

生産技術のツボ

技術者のための法律講座

機械製図道場

製造業関連 展示会・イベント情報

公式Facebookページ

スぺシャルコンテンツ
Special Contents

導入・活用事例

テキスト/教材の制作・販売